vs.ホンダS660 4

噂では64馬力を超えてくるとか言われていましたが、フタを開けたら64馬力で出てきました。
ただし、ビートの64馬力とは比較にならないパワフルさです。
さすがDOHCでターボってだけはあります。

 

ターボの躾けは、低回転から満遍なく効いていて、あまりターボターボしていない、ちょっと排気量の大きいNAみたいなパワー感ですが、アクセルを抜く度にプッシャー、プッシャーと、ブローオフバルブの音が高らかに鳴り響き、ここでターボであることをアピールしています。
これ、エアクリをキノコにした時のFD以来です。
あと、タマに何の都合か、回転を落としちゃうと、全くブーストのかからないようなじれったい時間帯を2度ほど経験しました。
ターボっぽくてイヤなトコロも確かにありますが、全般的にはターボらしさが薄い印象ではあります。

 

1速だとレッドの7,700回転まで一気に吹けてしまいます。
ホンダのエンジンらしく、回るには回るんですが、ちょっとガサガサした印象で、なんだかSW20の3S−Gを思い出しました。
噂にある、1,000ccくらいのNAが出てきたら、もっと楽しくなりそうです。

 

セールス氏が気を利かせて、ちょっと山道を含んだ回り道をさせてくれました。
90度コーナーで、そんなに飛ばしてはいませんが、キューっと、思った通りのラインでノーズが入っていき、ちょっと感動でした。
S字なんかも、スイッ、スイッ、とクリアしていきます。
大体イメージ通りに小気味よく走れます。

 

ああ、これは楽しい。
NDに劣らぬ「人馬一体」感です。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 5:23 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">