検索キーワード 117

「ワイパーミストいつから」・・・この「いつから」というのは、どういう意味なんでしょうか?
クルマにこの「ミスト機能」が最初に付いたのがいつか、という話なのか、雨の降りがどのくらいになったら「ミスト」を使うのか、という話なのか?
ワタシが免許を取った、30年くらい前には、すでにこの「ミスト機能」はあったはずですから、初めて搭載されたのがいつなのかは分かりません。
ワタシは、雨が降りはじめたら、まず最初は「ミスト機能」から入りますから、むしろ「いつまで」という感じですが、間欠の方が手間がかからないくらいまで降ると、間欠にしてます。
ちなみに、エリーゼのワイパーは3段階で、取り立てて「ミスト機能」はないんですが、ちょっと硬い作りになってるので、軽く触ってやると、ミスト的に使えて、案外便利です。

 

「蛍光灯型電球/売ってない/セリア」・・・セリアと言えば百均ですね。
セリアに限らず、どこの百均でも、数年前までは蛍光灯型電球を売ってましたが、今はなくなっちゃいましたね。
もう、蛍光灯自体がなくなりつつあるようで、10年したら、みんなLEDに切り換わっていそうな勢いです。
そうなると、百均ではさすがに無理なのかなあ。

 

10年大丈夫、という触れ込みのLED電球ですが、中華製のモノは、電球自体でなく、何か電子回路の故障で1年くらいで切れちゃうという話を聞きました。
まだ高くて敬遠したいLEDですが、あまり安いモノはやっぱりダメなんですね。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 8:22 PM  Comments (0)

検索キーワード 116

「1ZZと2ZRの違い」・・・お、これはなかなか難しいですね。
簡単に言えば、ZRエンジンはZZエンジンの後継というコトになるんでしょうが、ちょっと分かりづらいですね。
そもそもトヨタのエンジン型式は、最初に数字があって、そのあとがエンジン型式のアルファベット、ハイフン(−)を挟んで「G」が来たらスポーツタイプ、「F」が来たら燃費タイプの型式名称です。
数字が大きくなると、基本的にはボアやストロークを拡大して排気量が増すというパターンが多いです。
いわゆる「ハチロク」で有名な「4A-GEU」なんてのは、1.3Lから1.8Lまでのラインナップを持つ「A型」エンジンの一部ですね。
4A-Gのトルクの薄さをカバーするために、排気量を拡大して、勝手に「5A-G」と呼ばれるエンジンが出たりしてました。

 

さて、その「A型」エンジンの後継として「ZZ型」エンジンが出て、その後継として「ZR型」エンジンへとつながっていきます。
「1ZZ」と「2ZZ」は、基本同じ1.8Lなのに、ボアもストロークも違っていて、「FE」と「GE」という、性格も違う仕立てになっています。
なんか、「4A-G」と「3S-G」の後継を作るために、トヨタが慌ててでっち上げた感じが否めません。

 

そんなわけで、「2ZZ」の後継は途切れて、「1ZZ」の後継が、ちょっと排気量を絞って1.6Lとなった「1ZR」で、今の素のエリーゼが積んでますね。
で、ストロークをアップして1.8Lにして、スーパーチャージャーを付けた「2ZR」が、今のエリーゼSに積まれています。

 

で、「違い」ですが、まあ、「ZZ」の後継機が「ZR」ですから、より効率が上がったりしてるんでしょうが、よく分かりません(爆)。
エリーゼには、普通の2ZRを積んでないので、余計分かりません。
前に書きましたが、「1ZZ」はトルクの出方がいいので、クルマを軽く感じさせますが、「1ZR」はトルクが細く感じられました。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:52 PM  Comments (0)

リッツパーティー

本当は、去年の夏に消費予定だった非常食のリッツと水が、まだ残っていました。

 

 

 

幸い、まだ消費期限には余裕がありますので、ここらでリッツパーティーで消費しなければなりません。

 

