ドライビングランプ

エリーゼのドライビングランプは、今は分かりませんが、04年モデルだと、ヘッドライトをハイビームにして点けないとドライビングランプが点かないという仕様でした。
これじゃああまりに点ける機会がないと言うコトで、だいぶ前にACさんで配線を変更してもらって、ポジションランプ点灯時に点けたり消したりできるようにしてもらいました。
こうしておけば、補助灯としての役割はもちろんですが、どしゃ降りだとか、霧だとか、ヘッドを点けるまでもないけどポジションランプだけじゃ不安、というような時にも役立ちます。

 

さて、先日、珍しく霧が深く出ていた朝、ドライビングランプを点けて細い道を走っていたら、対向車にパッシングされました。
ありゃ? まぶしかったですか?

 

ちょっと光軸を調整しないといけません。
そう言えば、昔はヘッドライトとかの光軸調整をよくやりました。
対向車にパッシングされないギリギリまで上に持っていって、光量の弱さを少しでも補うわけです。
今は、異形ランプのせいもあって、ヘッドライト回りに何となく手が入らなくて、どう調整したもんだかわからないモデルが多いですね。
エリでも、ヘッドライトの光軸を調整したことなんてありません。

 

でも、こういう時、ロータスの作りの粗さ、もとい、手の入れやすさはありがたいですね。
ドライビングランプは、基本ぶら下がっているだけなので、ひっつかんで向きを変えてやれば、ものの1分で完了です。
細かい調整は、少し温かくなったら、夜にやりましょう。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。

にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 111R — カーマくん 8:20 PM  Comments (0)