休日用の時計 5

クッションのエアマットがふんだんに押し込まれた、割と大きな外箱の中に、窮屈そうに詰め込まれた長細い箱が、時計の箱でした。

 

 

普通、時計の箱は立方体に近くて、中に、丸く巻かれた時計があるコトが多いんですが、これは、伸びた状態で収まっているようです。

 

細長い箱の中に、筆入れのような、ソフトレザーが入っています。

 

 

あら、これ、ホントの革だ。
もしかしたら、定価の42,000円もあながちウソじゃないのかも。
それにしても、この革ケース、何かに流用できないかな。
けっこう良さげなモノです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:33 PM  Comments (0)