vs.トヨタMRS 3

シートに座ろうとしたら、思いの外シート位置が低いです。
サイドシルにももを当てながらシートに収まるエリの感覚で座ろうとすると、サイドシルが低くてそのままシートに座る形になるMRSの方が、お尻の落ち込みが大きい感じです。
シートはちゃんとしたサイズで、いい座り心地です。

 

捻る式のキーでエンジンをかけます。
基本的に静かなエンジンで、この時点ではスポーツカーらしさはあまり感じません。
セミオートマというより、セミマニュアルと言いたいシフトを「S」位置(だったかな)に合わせると、そのまま1速なんですが、クリープはありません。
そのままアクセルを踏んでいくと発進します。
道路に出て、アクセルを踏むと、
かっっっるーーい!!!
ちょっとビックリするほど軽々と加速します。
軽いはずのエリに乗り慣れているワタシからしても、これは軽い。
エリより軽いような錯覚を起こします。
カタログ上は990キロだそうですから、先日乗ったNDロードスターの最軽量版と同じですが、もう少し軽い印象です。

 

1ZZは、前にACさんでエリーゼS(スーチャじゃないよ)に乗った時も感じましたが、トルクフルで、クルマを軽く感じさせます。
トヨタがセリカには積んだ2ZZをMRSには積みませんでしたが、少なくとも街中を走る分には充分です。
もしかしたら、2ZZを積んでたら、バランスが崩れるのかもしれません。
とにかく、MRSと1ZZの組み合わせは、絶妙のバランスでした。
山道に持ち込んだり、サーキットを走ったりしたら、もう少し高回転が欲しくなるかもしれませんが、昔のエリS同様、通常使用では美味しいところを堪能できる時間が111Rよりよっぽど長いです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 9:23 PM  Comments (0)