エステート紹介

ここらで、カーマ家の新しい大黒柱となったメガーヌⅢエステートについて、ポイントだけ紹介しておきます。

 

メガーヌⅢのHBと基本は同じですが、ホイールベースを60mm、全長は240mm伸ばしたステーションワゴンです。
ただ、実用性よりはスタイルや走りを優先したモデルで、比べてませんが、きっとゴルフワゴンなんかと比べたら、積載量なんかは負けるんだろうな。
でも、スタイルなんかは「美しい」と呼べます。

 

最近流行りのダウンサイジングターボではなく、日産製の2.0Lの4気筒エンジンを積んで、CVTで駆動するという、最新技術でありながらなんだか流行に乗っていない、「隠れた銘店」みたいなクルマです。
ルノー的にはエンジン型式は「M4R」ですが、日産的には「MR20DE」となります。
シリンダーブロックやヘッドはアルミです。
エクストレイルやセレナ、デュアリス、ラフェスタなんかにも搭載されています。

 

全長4,565mm、全幅1,810 mm、全高1,490mm、ホイールベースは2,700mm。
全高の30mm分は、ルーフレールの分です。
車重は1,380kgですから、大きさの割に軽く仕上がってます。
ちなみにジュリエッタは1,400kg、V40は1,430kgですから、上出来。

 

兄弟のGT220は、2.0Lのターボで220馬力ですが、こちらはR.S.の血を引くルノー製のエンジンですから、異母兄弟のようなものですが、GTラインの方にもR.S.の技術は活かされているようで、方々にルノースポールのロゴが入っています。

 

ワゴンだけあって、荷室の広さは相当なものです。
ハッチドアは重いんですが、ダンパーのおかげで、ヨメさんの細腕で持ち上がらない、というようなコトはありません。
以前試乗した時よりは軽い印象です。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: メガーヌⅢエステート — カーマくん 5:48 PM  Comments (0)