RUSH 2

312T2だけでなく、他にもロータス77や、タイレルの6輪車とかが画面狭しと走り回ります。
(字幕は戸田奈津子氏ではなかったんですが、ちゃんと「タイレル」となっていて、妙に嬉しかったです。)
14年のF1が、レギュレーションのせいで異常にカッコ悪くなったのはともかく、ここ数年のF1って、カラーリング以外は各マシンがとってもよく似ていて、あまり個性が感じられないスタイルですが、あの頃は、ホント個性的でしたね。
6輪車って発想がぶっ飛んでますが、それを実際にグランプリに参戦させちゃうって、今じゃ考えられませんね。

 

映画に出てきたマシンたちは、実車なのか、改造車なのか、CGなのかわかりませんが、76年のグランプリを実際に見ているみたいで、楽しめます。
実際にスタッフは、相当研究して当時の仕様を再現しているそうですが、ワタシくらいの知識量なら、充分感動できます。

 

マシンだけでなく、登場人物の名前も、「ああ、知ってる知ってる」と、心の中で拍手してます。

 

ストーリーの要である76年のレース結果は事実なのかな。
メチャメチャドラマチックな展開だったんですね。
当時のF1の知識はギリギリのものしか持ち合わせていないワタシでも、翌77年のカーナンバーで結末はわかっていたんですが、それでもドキドキしながら観られました。

 

当時のF1を知ってる人も知らない人も、クルマ好きであってもなくても、オススメできる映画でした。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 8:05 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

3件のコメント »
  1. RUSH、よかったですね。
    「赤いペガサス」世代には印象深い77年、その前年が舞台ですから、登場人物もマシンもしっかり記憶しています。タイムスリップしたような感動でした。
    それにしても当時は、ホントにマシンもドライバーも個性的でした。ウイングカー・ロータス78が登場するのは翌年のこと、各チームはいろんなアイディアを凝らしていました。現在では空力デザインが行き着いてしまったため、どれも似たようなマシンになってしまいましたね。
    ちなみに、最も美しいF1はロータス79です(^o^)

    コメント by まるし — 2014年2月17日 10:19 PM
  2. RUSH、良かったですね。
    「赤いペガサス」世代には印象深い77年、その前年が舞台ですから、当時にタイムスリップしたような感動でした。
    それにしても当時はマシンもドライバーも個性的でしたね。ウィングカーたるロータス78が登場する前ですから、マシンの空力デザインに各チームは工夫を凝らし、ドライバーは自分のスタイルを押し出して速さを競いました。空力を極めた現代のF1マシンはどれも似たようなフォルムになり、ドライバーは勝つための戦略をこなすだけです。
    ちなみに、最も美しいF1マシンはロータス79です(^o^)

    コメント by まるし — 2014年2月18日 12:04 AM
  3. すみません、まるしさんのコメントが、はじめスパムに振り分けられていたようで、二重になってしまいました。
    お手数かけました。
     
    RUSH、良かったですよね。
     

    さて、「最も美しいF1マシンはロータス79」というご意見、異論ありません。
    そんなわけで、最も美しいのがロータス79、最もカッコいいのが312T2、でどうでしょう?

    コメント by カーマくん — 2014年2月18日 7:05 PM
コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">