歳のとり方

先日、同期の同僚が、若手としゃべっていた時に、こんな話になったと言って教えてくれました。
若手君曰く「私も、カーマ君のような歳のとり方をしたい」ですって。

 

同僚は、「オレじゃないのか!」と突っ込んだら「イヤちょっと・・・」と言われたとぼやいてたんですが、ワタシも、複雑な心境でした。
いや、これは当然褒め言葉ととらなきゃいけないんでしょうし、ワタシのどこを見てそんなふうに言ってるのかわかりませんが、こう言われるのはきっと光栄なコトなんでしょうが・・・。

 

「歳をとってる」ってのが前提ですよね、コレ。
つまり、ワタシ、年寄りに見られてるってコトですよね、コレ(・)。

 

(苦笑)と付けたらいいのか、(爆)と付けるべきか、はたまた(怒)と付けるべきなのか、(涙)が合ってる気もするし・・・。

 

一体ワタシは、どんな歳のとり方をしてるんでしょうか?
自分じゃよくわからないんですが、ことさら若作りしたり、背伸びしたりするのも苦手なので、歳相応がいいな、とは思っています。
ただ、気持ちは若くありたいですが・・・体がついてきません(ここは「苦笑」)。

 

所ジョージとか見てると、「あんなオッサン、いいよなあ」とは思います。
あの人の場合、お気楽で好きなコトをやってるのが仕事みたいなもんですから、本人は大変なのかもしれませんが。

 

年齢的には充分オッサンになっちゃってますが、そろそろ自分なりにどんなオッサンになりたいかを考えてみたいです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:58 PM  Comments (0)