クロノグラフ 1

さて、S/elクロノの「代車」として、久々にLOTUSのクロノを引っ張り出したのは、昨日書いた通りです。
STDを買った頃に、調子に乗って買ったモノですが、デザインや、「LOTUS」マークが入っているのは気に入っていますが、ボディの材質があまり良くないようで、夏場の汗が原因で、ベルトの付け根あたりがちょっと腐蝕してきたので、眠っていたワケです。

 

 

10年前は、ストップウォッチ機能も含めて、使い勝手に特に問題は感じなかったんですが、S/elを使い慣れた後だと、いろいろ気になる点があるコトに気がつきました。

 

S/elの針は、長針と分針は普通で、同じ長さで白い針と赤い針が12時位置に止まっています。
この針がそれぞれストップウォッチの秒針と分針になります。
通常の秒針は、下の小さい文字盤をくるくる回っています。
そして、右上に0.1秒計、と左上に12時間分の時間針があります。
はじめは、通常の秒針が小さいので、見づらく感じましたが、そうそう秒針の細かい位置まで見るわけでもないので、苦にならなくなりました。

 

ところがLOTUSの方は、・・・

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:12 PM  Comments (0)

タグホイヤー修理 3

年が明けて、ワタシのS/elクロノがおかしなことになりました。
普段、メチャメチャ正確ですし、デザインも含めて大のお気に入りなんですが、ストップウォッチのスタートボタンである右上のボタンが接触不良になってしまいました。

 

ワタシは、仕事でたまにストップウォッチを使うので、休日用のF1では不便なこともあります。
そこで、眠っていたLOTUSのクロノグラフを電池交換してたたき起こし、しばらくは急場をしのぐことにします。

 

一方で、また「オロロジャイオ」に見積もりを依頼します。
クロノグラフのオーバーホールは、3針よりも若干お高いんですが、それでも他社さんよりは、1万円近く安いです。
故障の原因は、ストップウォッチのボタンのバネ折れだそうで、その修理と、針の夜光の塗り直し(ワタシは暗いところで見るコトもありますから)で、4万弱。
そこそこの時計が買えちゃいますが、修理Goです。
ちなみに、ワタシのS/elと同じモデルもオークションでたまに出ますが、こちらは4万では出ません。
やはり、修理とオーバーホールできちんと直した方が圧倒的にいいです。

 

こうして、また待つこと3週間、ピカピカになって戻ってきました。
ボディがプラスチックのF1よりも、金属のS/elの方が、クリーニングの効果が高そうです。
ストップウォッチも完全復活です。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:42 PM  Comments (0)

タグホイヤー修理 2

ヨメさんのF1は、しばらく使っていなかったので、電池を交換しても動かなくなっていました。
今は絶版のモデルですので、去年の11月に修理に出すことにしました。
タグホイヤーの正規ディーラー(あれっ? 「ディーラー」でいいのかな?)に出すとかなりの高額なので、ネットで探して、「オロロジャイオ」という修理屋さんで修理してもらいました。
電子回路の交換とオーバーホールで2万ちょい。
実は、オークションで根気よく探せば、同じ色のF1もたまに、もっと安い金額で出るコトがあるんですが、ヨメさんが「この時計がいい」というコトで、修理に踏み切りました。
(まあ、オークションの中古では、いつ逝かれるか分かりませんから、ちゃんと直した方が正解だと思いますし。)
針の夜光の塗り直しなども勧められましたが、ヨメさんの場合、暗いところで時計を見る状況はほとんどなさそうなので、パスしました。

 

段取りとしては、申し込むと無料の宅配キットが送られてきて、それを使って修理屋さんに時計を送ります。
向こうで状況確認して、修理の見積もりが来ますので、GoかNoかを返事します。
Goならそのまま修理に突入、Noなら送り返してくれます。
修理に入ると3週間ほどで戻ってきます。
中身の修理はもちろんですが、外回りも一通りクリーニングされています。
防水もパッキンなどを交換してくれて、防水試験も本来の200mではありませんが、100mのテストに合格しています。
こうして、ヨメさんのF1は、元気になりました。

 

が・・・。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:37 PM  Comments (0)

タグホイヤー修理 1

ワタシのブログで、ずいぶん昔(調べてみたら2009年3月でした)に、「○○○と言ったら・・・」というコトを書いた気がします。
その時に書いたと思っていたんですが、読み返してみたら、書いてませんでした。
「時計と言ったらタグホイヤー」
中高生の頃は、時計といったらセイコーでした。
シチズンではなく、なぜかセイコー。
確たる理由があったワケではありません、何となくでした。
当時はタグホイヤーもロレックスもオメガも知りませんでしたし。
で、高校の入学祝いでは、自分で選んだセイコーを買ってもらいました。

