vs.新型プジョー308 4

アクティブクルーズコントロールも付いています。
40キロ以上で走行中に、前のクルマとの距離を、自動で調整してくれるみたいですが、これは試せませんでした。
まあ、こういうシステムは、高速道路で淡々と流す時用でしょうが、ワタシはあんまり使わないだろうな。

 

でも、サイドミラーの隅に、ブラインドスポットモニターのオレンジのランプが点きます。
死角が気になるメガエス乗りとしては、ちょっと羨ましい装備です。

 

それから、エマージェンシーブレーキサポートも付いています。
こういう装備は、我がメガエスにもぜひ欲しいです。
後付けで付かないかなあ。

 

アクティブセーフティーに関しては、ルノーより一歩進んでる感じです。

 

乗り心地は、しっとりと落ち着いています。
試乗車はシエロという一番上のグレードで、225/45R17という、どこかで聞いたコトがあるようなサイズのタイヤを履いていますが、それでも、当たりが柔らかく、ゴツゴツ感はほとんどありません。
16インチ版は、メガーヌと同じサイズになりますが、もう少し柔らかいのかな。
ワタシ自身、本当の「ネコ足」というものをほとんど経験していないのですが、308も「ネコ足」というほどではないでしょうが、今時のクルマにしては、ちょっと柔らかめです。

 

そんなわけで、ニュー308、中身はなかなかのものだと思います。
が、いかんせんスタイルが地味。
ウチがまだメガエスを買ってなかったとしても、ワタシは、スタイルでアウトです。
逆に、スタイルの地味さが気にならなければ、渋い選択とも言えそうですが。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 4:54 PM  Comments (0)

vs.新型プジョー308 3

メーターは、小さめのステアリングの上から見る、208の方式を踏襲しています。
これはこれで見やすいし、ステアリングが小さいのもいいですね。
もっと多くのクルマが取り入れても良さそうなシステムだと思うんですが、マネっぽくなっちゃいますかね。

 

シフトはゲート式で、直線式に慣れていると、ちょっと動かしづらいですが、慣れれば問題ないのかな。
ドライブに入れて走り出します。

 

エンジンは1.2Lのターボで、130馬力ですから、頑張ってますね。
プジョーのターボ、RCZもそうですが、なかなか頑張り屋さんです。
車重は1,300キロ前後ですから、軽めですね。
その軽めの車体を、まさに軽々と引っ張っていきます。
スゴイな、このエンジン。
無理してる感じが全くありません。
普通に2Lくらいのエンジンの感じです。
あとからカタログで知ったんですが、この1.2L、3気筒でした。
乗ってる時は、全く違和感ありませんでした。

 

アイドリングストップ機構もついていて、信号で止まると、すぐにエンジンが落ちます。
そう言えば、メガーヌも最近1.2Lターボになって、アイドリングストップも付いたようです。

 

ただ、信号が変わって、エンジンが復帰する時はダメです。
日本車の多くは、ブレーキを離すか離さないかのうちにエンジンがかかって、アクセルを踏む時には何の問題もなく踏み込めます。
でも、ニュー308は、どのタイミングでエンジンを復帰させる設定になっているのか分からないんですが、ペダルをブレーキからアクセルに踏み換える一瞬では、エンジンがかかりきっていないんです。
ここでアクセルを踏み込むと、ちょっとギクシャクしてしまうんです。
こういった設定は、すぐに改良されるでしょうが、不必要にアクセルを踏み過ぎたり、一瞬もたついたり、現時点では308の最大の欠点と感じました。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 6:57 PM  Comments (0)

vs.新型プジョー308 2

ハッチバックの隣に、ワゴンもありました。
ワゴンは、ウエストラインの後端がちょっと跳ね上がっていて、そこだけ見ると、ちょっとウチのメガエスに似ています。
でも、全体のシルエットはやっぱりソフトゴルフ。

 

さて、試乗はハッチバックでもワゴンでもいけました。
メガエスと比べてどうかも興味あったんですが、ここは、一般的なハッチバックにしました。

 

ちなみに、ワゴンのトランクは、メガエスと同じくらいでした。
あ、ハッチバックのトランク、見忘れた(汗)。

 

リアシートは、まあまあの広さです。
ビックリするほどではありませんが、ちょっとフロントシートとの間は小さめかな。
メガーヌもハッチバックはエステートと比べると、ちょっとスペースが狭いから、ちょうどそれと同じくらいな感じです。
背もたれはしっかり高い位置まであって落ち着きます。
シートの出来はいい感じで、表面の1センチくらいが柔らかく沈み込み、その先は腰があって、しっとりしています。

 

