標本 2

ダ○ソーに出かけて買ってきたものは、以下の通りです。
・小さい鍋
・マチ針セット

 

・小さいタッパ的なケース
・レジンたくさん

 

ネットで調べた方法によれば、60度くらいのお湯にしばらく浸けておいて、関節を軟化させるようです。
ここで小さい鍋が活躍します。
ヨメさんが調理に使う鍋なんか使おうものなら、この先一生口をきいてもらえません。
非接触温度計で測りながら、60度くらいに熱したお湯に小一時間浸けます。

 

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:26 PM  Comments (0)

標本 1

この夏、カーマ子と狩りまくったカブトムシやクワガタムシも、秋になってほぼお亡くなりになりました。
まだ一部、メスの方々が残っていますが。

 

7月初旬(だったかな?)に獲れた、大きなノコギリクワガタ=特大クン(命名;カーマ子)も、よく頑張ってくれましたが、とうとうお亡くなりになりました。

 

訃報を受けたカーマ子は、その時の急な思いつきか、前から考えていたのか、「標本にして取っておきたい」なんてコトを言い出しました。

 

う〜ん、昆虫標本かぁ。
かれこれ40年くらい昔に作ったなぁ。

 

ただ、展翅板もありませんし、そもそも、防腐剤とか、硬化剤とか、いろんな薬品も、何を揃えればいいか、ちょっとピンときません。
時代も変わってますし。

 

そんなわけで、ちょっと調べてみたら、レジンを使って樹脂標本を作るなんて方法があるコトを知りました。
1匹だけの標本ですし、ちょっと面白そうなので、やってみることにしました。

 

レジンは結構高いはずですが、今は100均でも手に入るらしいので、100均グッズで、レジン標本に挑戦です。

 

もちろんカーマ子には、失敗しても泣くな怒るなと、よくよく念を押しておきます。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:42 PM  Comments (0)

メガエスのクラクション 2

ところが、コトはそう簡単には運びませんでした。
ボルトを外して、黒いカバーを外そうとしたら、フロントの赤い部分とくっついています。

 

 

きっと赤い部分と切り離す方法はあるんでしょうが、その方法がわかりません。
無理して、赤い部分=メガーヌの顔が割れてしまっては、かなり切ないコトになります。
赤い部分は、バンパー全体とつながっているので、無理は禁物です。
その上、黒い部分を持ち上げた隙間から覗いてみたら、どうもホーンのあるトコロとはつながっていない感じです。

 

 

仕方なしに、一時撤退です。

 

次また、時間のあるところで、今度は正面突破を試してみましょう。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: メガーヌⅢエステート — カーマくん 6:59 PM  Comments (0)

メガエスのクラクション 1

前のメガーヌや206ほどではありませんが、メガエスもクラクションの音はかなりショボい感じです。
メガⅡや206が「ぺー」という感じなのに対して、メガエス(メガⅢ)は「べー」というか「ビー」というか、そんな感じ。
恥ずかしいほど酷い音でもありませんが、やっぱりちょっと不満です。

 

これはやはり交換してしまおうと思って、下調べでホーンの位置や、ホーンへのアクセスを確認してみました。

 

まず、ホーン自体は、グリルの上端、左側にひっそりとシングルであります。

 

 

正面から行くか、上から行くか、下から行くかのどれかでしょうが、できれば上から行くのが楽そうです。

 

ボンネットを開くと、前端に黒いカバーがあります。

 

 

6ヵ所のボルトを外せば、割と楽にアクセスできそうです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: メガーヌⅢエステート — カーマくん 6:17 PM  Comments (0)

検索キーワード 93

「ベンツ/背もたれ/邪魔」・・・これはちょっと意味がよく分かりませんね。
ベンツで背もたれが邪魔というのは、通常ではちょっと状況がつかめません。
エリのように背もたれが倒れないクルマだと、ナニかしようとした時に不便ですが、以下自粛。
ベンツのような完璧と思われるクルマでも、何かしら欠点があるということでしょうか?

 

「エリーゼ/ロータリーエンジン換装」・・・こういう想像は、誰しもしますね。
軽量が売り物のエリーゼに、軽量が売り物のロータリーエンジンを載せたらどうなるか?
きっと、超絶軽快なクルマになるんでしょう。
ワタシ自身は、ロータリーのフィールがあまり好きではないので、ロータリーを載せたいとは思ったコトがないんですが、STDの頃は、1.6でいいからV-TECを載せたいと思ったコトがあります。
エリ乗りの方の中には、実際にエリーゼにV-TECを載せた方もいらっしゃるようですが、VVTL-i(2ZZ)が載ったから、まあ、いいや。

 

「ae86/大した車じゃない」・・・いや、これはあくまで検索のワードであって、ワタシが言ったんじゃないですよ、と思って調べたら、ワタシがモロに言ってました(爆)。
そうです、もうこうなったら、ハッキリ言い切っちゃいます。
AE86は、エンジン以外はあり物の技術を寄せ集めたら偶然に近い形で奇跡的にできちゃった、「できちゃった名車」であって、決して大したクルマじゃありません。
そのエンジンだって、パワーはそこそこですがトルクが細くて、決して「名機」と呼べるエンジンじゃありません。
でも、AE86に搭載されたコトによって、「名機」に祭り上げられてるんですね。
だって、カローラFXに積まれただけなら、みんな、もてはやさないでしょ。
いくつもの偶然が重なってできた、ホントに名車でありながら迷車でもあるのが、AE86だと思っています。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 8:28 PM  Comments (0)

トランクの秘密 2

メガーヌのトランクは、今までのハッチバックに比べると随分広くて、小さい荷物を入れていると転がったりぶちまけてしまったりします。

 

