外来種 1

ワタシの影響もあって、娘のカーマ子は釣りが好きです。
もっとも、ワタシは一日やって一匹も釣れなくても平気なタチなんですが、娘はとにかくたくさん釣りたいタイプです。
近くの川のちょっと深さのあるところで、カゴ釣りでシラハエを釣るなんてのが大好きです。

 

今年の夏は、例年出かけていた川が、なんだか雑草がうっそうと繁っていて、入り込めなくなっていたんで、仕方なしに、近くの池に行きます。
ちょっと山の中に入り込んだ池で、マニアックな人がヘラブナ釣りをしていたり、たまに若い子が来て、ルアーを投げ込んだりしているようで、まあ、何か釣れるんでしょう。

 

と言うコトで、仕掛けを投入するんですが、そこにいさえすれば100%釣れるはずのシラハエ系の細長い川魚の反応がありません。
池をのぞきこむと、何か魚がいるのは見えるんですが、カゴ釣りにほとんど反応してきません。

 

試しに一本針でウキを付けて糸を垂らしてみたら、おお、反応があります。
ホントはこの方式だとミミズやサシ虫と呼ばれる生きエサがいいんですが、まさかカゴ釣りで釣れないなんて事態は想定していませんから、練りエサしか持ってきていませんでした。
そこで、カゴ釣り用の練りエサをよく練って粘りを出し(針から落ちにくくするため)、米粒くらいの大きさにして投入です。
そして、・・・釣れました。
シラハエではなく、小さな平べったい、青い魚・・・ブルーギルです。

 

こんな池まで、外来種にやられちゃってるんですね。
シラハエ系は絶滅したんでしょうか。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:40 PM  Comments (0)