夏の行楽 2

遊園地のプールなんて、何年振り(下手すりゃ何十年振り?)だかわかりませんが、鈴鹿サーキットのプールの場合、基本的に子供連れが多いので、みなさん大人し目の水着です。
いや、ある意味、過激と言えなくもないかな。
と言うのは、地味な水着ならまだわかるんですが、「イスラム系の方ですか?」と聞きたくなってしまうくらいの、フードをかぶって、長袖、長ズボン(?)の女性がけっこう多いんです。
まあ、最近は日焼けの危険性なんかも取り沙汰されていますから、日焼けを防ぐのもわかるんですが(現にワタシもSPF50なんて日焼け止めをガッツリ塗りたくってますから)、それにしても、そんなにお肌を露出したくないんだったら、何もプールにいなくても、と思えるくらい、普段より着込んでプールに浸かっている(漬かっている)お母さんたちの様子が、ちょっぴり興ざめのような、興味深いような、不思議な感じでした。

 

昼過ぎは、プールを引き揚げて、遊園地で遊んでいたんですが、空いているからと、後ろ向きのジェットコースターに乗ったのは間違いでした。
前向きなら、多少過激なコースでも身構えられますが、後ろ向きだと、不意に首を左右に持っていかれるので、軽くムチ打ちになりました(汗)。

 

サーキット近くのビジネスホテルは、きっと、大きなレースの時なんかに泊まる人が多いんでしょうね。
ロビーにはレースやバイク関係の雑誌が多く、「バリバリ伝説」だの「F」だのの単行本が隅に並んでいたりしました。
ついつい「バリ伝」の9〜10巻(4耐のところ)を読み返しちゃいました。
ああ、懐かしい。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 8:00 PM  Comments (0)