リッツと言えば、なんかナビスコが手を引くことになったらしくて、どうなるかと心配だったんですが、クロレッツの会社が引き継ぐことになって、めでたく残るコトに決まったみたいで、ホッと一安心です。

 

さて、4年半前の夏に、一生懸命リッツと水を消費して以来、久々の非常食消費週間となります。
この4年半の間、非常食を使わなければならない機会がなかったことは有り難いコトで、またこの先、非常食として使う機会がないことを祈ります。

 

次は、2020年の夏頃に、東京オリンピックを観ながらリッツパーティーが開けますように。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 9:18 PM  Comments (0)

後継機 3

そうなると、ボクスターかケイマンがクローズアップされてきます。
やっぱり、屋根が開くクルマの魅力は捨て難いので、ボクスターになってきます。
ただ、どうもポルシェって、自分のモノにするイメージが湧かないんです。
昔、フェラーリが、もう少し身近に感じられた時代、ポルシェとフェラーリならフェラーリの方が・・・なんて夢を見ていました。
今は、フェラーリは夢も見られない所まで行ってしまいましたが、ポルシェはまだ夢を見られるギリギリのところにいてくれます。
でも、ポルシェに乗ってる自分って、どうにも想像できない。
フェラーリに乗ってる自分のほうが、それなりに想像できるんです。
そんなわけで、ボクスターも却下。

 

ここで浮上してくるのが、ジャガーFタイプのコンバチです。
それもできればV8。
コンバチにはマニュアルがないのがタマにキズですが、まあ、パワーに物を言わせて、オートマでゆったり乗る方が、正解な気もします。
クーペのV6にはマニュアルもあるようですが、今すぐならともかく、数年後にV6のマニュアルのクーペがV8のオートマのコンバチかという選択になったら、V8を選ぶ気がします。
だって、生涯いっぺんくらい、V8乗ってみたいじゃないですか。
ワタシ程度の腕では、鼻先の軽いV6だとか、そんなのわからなそうです。
V8だと1,500万コースで、もはや現実的ではありませんが、数年後には、半分くらいになってくるでしょうし、ジャガーなら中古でもそんなに荒っぽい乗り方はされてないでしょう。
そう考えると、いい目標です。

 

こうして、新しい封筒の名前は「Fタイプ積立」に決まったのでした。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:37 PM  Comments (0)

後継機 2

仮に今、急に111Rに乗り続けることができなくなったとしたら、後継機の購入資金のメドも何もないので、現実的な路線としては、NCあたりのロードスターの中古が有力候補として挙がってきます。
100万くらいからありそうですから、今の「積立」から何とかなりそうです。

 

でも、あえて「積立」として目標を決めて貯めていくなら、もう少し夢がほしい。
そうなると、今ちょっと気になるのはやっぱり4Cあたりでしょうか。
クーペは、例のライトまわりの、「蓮コラ」のようなポチポチがダメです。
目のスッキリしたスパイダーの方が屋根も開くし、いいですね。
最近、雑誌でもちょいちょい出てきますが、やっぱ、いいですね、4Cスパイダー。
ただ、5〜6年後に、今のエリーゼよりも派手なクルマに乗り換えられるかどうか、はなはだ疑問が残ります。
エリーゼから4Cスパイダーだったら、何も乗り換えなくてもおんなじようなものじゃん、とも思えます。
そうなると、エリーゼの方がマニュアルだし、自然吸気だし、ステアリングはスッキリしているし、圧倒的に理想に近いんです。
4Cスパイダーは、却下だなあ。

 

やっぱりスポーツカーしか考えられませんから、当然候補として挙がってくるのは、やっぱりポルシェですねえ。
ポルシェといえば911でしょうが、さすがに911は手が届きません。
ワタシの「積立」は、ギリギリ手が届くか届かないか、のラインに設定してこそ意味があります。
宝くじが当たらなきゃ買えないクルマでは意味がありません。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:40 PM  Comments (0)

