vs.ホンダS660 3

リアフードを開けてもらったら、全く物入れはありません。
フロントフードの下に、ちょっとしたスペースがありますが、これは、外した幌の収納スペースで、それ以上は入りません。
室内にも物置きはほとんど取られていませんから、残念ながら2人で旅行は無理ですね。

 

今書きましたが、幌は、ほぼエリーゼと同じ方式で取り外します。
両側からクルクル巻き取っていく方式ですから、まあ、少々面倒くさいです。
ただ、幌がかなり傷んだ昔のビートをよく見かけますので、この方式の方がいいんでしょうか。

 

クルマのサイズに比して、異常に大きいドアを開けて乗り込みます。
ドアが大き過ぎて、横にかなりのスペースがないと角度が大きくとれません。
そうなると、足を入れづらいので、昔のソアラなんかは開き方に一工夫あったようですが、S660ではその辺りは割り切ったのか、とにかく乗り込む時に足が引っかかります。

 

シートに収まってしまえば、大ぶりなシートは案外柔らかくて、NDの時もそうでしたが、座り心地がすこぶるよろしい。
試乗車はマニュアルでしたが、ブレーキとクラッチの位置関係に比べて、アクセルがやや遠い感じでした。
クラッチはやや軽過ぎな感じですが、こういう操作系が軽いと、クルマ全般が軽く感じられるので、これはこれでありでしょう。

 

正面の計器盤は、真ん中にデジタルのスピードメーター、その周りがアナログのタコメーターという、ホンダが昔から好きなデザインです。

 

やたら軽いクラッチを踏み、コクコクと小気味いいシフトを1速に入れて、走り出します。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 5:58 PM  Comments (0)