フォードの撤退 1

フォードが日本から撤退するというニュースが一月の終わりに流れました。
ワタシは、フォードという会社がよくわかっていなくて、ヨーロッパフォードとアメリカのフォードの関係もよくわからないんですが、とにかくマスタングもフォーカスもフィエスタも売られなくなっちゃうってコトですよね。
う〜ん、残念なニュースですねえ。

 

ワタシ自身は、いわゆる「アメ車」が好きではなかったんですが、ここ数年、アメリカ車が割と好きです。
「試乗大将」でも、マスタングとフォーカスがイヤーカーになっていますが、8回の薄っぺらい歴史の中で、2回イヤーカーを獲ってるのが、ジャガーとルノーと意外なことにフォードで、あとはプジョーが1回、アルファが1回。
案外ワタシに刺さってたんですね、フォード。

 

さて、そんなフォードですが、撤退の理由を「日本の閉鎖的市場」のせいにしていたようです。
そうかなあ、最近、ヨーロッパ車増えてきてると思うけどな。

 

それより、フォーカスだったかフィエスタだったかの時に指摘した通り、貧弱過ぎる販売網と売る気のない宣伝に尽きると思うんですけどね。
愛知県は、輸入車のディーラーがかなりしっかり整備されていると思うんですが、そんな愛知県にディーラーが2つしかない(しかも2つとも尾張)んですからね。
ロータスでもルノーでも3つあるのに・・・。
普通にいいクルマのフォードなんかは、愛知県内に5〜6個設けないと勝負にならないと思います。
それくらいの初期投資はフォードの力ならできたと思うんですけどね。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:40 PM  Comments (0)