運転席に移ると、センターコンソールがのっぺりしていて、その上に、大きな画面のディスプレイがあります。
エアコンもオーディオも、この大きなタッチパネルで操作するようで、その分スッキリしています。
ただ、好みで言えば、マルチパネル方式って、あんまり好きじゃありません。
1個1個のボタンが並んでる方が、ワタシには合ってます。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 6:57 PM  Comments (0)

vs.新型プジョー308 1

プジョー308がモデルチェンジしました。
普通であれば309になるはずですが、プジョーは「8」で打ち止めにするそうです。
別に「309」「310」「311」・・・と続いていっても良さそうなものですが、何でなんでしょう?
ややこしくなりますよね。

 

さて、そのニュー308、ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー2014を受賞したというコトで、かなり派手に宣伝してますね。
先々代の307も受賞してますが、超絶大ヒットの206は受賞してませんね。
どうやらアルファの156に持って行かれたみたいです。

 

雑誌やネットの画像などで見る限り、ちょっと地味な印象なんですが、プジョー屋さんへ行って、実物を見てみたら・・・やっぱり地味。
う〜ん、落ち着いたデザインといえば落ち着いているんですが、角の取れたゴルフみたい。
一つ一つのラインは非常にキレイなんですが、全体でまとまると、いきなり印象が薄くなってしまいます。
確固たる地位を築いてしまったゴルフならともかく、308がこれだけ大人しいデザインだと、下手をすると誰にも認知されないまま埋没してしまいそうです。
潰れる前のローバーに、「ローバー75」という地味なセダンがありました。
よくよく見ると、けっこういいんですが、やっぱりパッと見が大人し過ぎて、ほとんど誰にも知られないまま、ローバーが破綻したこともあって、ひっそりと消えてしまいました。
一度乗ったコトがあるんですが、とてもいいクルマだっただけに、残念です。
ニュー308がそうならないコトを祈ります。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 5:28 PM  Comments (0)

左足ブレーキ 2

後続車がいない時限定で、ブレーキとアクセルを同時に踏んで走るというのは、昨日も書きましたが、案外大変でした。

 

左足が多少器用になって、やんわり踏めるようになるのは、思ったより早かったんですが、その後、走っていて、ホントに止まりたい時が、ちょっと怖かったです。
というのも、マニュアル車の場合、止まるためには、当然クラッチも踏んでるワケですが、左足ブレーキのまま止まると、当然クラッチが踏めません。
(「3本目の足」とか、お下品な冗談はやめます)

 

そうなると、結局、左足をブレーキから一旦離さないといけないワケです。
右足次第でもあるんですが、タイミングを合わせて、上手にアクセルを緩めないといけません。
アクセルを緩めるのが早過ぎると、ガックンと急ブレーキになってしまいますし、遅過ぎると、止まりたい時に、一瞬スピードが上がってしまいます。

 

なんだか、いかに普段、ぼんやり運転してたかを思い知らされたようでもありますが、デリケートなアクセルとブレーキの操作、という、非常に基本的なテクニックを再認識させられました。

 

でも、左足ブレーキとか、そこからの止まりとか、上手くいくようになった頃には、ローターはすっかりピカピカになっていました。

 

もう、ブレーキ引きずり運転はしなくていいんですが、たまには左足ブレーキとか、今以上にデリケートなアクセル操作とか、日常的に頑張ってみようかな、と思っています。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 111R — カーマくん 5:51 PM  Comments (2)

左足ブレーキ 1

運転が上手な方は、マニュアルでも左足ブレーキを器用に使うそうですが、ワタシみたいなヘッポコは、左足ブレーキは、やったことがありません。
いや、正確には、一度だけやってみたことがあるんですが、ガッツンと急ブレーキになってしまって、それ以来、試してもいません。

 

ところが、ACさんで教えてもらったブレーキの「焼き入れ(という言葉は正しいのかな?)」方法は、通常走行で左足でブレーキを軽く踏み続ける、という、カンタンそうで、実は案外ハードルの高い方法でした。
まずは、ガックンとならないように、左足でブレーキをそっと踏むコトから始めないといけません。
それに、通常走行とは言え、ブレーキランプが点いちゃうので、後ろにクルマがいる状態では行えません。
今にして思えば、夜中にこっそり人気のない道で100キロからのフルブレーキをかました方が以下自粛。

 

さて、左足でブレーキを踏む、という作業も、おっかなびっくりではありましたが、まあ何とかなりました。
それにしても、右足は器用なんですね。
ゆっくり踏み込むコトも、ゆっくり戻すコトも器用にこなします。
それに引き換え、左足の不器用なコトと言ったら。
ゆっくり戻すのはクラッチのおかげで得意なようですが、踏み込むのはガンッと行きたがります。

 

