RUSH 1

ホントは、先週観に行くつもりだったんですが、雪のせいで一週間遅れて、「RUSH」観てきました。
昨日(土曜)の午後という、ワタシのようなサラリーマンでも観に行きやすいタイミングだったので、さぞかし混んでるだろうと思ったら、10人くらいでした。
大丈夫なんだろうか? 映画業界。

 

それはともかく、「RUSH」です。
このブログを読んでくださっている方だと、もう観た、もしくは観に行くという方も多いと思われますので、あまり詳しいコトは書けませんが、とにかく面白い映画でした。

 

舞台は76年のF1グランプリです。
ワタシがF1なんてものを知ったのが、77年で、77年のF1と言ったら、ワタシのバイブルである「赤いペガサス」も77年でしたので、直接は知らなかったワケです。
ま、76年だと11歳の坊主でしたから、ラウダとハントの確執なんて全然知りませんでしたし、ラウダは初めから火傷した人という存在でした。
ドラマとしても、充分楽しめる内容で、どこまで事実で、どこからフィクションかはわからないんですが、入場料とポップコーン代は惜しくないレベルの映画だったことは間違いありません。

 

ただ、それにも増して感動的だったのが、76年当時のF1マシンが走り回っている光景です。
ワタシ、ブログを始めた頃に書いたコトがありますが、もっともカッコいいF1は、フェラーリ312T2だと思っています。
76年は、その312T2が登場した年で、映画でも、大活躍します。
これが見られただけでも充分満足です。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:06 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">