クラウンのLED

日本が誇る「高級車」と言えば、やっぱり「いつかはクラウン」ですね。
先日、ちょっと残念なクラウンを見かけました。
「残念」と言ってもいろいろありますが、オーナーがヘンテコにいじったとかいう残念さではなく、いや、たぶんオーナーさんは気付いていないと思われるだけに、余計残念でした。

 

それは、リアのハイマウントストップランプです。

 

クラウンのHMストップランプは、リアウィンドウの下端内側LEDが16個くらい並ぶカタチで配置されています。
そのランプは、どうも4系統に分かれるみたいで、目の前でブレーキを踏んでいても、左側の4分の1だけ、点灯していません。
と、思ったら、微妙に点いたり消えたりします。
それだけでなく、右折待ちでちょっと進んでまた止まったら、今度は、両端の4分の1が点灯して、真ん中の4分の2が点灯しません。
そのうちに、また右端が点滅します。

 

まさか、後続車の注意を引くために、わざとそういう設定になっているワケではないでしょうから、単なる接触不良だとは思うんですが、なんせ、日本を代表する高級車のクラウンですから、ちょっと気になりました。
これが、ロータスなら「しょうがないなあ」って、笑って済ませるんですが、クラウンがこういうコトじゃいけません。

 

トヨタさん、しっかりしてください。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 6:45 PM  Comments (0)