ただ、これを無意識に、ドライビングテクニックとしてやろうと思うと、まだ道のりは遠いです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 111R — カーマくん 6:15 PM  Comments (0)

焼き入れ

昔、パッドを換えたら、「焼き入れ」をするといい、なんてコトを聞いたコトがあります。
そのやり方も、素人の又聞きでは、「100キロくらいからのフルブレーキを数回繰り返す」なんていう方法でした。
この焼き入れをすると、パッドの表面が熱で引き締まって、効きがよくなるとか、長持ちするとか、怪しげなケミカルの謳い文句のような効能があるそうです。

 

以下しばらくフィクションです。
これがどこまで正しいのか分かりませんでしたが、昔MR2を新車で買った時には、夜中に、クルマも人もほとんど通らない直線路で100キロからのフルブレーキを数回繰り返しました。
これをやったからよかったのか、やらなかったらダメだったのかは正直よくわかりませんが、その時は、おまじないみたいなものと思っていました。

 

以下ノンフィクションです。
さて、今回は、フロントブレーキのパッドとローターの交換というコトで、必要なら「焼き入れ」をしないといけません。

 

皆さんって、どうされてるんでしょう?

 

ま、とにかくここは、プロのアドバイスに従いましょう。
と思って聞いてみたら、した方がいいそうです。
でもやり方は、100キロからのフルブレーキではなく、通常のスピードで走行しながら左足でブレーキを軽く踏んで、引きずりながらしばらく走るのがいいそうです。
目安は、ローターがピカピカになるまで。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 111R — カーマくん 5:53 PM  Comments (2)

フロントブレーキ

10年の点検の時に指摘された、フロントブレーキのパッドとローター交換にプラスして、キャリパーのオーバーホールをしました。
というか、正確にはACさんでしてもらいました。

 

11月15日の土曜日、午前中仕事があったんで、午後に持ち込みました。
作業自体は「3時間くらいでしょうか」というお話だったので、店でブラブラしながら待つつもりだったんですが、「念のため、出来れば一泊預からせて欲しい」というコトになり、代車をお借りしてその日は帰りました。
実はちょっとカゼ気味だったんで、その方が助かりました。

 

代車は、前にもお借りした、初代のイストでしたから、特に新しいレポートもありません
普通に交差点を曲がる時も、やけにアンダー気味なんですが、これも3年前にレポートした通りです。

 

さて、一泊お預けして、翌日引き取りに行きました。
あら、クルマが綺麗になってるわ。
床なんかも、掃除機かけてもらったみたい。
ありがとうございます。

 

お代は、キャリパーのオーバーホールも合わせて、8諭吉と英世が数名。
決してお安いワケではありませんが、はじめに10万程度と聞いていたのよりはだいぶお安いし、フェラだのポルだのスーパースポーツのことを考えたら、ホントに経済的です。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 111R — カーマくん 8:01 PM  Comments (0)

鶏の丸焼き

今日は娘(カーマ子)の誕生日でした。
ここ2〜3年は、娘の誕生日には、娘のリクエストで「お好み焼き○舗」に行ってました。
お好み焼きよりも、ドリンクバーにある綿菓子作り機やかき氷がお目当てだったんですが、今年もそこかと思っていたら、なぜか今年は、「鶏の丸焼き」が食べたいと言い出しました。
どこでそういうものの存在を知ったか知りませんが、ワタシも今までそんなもの食べたことがありません。
お店で食べられるトコロも分かりませんし、デパートでも売っていなかったので、お取り寄せになりました。

 

味のついた状態の冷凍・真空パックで前日に届いたのを、オーブンで温めたのが、コレです。

 

 

当然、食べる時にはバラさないといけないので、そういう意味では、ま、普通の鶏料理と違いがあるワケでもないんですが、ちょっぴりゴージャスな感じでした。
娘よ、これくらいのゴージャス感で、今は満足していたまえ。
そして、将来お金持ちの旦那さんを見つけて、ブタや牛の丸焼きを食べてくれ。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 8:14 PM  Comments (0)

テレビ棚 3

この後、ちょっと隙間の出来たところや、作業中にちょっとぶつけて凹んでしまった横板の角に、パテの代わりに紙粘土を詰め、ヤスリで仕上げます。
一通りヤスリがけをした後、ヨメさんが白い塗料で色塗りをします。
キレイにべったり塗ってしまわず、ちょっと筆ムラが出る感じで仕上げると、多少アンティークっぽく見えます。

 

 

塗料が乾いたところで、実際に設置します。
テレビの横のスペースがそもそも広くもないので、幅と高さが40センチくらいの小ぢんまりした棚です。
そこに、最近ウチの女子の間で流行っている、小さい観葉植物を並べます。

 

 

思ったよりいい感じに出来ました。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:38 PM  Comments (0)