vs.BMW i3 3

トランクが思いの外小さかったんで、もしかしたらフロントにもボンネット下に大きなトランクがあるかと思って空けてみたら、充電用のソケットが転がってる小さなスペースがあるだけでした。

 

運転席に移ります。
目の前には、タブレットのような計器パネルがあって、たぶん、マルチファンクションになっているんだと思いますが、普段はスピードメーターです。
ダッシュボード上の真ん中の位置に映画館のスクリーンくらいの縦横比のナビがついています。

 

特徴的なのは、ステアリングコラムの右上から斜めに生えたシフトレバーで、ツマミをいじってドライブだのリバースだのを切り換えます。
これはちょっと新鮮な感じでした。

 

が、全体的に作りがメチャメチャ安っぽい。
安っっすいプラスティックのオンパレードという感じです。
特に、ドアを閉める時に引っ張る部分のプラスティックの安っぽさは、毎日必ず触る所だけにもう少し何とかして欲しかったトコロです。
カタログに「インテリアには、リサイクル可能な再生材からつくられた素材やパーツを随所に採用」なんて文言がありますが、そのせいだとしたら、随分残念な話です。
いくらEVが高いと言っても、少なくとも499万円のクルマの内装って感じじゃありません・・・って、エリーゼ乗りに言われたくないでしょうが。

 

そんなわけで、試乗待ちの展示車に触れた印象は、決していいものではありませんでした。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:27 PM  Comments (0)