 

さて、ロレックスもオメガもブライトリングもロンジンも知ってしまった今ですが、時計といったらタグホイヤーです。
確たる理由はありませんが、普通のサラリーマンであるワタシにはロレックスはちょっと似合いそうもありませんし、そもそも高い。
タグホイヤーだってワタシにとってはけっこう「清水の舞台」ですが、印象がスポーティーですし、電波時計でもないのに相当正確なのが気に入っています。

 

2013年の12月に紹介させていただいていますが、平日(仕事の時)は、S/elクロノ、休日は、ベゼルの文字が擦り切れたF1を使っています。
ちなみに、ヨメさんはたまに腕時計をつけるだけですが、これもF1のレディースです。

 

 

ベルトは換えてあります。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 5:53 PM  Comments (0)

サングラスの置き場 2

2月24日は、エリSTDの納車記念日です。
あれから、13年も経ちました。

 

さて、昨日の続きです・・・

 

ただ、ケースごとドリンクホルダーに挿し込んでおくのは、あくまで急場しのぎですので、使い勝手と見た目が今ひとつ。
ステアリングの左側にもスペースがありません。
仕方なしに、こんな金具を使って留めるコトにしました。

 

 

最後の1個を使っちゃったので、実際は二回りくらい大きいヤツを使います。
両面テープ仕様なので、接着面をアルコールでぬぐった後に貼り付けて、接着強度が最大になるように、一日放っておきます。
その後、ケースをぶら下げて、完成です。

 

 

場所的には、まあ納得のいく場所に落ち着きました。

 

その後、気をつけて様子を見ていましたが、脱落する様子もなく、無事収まっています。

 

大袈裟な言い方ですが、こんなちょっとしたことでも、こうやって、少しずつ「自分仕様」にしていくのは、なかなか楽しいものです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: メガーヌⅢエステート — カーマくん 6:08 PM  Comments (0)

サングラスの置き場 1

晴れの日に運転する時には、必ずサングラスをかけています。
もともとはカッコつけだったんですが、右腕の腕時計(ワタシ、腕時計は右派なんです)と同じで、続けてたら、そうでないと落ち着かなくなったんです。

 

すると、当然ですが、クルマにサングラス置き場が必要になります。
エリーゼの場合は、ここに、こんな感じで収まっています。

 

 

STDの時から数えて、もう13年もこの位置ですので、目をつぶっていても出し入れできます。
(もちろん目をつぶりませんが)
エリーゼの場合、室内にもネジがあったり、作りが雑なので、こういうモノをくっつけたりぶら下げたりしやすいですね。

 

さて、一方、メガーヌⅢでは、当初困りました。
できればステアリング右側の手頃に開いたスペース(エリと同じ位置)に収めたいんですが、留めるネジとかまるでありません。
メガーヌⅡは、空調の吹き出し口を使ってちょっと強引にケースをぶら下げていたんですが、メガーヌⅢは、ドリンクホルダーを付けちゃったので、そうもいきません。
仕方ないので、とりあえず普段はドリンクホルダーにケースごと挿し込んで急場をしのいでいました。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 111R — カーマくん 5:50 PM  Comments (0)

アルファロメオ4C

ロードスターもですが、アルファ4Cのスパイダー版も、雑誌に載りはじめました。
これもカッコいいですね。
いやあ、スタイルだけ見たら、転びそうに(エリから乗り換えたくなりそうに)なります。
クーペ版よりスパイダーの方がカッコいい。
何より、あのプツプツしたヘッドライトが、プレーンな普通のタイプになっているのがいい。

 

ただし、何だかちっとも入ってきませんね、4C。
なんの事情でしょうか?
じらしてるんでしょうか?
待ち焦がれて、というレベルで済めばいいんですが、あんまり待たされると、もういいや、って気持ちになってしまうのがオトコゴコロ。
一刻も早く入れてください。

 

さて、スタイル的には、ホントに相当カッコいい4Cですが、ポジション的には、エリーゼと、でかくなったエキシージの間に来ますね。
1.8Lのターボで240馬力、1,100kgという数字は、小さかった頃のエキシージとガチンコです。
でも、ターボのスポーツカーがあまり好きじゃない(・・・というとちょっと表現が強いな。スポーツカーならNAの方が好き、くらいかな)ワタシは、4Cと比較しても、111Rの方が好きです。
カッコだって、今は4Cの方が新鮮ですけど、ま、3年もすればどっちも普通に「カッコいい」の範疇でしょうし。