今のところは、100均のフックを使って、レジ袋やエコバッグがひっくり返らないようにしていました。
まあ、これはこれで便利でした。
それから、前のメガーヌから引き取ってきたゴムネットを床に張って、必要に応じて動かないように固定したりもしています。

 

さて、昨日紹介した、謎のパーツですが、あれを1段階(45度)出した状態にして、トランクの床の最後部を立てると、カチッと2段階(90度)出て、床板が仕切りとなったんです。

 

 

プラスチック部の拡大はこんな感じです。

 

 

おお、もしかしたら日本車じゃ当たり前かも知れませんが、ちょっといい工夫です。
これはこれからかなり役立ちそうです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: メガーヌⅢエステート — カーマくん 7:39 PM  Comments (0)

トランクの秘密 1

メガーヌエステートのトランクには、横に妙なプラスチックのパーツがあります。

 

 

トランクの後ろ側30センチくらいの位置に、両側にあります。
これが、2段階でコクコクと出てくるんです。

 

 

これが1段階出した様です。
45度くらい出てきているでしょうか。
もう一段階出すと、90度くらい出て止まります。
なんか意味があるんだろうとは思っていたんですが、あまり深く考えてもいませんでした。

 

ところが、ある日ルノー屋さんに用事で行った時に、たまたま教えてもらいました。
そこには、へぇー、というような仕掛けがあったのでした。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: メガーヌⅢエステート — カーマくん 5:57 PM  Comments (0)

検索キーワード 92

「エリーゼ/趣味」、「エリーゼ/通勤」・・・たまたまなのか、同じ方なのか、エリーゼがらみで、立て続けに検索が入ってました。
エリーゼは、趣味車と通勤車の最高のバランスのクルマだと思います。
これ以上趣味性が高いと実用性に難が出てきます。
スーパーセヴンなんかはさすがに通勤には使えないでしょうし、フェラーリで通勤というのは、大人の事情でダメな方が多いんでしょう。
エリーゼでなら通勤も普通にこなせますし、趣味車としても文句ありません。

 

「エリーゼ/狭い」・・・これも、上の二つと同じ流れだったかなあ。
そりゃ、狭いですよ、4メートルに満たないミドシップですから。
でも、そう考えてみると、逆に立派な広さだと思うんですがね。

 

「エリーゼ/軽トラと同じくらい狭い」・・・なんてワードも出てきていました。
比べる対象が偏っていますが、まあ、当たらずと言えども遠からずと言ったところでしょうか。
でも、荷物をいっぱい積める軽トラに失礼かも(苦笑)。

 

「次期ロータスエリーゼ」・・・今回は、たまたまエリーゼネタ特集になってますが、次期エリーゼも気になります。
ちょうど次期ロードスター(ND)も発表されましたが、次のエリーゼは、どうなるんでしょうか?
まさか、あのパリショーで発表されたヤツではないでしょうが、あまり大きくならないで欲しいなあ。
ご時世的に、フェイズ1みたいなのは無理なんでしょうが、そこを新しいアイデアで乗り切ってくれないかなあ、ロータス。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:33 PM  Comments (0)

ガラス内側 2

ところが、最近、そういう紆余曲折を経た人向けなのか、こんなグッズを見つけました。

 

 

謳い文句としては、薬剤がゆっくり乾く間に、徐々に平滑化していくので、白い筋が出てこない、ということです。

 

個人的には、お湯タオルがベストと思いつつも、実験的な気持ちもあって、ついつい買っちゃいました。

まあ、ブログのネタにもなるし・・・。

 

さて、これで窓を拭くと、拭いたすぐの時は透明ではありますが、筋が残ります。

ところが、しばらくして見てみると、いつの間にか筋が消えています。

これは確かに、謳い文句通りです。

施工後、2週間ほど経ちますが、そろそろ出てきそうな白筋が出てきていません。

今のところ、この手のガラスクリーナーとしては、初めて満足いく性能です。

 

ただ、お湯タオルよりスゴイかというと、ま、同等レベルかな。

次、買うかどうかは、いつまでもつかの耐久性次第でしょうか。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: グッズ — カーマくん 6:59 PM  Comments (0)

ガラス内側 1

今はエアコンがあるからいいんですが、エアコンレスのSTDだった時に、一番困ったのは、夏の暑さよりもむしろ雨の日のフロントガラスの曇りでした。
ガラス面が汚れていると曇りやすいんですが、相当キレイにしていても、湿気には勝てません。
で、曇り止め効果のある「クリンビュー」的なグッズをずっと使っていました。
これはこれでそれなりの効果はあったんですが、四六時中施工していないといけませんでした。

 

曇り止め効果もそうなんですが、雨が降らなくても、しばらくすると、薬剤の成分のせいで、ギラギラしてきたり、筋が出てきたりするんです。
そんなわけで、長い時で月一、短い時は毎週、曇り止め効果のあるスプレーでガラス内側をシコシコ拭いていたんです。

 

111Rになって、こと「曇り」という点では困る事はなくなったんですが、それでも徐々に出てくるフロントガラスの内側の汚れは気になります。

 

フロントガラスの内側をキレイにするグッズは、それこそ星の数ほど売ってます。
スプレー式のクリーナーや、不織布に薬剤の染み込んだ「窓ふきシート」みたいなものも、随分試しましたが、やはり、施工して少しすると白っぽい筋が出てきてしまいます。
で、いろいろ試した結果、一番キレイになって、白筋も出てこないのは、普通のタオルをお湯で浸して固く絞ったものがベストだという結論に達しました。
これだと、脂っぽい汚れもキレイに落ちますし、薬剤のせいで白くなることもありません。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 5:36 PM  Comments (0)