ロータリー 1

東京モーターショーで、いよいよロータリー復活ののろしが上がったようですね。

 

まずはRX-VISIONのスタイルが目を引きますが、全体像がよくわかりません。
カッコいいのかな?
なんかちょっと、光岡のオロチを思い出してしまいました。

 

さて、その心臓に収まる新世代のロータリーエンジンは、SKYACTIV-Rと名付けられたようですね。
RX-○と言えばロータリー、ロータリーと言えばRX-○ですが、ロータリーがスポーツカーに合うエンジンなのか、個人的にちょっと疑問ではあります。

 

いや、コンパクトでハイパワーなロータリーエンジンは、確かにコンパクトなスポーツカー向きで間違いないはずなんですが、昔からロードスターには載せないですよね。
なんでかな?
実はマツダ自身、スポーツカー向きでないと考えてるんじゃないのかな?

 

ワタシは個人的に、ロータリーの「回ってますが何か?」的な、高揚感のないフィールがあまり好きになれませんでした。
スポーツカーのエンジンはよく回る方が楽しいと思うんですが、その回り方に、「回ってるぜぇ!」的なビート感がある方が、気持ちいいんです。
その点で、ワタシには感動が薄く感じられるエンジンでした。

 

だから、新世代のロータリーエンジンには、単に燃費やパワーだけでなく、ぜひ「感動」を盛ってもらいたいです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 8:33 PM  Comments (0)