後継機 1

ワタシにとって最初のエリーゼであるSTDを手に入れたのが、2002年の2月24日でしたから、あれからまる14年になります。

 

もともと、雑誌に載ったエリーゼ(S1)に憧れて「エリーゼ積立」を始めたのがもうかれこれ18〜9年前なのかな? もう性格に覚えてません(汗)。
月々の小遣いから15,000円抜いて封筒に入れ、「絶対出さない」と決めて、時々の臨時収入を加えて、100万の大台に乗った頃に、なんとか最初のエリーゼを手に入れました。

 

STDから111Rに代わるまでの間も、「積立」は継続していて、111R購入後しばらくは「返済」と名前が変わったりしながら、月々15,000円小遣いから抜く習慣は今でも続いています。

 

ただ、111Rを手に入れた達成感から、ちょっと出入りが緩んでいたのも事実で、その間、メガーヌやメガエスの購入資金に流用したりして、中途半端に切り崩したりしながら、何となく今は100万くらいあるのかな? という状態です。

 

「111R返済」の後は、「エヴォーラ積立」になったり、「ジュリエッタ積立」になったり、時々名前が変わっていったのですが、このところ、しっかりと確定した名前がありませんでした。

 

ただ、これではモチベーションが上がらないので、やっぱり、ちゃんと名前を決めておきたいところです。

 

でも、自分の中で、111Rの後継機が決まっていない(まだ全然乗り換える気にならない)ので、ここで、111Rの後継機について、ちょっと考えてみましょう。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:58 PM  Comments (0)

ターンテーブル

意外に思われるかも知れませんが、エリーゼって、普通の立体駐車場なら入れるんですよ。
年に数回、名古屋に出張する時、クルマで行くと、その施設に併設された立体駐車場に入れます。
初めての時は、係員のおじさんが、物差し状のモノを持ってきて、入る時もさんざん気をつけて見てくださいました。
それ以後は、「前にも入れてるから」と言って、スンスンと入っていきます。

 

ま、それはいいとして、その立駐は、頭から突っ込んで、出る時はターンテーブルで180度回転して、頭から出られる仕組みです。
ノロケのようで恐縮ですが、回転しているのを見てるのは大好きです。
自分のクルマが、ショウカーにでもなった気分で、いつも惚れ惚れしながら見ています。
いやあ、自分の庭にも欲しいくらいです。

 

自宅にターンテーブルと言えば、所ジョージさんが「世田谷ベース」に設置してますね。
スペースには全然余裕があるはずですから、実用よりも完全に遊びなんでしょう。
晴れた日に、お気に入りのクルマがターンテーブルで回るのを眺めながらコーヒーでも飲んでたら、きっと至福のひと時でしょう。

 

今は、自分でクルマの周りを回りながら、缶コーヒーで我慢しましょう。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 111R — カーマくん 7:00 PM  Comments (0)

フォードの撤退 3

アメリカのディーラーといえば、例の「礼を尽くす会社」のサターンが、ユーザーを放っぽり出してとっととケツをまくっちゃいました。
これも、普通のセダンとワゴンとクーペで、コレといった特長のない展開がアダとなったんでしょうね。
やっぱり、普通のクルマが飽和している日本に乗り込んでくるなら、とんがったクルマを持ってこないと、クルマへの興味の薄い日本じゃ誰にも知られないまま終わってしまいます。
サターンも酷いものだと思ったんですが、今回も、相当増えてきたフォードユーザーさん達は、放っぽり出されてしまうんでしょうか?

 

問題は、フォードだけの話じゃないかも知れません。
これで、雪崩を打つように、他のアメリカ車のディーラーが撤退しちゃったら、随分寂しいことになりそうです。
シボレーとか、クライスラーとか、最近ワタシもようやく好きになってきてるのに、カマロもイプシロンもなくなっちゃうのかな?

