ヘッドライトウォッシャー

さて、ヘッドライトウォッシャーのお話でした。

 

使い方としては、ヘッドライトの点灯時に、ウィンドウウォッシャーを発射すると、この出っ張りがニュッと前に伸び、そこからライトに向けてウォッシャー液が発射されます。

 

 

ヘッドライト点灯時というのがミソですね。
そもそも、発想としては、ヘッドライトに付く雪を溶かすまたは飛ばすのが目的のようですから、ヘッドライトを点灯しない時は意味がないワケです。

 

昨日書きましたが、この装備、男前になった後期型には付いていません。
なぜなら、後期型は、キセノンじゃなくて、ハロゲンだからです。
ハロゲンは、発熱するので、ウォッシャーで溶かさなくても、ライトに付いた雪は溶けるという見通しなんでしょう。
前期型乗りのワタシとしては、後期型の男前な顔は羨ましいんですが、前期型のキセノンライトはちょっと自慢(笑)。

 

さて、写真を撮るために、用もないのにヘッドライトウォッシャーを作動させてみたら、エライコトになりました。
モノスゴイ勢いで噴射されるので、ボンネット中に水が飛び散ってます。
(ちょっと大きい画像にして見ていただかないと見づらいかもしれませんが)

 

 

まあ、比較的温暖な岡崎では、付いてるってことだけで満足すべき装備ですね。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: メガーヌⅢエステート — カーマくん 7:29 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">