vs.アルトワークス 3

ただし、加速の時の音は、ちょっといただけない。
排気系のせいなのか、エンジンそのものの性格なのか、ガラガラと、ディーゼルっぽい音がします。
マツダのスカイアクティブディーゼルよりディーゼルっぽい。
音だけでなく、振動もそれなりで、昔MR2の3S-Gが「農耕機」と揶揄されましたが、それを上回る粗っぽさです。

 

最近は、3気筒でもスムースなモデルが多くて、ほとんどネガを感じさせないんですが、これはちょっと残念です。
マフラーを換えてもダメかなあ。

 

ただ、パワフルですし、よく回りますし、そもそもターボRSの時にはそんなに粗く感じませんでしたから、個体差なのかも知れません。
ま、RSの時は、ミッションに馴染めなくて、エンジンフィールにまで気が回らなかったのかもしれませんが。

 

乗りはじめてすぐに気がつくのが、脚の硬さです。
かなり引き締められているようで、不快になる三歩手前、というくらいの硬さです。
タイヤが必要以上に張り切っていないのが、アルトシリーズの美点だと思っているのですが、ワークスも165/55R15という、分相応な、まっとうなサイズです。
このタイヤサイズで、この硬さですから、バネやダンパーが相当硬いんでしょうね。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 6:59 PM  Comments (0)