 

そう考えると、まだまだ111Rに乗り続けるコトになりそうです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 5:51 PM  Comments (0)

新型ロードスター

新しいロードスターのデビューが秒読みになって、いろんな雑誌でひと足早い試乗レポートなんかが出始めました。
小さくなった、軽くなったと、数字的にも評判で、1.5Lエンジンでもなかなか楽しそうです。
正式にデビューしたら、出来るだけ早く試乗したいものですが、今はプロの方の試乗記を読んで、写真を見て我慢するしかなさそうです。

 

さて、手がかりが写真しかないので、実際どう見えるかわかりませんが、なかなかカッコ良さそうです。
ボディラインに抑揚があって、イギリスよりもイタリアなイメージなのは、フィアットやアルファの息がかかっているからでしょうか。

 

スタイルで一点気に入らないのが、ちょっと「目」が小さいコトかな。
「魂動」スタイルの集大成的な論調ですが、個人的には、グリルのでかさに対してライトが小さいのが今ひとつ。
何となく意地の悪いネコみたい。

 

噂になったアルファ版が出るのかどうか分かりませんが、それが出たら、相当カッコ良さそうです。

 

歴代のロードスターは、ワタシが何らかの事情でエリーゼに乗れなくなった時の後釜として最右翼です。
予算に余裕があれば次のNDはまさにストレート、余裕がなかったら、中古になったNCは現実的なラインです。

 

マツダさん、ロードスターを1.5Lで出すのはいいですが、1〜2年で2L版を追加とか、そういうことだけは勘弁してくださいね。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 6:07 PM  Comments (2)

ヘッドライトウォッシャー

さて、ヘッドライトウォッシャーのお話でした。

 

使い方としては、ヘッドライトの点灯時に、ウィンドウウォッシャーを発射すると、この出っ張りがニュッと前に伸び、そこからライトに向けてウォッシャー液が発射されます。

 

 

ヘッドライト点灯時というのがミソですね。
そもそも、発想としては、ヘッドライトに付く雪を溶かすまたは飛ばすのが目的のようですから、ヘッドライトを点灯しない時は意味がないワケです。

 

昨日書きましたが、この装備、男前になった後期型には付いていません。
なぜなら、後期型は、キセノンじゃなくて、ハロゲンだからです。
ハロゲンは、発熱するので、ウォッシャーで溶かさなくても、ライトに付いた雪は溶けるという見通しなんでしょう。
前期型乗りのワタシとしては、後期型の男前な顔は羨ましいんですが、前期型のキセノンライトはちょっと自慢(笑)。

 

さて、写真を撮るために、用もないのにヘッドライトウォッシャーを作動させてみたら、エライコトになりました。
モノスゴイ勢いで噴射されるので、ボンネット中に水が飛び散ってます。
(ちょっと大きい画像にして見ていただかないと見づらいかもしれませんが)

 

 

まあ、比較的温暖な岡崎では、付いてるってことだけで満足すべき装備ですね。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: メガーヌⅢエステート — カーマくん 7:29 PM  Comments (0)

出っ張り

メガーヌⅢのバンパーには、一部、妙な出っ張りがあります。

 

 

これは、顔が男前になった、後期型にはありません。
答えは、ヘッドライトウォッシャーです。

 

どうして前期型だけにあるのかは、後ほど述べますが、正直、あまり頻繁に使う装備でもありませんので、なんだろうと思いながらうっちゃってありました。

 

ヘッドライトウォッシャーって、日本車でもよく見かけた装備ですね。
今よりバンパーが大きかった頃に、バンパーの上に乗っかる形で小さいノズルがあって、そこからピュッとウォッシャー液が飛び出すものですが、そう言えば最近はあまり話題に上らない気がします。
あるのかな?

 

話が逸れますが、ヘッドライトワイパーなんてのもありましたね。
ヘッドライトのところにオモチャみたいなワイパーが付いてました。
もう少し逸れますが、昔のマークⅡかなんかに、サイドウィンドウワイパーなんていう、サイドウィンドウを拭って、サイドミラーを見やすくするモノもありました。
でも、ミラー面に水滴が付くと、あまり意味のない装備でした。
もっと逸れると、そのサイドミラーに付くワイパーもありましたね。
メーカーが付けてるモノや、後付けのモノもあったと思いますが、最初は初代のレパードじゃなかったかな?

 

あ、逸れてるうちに長くなっちゃいました。
続きは明日・・・。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: メガーヌⅢエステート — カーマくん 6:14 PM  Comments (0)