vs.スズキ・ハスラー 2

さて、試乗車のトランクから見てみましたが、最初の印象は「狭っ!」でした。
と思ったら、リアシートがスライドするんですね、これ。
シートが目一杯下がっていました。
このシートを前に出してやったら、けっこうな広さになりました。
後ろに乗る人の体格と、荷物の量で、シート位置の落とし所を決めればいいですね。

 

そのリアシートは、目一杯下げた状態だと足元がかなり広々しています。
逆に目一杯前に出してもギリギリ大丈夫です。
さすがに軽自動車ですから、背もたれは低くて、そう落ち着いて座れる感じじゃありませんが、まあ充分です。
背もたれを倒すと、座面が沈み込んでトランクからフラットになるのも気が利いた小技です。

 

運転席に移ると、特に高級感を狙っていないメーターまわりのデザインがかえって好感が持てます。
位置合わせをして、スタートすると、ちょっとビックリするくらいの出足です。
ハスラーには、ターボとノンターボがあるんですが、試乗車はノンターボの52馬力です。
ノンターボ版は車重が800キロを割るので、軽さが効いているとは思うんですが、それにしても驚くほど敏捷な動きです。
渡辺謙さんのワゴンRの「Sエネチャージ」は、回生で集めた電力をパワーに回す簡易ハイブリッドですが、ハスラーは回生で集めたパワーは電装品に回るだけの、素の「エネチャージ」なんですが、ちょっと何らかのドーピングをしていると思うほどの加速感です。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:26 PM  Comments (0)