vs.新型デミオ(ガソリン) 1

旧型のデミオが出た時には、あまりのカッコよさに卒倒しそうでしたが、もう7年も経って、フルチェンジが入ると聞いた時には、ちょっとショックでした。
昔、「206の真の後継」的なコトを書いた記憶があるんですが、206同様、デミオのスタイルも、いまだに古くならないですね。

 

そんなデミオの新型は、写真で見る限りはそんなに悪くないスタイルのようです。
一度実車を見ないと・・・乗ってみないといけません。

 

てなわけで、行ってきました、マツダ屋さん。
実車のデミオは、くすんだ薄紫っぽいメタリックの見慣れない色はともかく、なかなかいいスタイルです。
旧型(3代目)が206の後継とするなら、こちらはランチアの新型とでも言いますか、小さい割に、ちょっと高級感があります。
マツダがこだわっている「魂動」フェイスは、好みの分かれるトコロでしょうが、見慣れてきたのか、そんなにイヤじゃありません。
顔も含めて、ちょっと立派過ぎるかな、という印象は拭えませんが。
先代の持っていた「軽快感」はまるでありません。
数字的には、16センチほど長くなって、4mを超えてきています。
うん、そりゃデカイ。
3ナンバーに突入していないのは救いです。

 

リアシートは、そんなに広くはありませんが、窮屈なほどでもなく、ワタシでも遠出でなければ大丈夫でしょう。
後で運転席に座ったら、位置がピッタリだったので、その意味では上出来と言えるかもしれません。

 

トランクは、クルマのサイズなりです。
最近、メガエスのトランクを見慣れてしまっているので、小さく感じてしまいますが、そこそこ深さもあります。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:14 PM  Comments (0)