京商

どうせ保証は使えないでしょうから、修理に出す前に、自力で直せないかしら、と、ちょっと解剖してみました。
ただ、あまり無理にこじったりして、接触不良を直す前に、ボディを割ってしまっては目も当てられません。
ネジや、プラスチックの噛み合わせを慎重に外しますが、何ヵ所かちょっとやそっとじゃ外れない難所があります。
頭の隅で、「これ以上行っちゃダメ」とワーニングが鳴ります。
小さい頃から、無数のオモチャを解剖して壊して培った・・・今でもクルマのあちこちをいじって養った勘が、警告を飛ばしています。
これを無視すると、痛い目に遭いそうです。
やむなく撤退、ああ、メガーヌのホーン交換と同じです。
もうちょっとで肝心な部分に手が届きそうで、届きさえすればたぶん簡単なはずなのに、手前のプラスチックが外せずに断念です。

 

おもちゃ屋に持ち込んだら、メーカーに直接言ってもらわないとダメ、とのつれないお返事。

 

やむなく、平日の日中に、ヨメさんにメーカー(=京商)に電話してもらいます。
事情を説明したところ、なんと、送ってもらえば新品と交換してくださるとのこと。
ああ、なんて良心的なんでしょう!
ちゃんと事情は説明してますから、配線の強度はあるにしても、メーカーさんにはほぼ責任はありません。
それでも無償交換してくれるとは驚きです。

 

こちらが送った後、3日と経たずに新品が送られてきました。
京商さん、ありがとうございます。
今度は大事に使わせます。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 8:38 PM  Comments (0)