vs.ベンツC180 2

試乗は、セダンとワゴン、C180とC200からそれぞれ選べたんですが、一番ベーシックな、セダンのC180にしました。
アバンギャルドとかいう、ちょっと豪華な470万くらいのモデルです。
さすがのお値段ですね。

 

運転席に移ると、なんかちょっと変わってます。
普通のシフトレバーがある位置に、丸いダイヤルがあるのは、最近ではそんなに珍しくもありませんが、そのダイヤルに覆いかぶさる形で、スマホ風の「モノ」が付いています。
タッチパッドになっているらしく、これと下のダイヤルを操作しながら、いろんなコトができるようですが、試乗では何ができるのかよくわかりませんでした。

 

で、シフトレバーは、国産車で言えばウィンカーレバーの位置、輸入車ではワイパーレバーの位置にある、コラムシフトです。
ただ、タクシーなんかのコラムシフトとは違って、だいぶ進化しているようですが。
でも、国産に慣れた人だと、ウィンカーと間違えて、パーンとレバーを叩いちゃったりしないものかな。

 

走り出します。
昔は「C180」だったら当然1,800ccだったはずですが、1〜2代前から、なんだかかみ合わなくなってますね。
BMWもそうですが。
ベンツC180は、1.6Lターボで、156馬力。
今時じゃ、ベンツも小排気量ターボなんですね。
この小排気量ターボ、けっこう頑張っていて、1.5トンの車体を不足なく引っ張っていきます。
「コンフォートモード」だと、一瞬出足が重い感じがないでもないですが、その一瞬をのぞいては、軽々走っていきます。
1,200回転で最大トルクを発揮するエンジンの特性が効いてますね。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:35 PM  Comments (0)