 

どうかアメリカ車のディーラーさん、もう少し日本で頑張ってください。
「スーパーナチュラル」とかのスポンサーになって、バンバン放映すれば、シボレーインパラみたいな、まさにアメリカンなクルマの魅力も伝わるかもしれません。
あとは、やっぱり所ジョージさんの手を借りるしかないですね。
あの人ほど、アメリカ車の魅力を存分に、必要以上に伝えられる人っていないでしょうから。

 

でも、日本でアメリカ車の生きられる余地が、あんまりないのも事実だもんなあ。
ワタシが最近、アメリカ車が好きだって言っても、「じゃ、買うか?」と聞かれると、今はまだ買わないもんなあ。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:06 PM  Comments (0)

フォードの撤退 2

それでも、少ないディーラーでやっていくなら、「フォーカス」や「フィエスタ」を売りながら、もっととんがったモデルを売って、認知度を広めていかないとダメでしょう。
ルノーだと、カングーやメガーヌRSなんかは、雑誌の比較試乗には大抵出てきます。
とんがったモデルで認知度を高めておいてからでないと、普通のいいクルマは存在すら知られないまま過ぎていってしまいます。
並行輸入より認知度が低いもんなあ。

 

そもそも、フォードって、日本への手の出し方が下手というかなんというか。
はじめにマツダと組んで「テルスター」とか「レーザー」とか売って足がかりを作って、「フェスティバ」なんてヒット車を出したり、「プローブ」なんてちょっとカッコいいクーペを出してノリノリだったのに、いつの間にか、存在感がなくなってました。

 

この、存在感のなかった時期って、そこそこクルマに興味を持っているワタシですら、ちゃんと正規輸入されてたんだかどうかすら、わかってません。
明らかに並行輸入屋さんが、クルマ雑誌の広告欄に「プーマ」だか「ピューマ」だかという、小さいクーペを出してたのをぎりぎり覚えてるくらいです。
MR2の頃、初代メガーヌのクーペ並みに「ちょっと欲しい」クルマでした。

 

最近になって、ほぼフォーカス1本で復活してきて、いよいよこれから、というところで、諦めちゃったんですね。
いやあ、フォーカスやフィエスタ、マスタングが無くなっちゃうのは、本当に残念です。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:51 PM  Comments (0)

フォードの撤退 1

フォードが日本から撤退するというニュースが一月の終わりに流れました。
ワタシは、フォードという会社がよくわかっていなくて、ヨーロッパフォードとアメリカのフォードの関係もよくわからないんですが、とにかくマスタングもフォーカスもフィエスタも売られなくなっちゃうってコトですよね。
う〜ん、残念なニュースですねえ。

 

ワタシ自身は、いわゆる「アメ車」が好きではなかったんですが、ここ数年、アメリカ車が割と好きです。
「試乗大将」でも、マスタングとフォーカスがイヤーカーになっていますが、8回の薄っぺらい歴史の中で、2回イヤーカーを獲ってるのが、ジャガーとルノーと意外なことにフォードで、あとはプジョーが1回、アルファが1回。
案外ワタシに刺さってたんですね、フォード。

 

さて、そんなフォードですが、撤退の理由を「日本の閉鎖的市場」のせいにしていたようです。
そうかなあ、最近、ヨーロッパ車増えてきてると思うけどな。

 

それより、フォーカスだったかフィエスタだったかの時に指摘した通り、貧弱過ぎる販売網と売る気のない宣伝に尽きると思うんですけどね。
愛知県は、輸入車のディーラーがかなりしっかり整備されていると思うんですが、そんな愛知県にディーラーが2つしかない(しかも2つとも尾張)んですからね。
ロータスでもルノーでも3つあるのに・・・。
普通にいいクルマのフォードなんかは、愛知県内に5〜6個設けないと勝負にならないと思います。
それくらいの初期投資はフォードの力ならできたと思うんですけどね。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:40 PM  Comments (0)