復活

すみません、インフルにやられてました。
いやあ、しんどかった〜。
手洗いとか、うがいとか、当たり前にすべき予防策を怠ってました。
反省してます。
誰にも移してないと思うのがせめてもの救いです。

 

暖かかったはずの土曜日の昼くらいから、何か寒くて、ゾクゾクしてきて、夕方には、あ、こりゃ、完全にアウトだな、という状態でした。
日曜日の朝一で、休日診療のお医者さんに行ったら、「B型です」とタミフルと解熱剤を処方されました。
で、日・月と、体中の節々と内臓が痛くて、もがいてました。
火曜日くらいにようやく痛みは治まってきましたが、熱は下がらず(というか、解熱剤で一瞬下がってまたぶり返す感じ)、3日間ほぼ寝て過ごしました。
でも変な夢ばかり見て、ぐっすり眠れなくて、朦朧と過ごしてました。
水曜日は、朝一で仕事に行って、どうしても片づけなければならない仕事だけ片づけて、みなさんに暖かく追い返されました。
で、一日、微熱を抱えたままぼんやり過ごしました。

 

ようやく昨日、復帰したんですが、ほとんど役立たずの状態で過ごし、今日はなんとか仕事をしてきたという具合です。

 

正直、こんなに長引くとは思いませんでした。
皆さんも、当たり前の予防を、ナメずにやってください。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:42 PM  Comments (0)

vs.スマートフォーツー 6

室内の装備は簡素です。
面白かったのは、スマホ用のホルダーがオプションで、ハナからそれをナビとして使うように、アプリまで用意してること。
これは確かにムダがない。
今時、ナビも音楽も、スマホ一つあれば充分役に立ちますからね。
こういった割り切りも、小さいクルマには必要です。

 

さて、このスマート、フォーツーもフォーフォーも200万前後と、かなりお安い価格で出てきました。
トゥインゴも同じくらいで出てきそうですね。
クルマに対する考え方次第ですが、軽自動車でも結構なお値段がするコトを考えると、充分魅力的な価格設定です。
なんでも、通常、クルマに乗る人数は1.3人程度だそうですから(ワタシのエリではほぼ1.0人)、実際、フォーツーみたいなクルマの方が効率的です。
7人乗りのワンボックスでお買い物に行ってる若者が、そういうことに気付けば、日本のクルマ事情も変わってくるかもしれません。

 

さて、フォーツーは、iQがあるくらいで実質ライバルは不在です。
コペンとかロードスターのような2シーターがライバルでしょうか。
フォーフォーの方は、ミニとかチンクとかがライバルのようです。
超絶小回り、という売りは、地味ですけど最も実用的な武器だと思います。

 

昔あった、ロードスターとかは、売れ行き次第で発売されるかも、とのこと。
こりゃ、ヒットして欲しいですね。

 

スマート、初めて乗りましたが、侮れません。
ベンツの品質のマイクロカーで、随分改良もされてきたはずですから、いいに決まってます。
これは、相当いいです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 8:31 PM  Comments (0)

vs.スマートフォーツー 5

その一つは、軽快なハンドリングです。
やはり、前輪で舵を切り、後輪で進む、というのは、クルマのあり方として非常に正しいことのように思われます。
運転感覚は、クルックルッと、少なくとも一般道ではなかなか楽しいです。
でも、高速巡航はフォーツーではちょっと疲れそうです。
まあ、そういう使い方をするクルマじゃないんでしょうけど。

 

もう一つが、圧倒的な小回り性能です。
カタログには、最小回転半径3.3mって書いてあるんですが、正直言ってそんな数字見ても、全然ピンと来ません。
でも、今回、試乗中に、ちょっとした空き地で、目一杯ハンドルを切って、小回り性能を試してみて驚きました。
右回りだと、まさにドライバーのすぐ右に回転軸があるような感覚で回っていきます。
感覚的には、回転軸が右肩にあるくらい。
今までいろんなクルマに乗ってきましたが、この感覚は初めてでした。

 

所有した小さいクルマで言えば、プジョーの206はあまり小回りが利かなくて、いつも思ったところよりもタイヤ一つ分くらい外を回っていったものでした。
FFのせいで、ハンドルの切れ角が大きく取れないのと、その頃のゴムブーツの性能もあまり大きく曲げられない要因だったと聞いたコトがありますが、フォーツーの場合、リアエンジンのおかげでハンドルの切れ角がメッチャ取れるそうです。
90度くらい切れてるようなイメージ。
これだけ小回りが利くなら、充分アピールポイントになります。
これだけを宣伝してもいいくらい。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:17 PM  Comments (0)

vs.スマートフォーツー 4

走り出します。
3気筒の1Lの普通のエンジンです。
前は700ccくらいのターボだったと思いますが、案外普通のエンジンでした。
500ccくらいのターボとかでも行けそうです。

 

940kgと、ちょうど今のエリーゼくらいの重さですから、71馬力のNAでも、軽々加速していきます。
いやあ、速い速い。
ブレーキは、軽く踏んでもキュッと利くので、ちょっと慣れが必要でしょうが、まあ、問題ないでしょう。

 

トランスミッションはちゃんとデュアルクラッチシステムなので、スムースです。

 

ホイールベースが短くて、車重も軽いですが、乗り心地は望外にしっとりしていて、変に飛び跳ねるコトもなく、安定しています。
ハンドリングもリアエンジンだからか、ノーズが軽くて、でもリアはどっしり落ち着いていて、ミドシップみたいです。
道路の段差なんかもしっとりいなせる、なかなかお利口な脚回りだと思います。

 

スマートの場合、フォーツーはずっとリアエンジンでしたから、こういった躾けは巧くいってるのでしょうが、そもそも今時なんでリアエンジンかはずっと疑問でした。
トゥインゴも、スマートフォーフォーと兄弟化してリアエンジンになるわけですが、フォーツーはともかく、フォーフォーのRRは、疑問が残ってました。
もちろん、フォーツーと同じ型式にすることで、開発費なんかは抑えられるんでしょうが。

 

ただ、今回、実際に乗ってみて、その疑問に対する答えが、他にもいくつか出てきました。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 8:34 PM  Comments (0)

vs.スマートフォーツー 3

回ってきたフォーツーは、大袈裟でなくリアルチョロQです。
「小さい」というより「寸詰まり」のサイズ、異常に短いホイールベースと、やたらデッカイタイヤ。
数字的には全長が2,755mmですから、これが普通のホイールベースのサイズですね。
ホイールベースは1,875mm、う〜ん、さすがに短い。
でもタイヤが前165/65R15、後185/60R15と、普通のクルマのサイズですから、そりゃチョロQに見えますね。

 

フォーフォーとちゃんとした兄弟になったので、スタイル自体もよく似ています。
フロントのスタイルは大体いっしょで、後ろ半分をバツンッと切り落とした感じです。
さすがに歴史が長い分、こちらも見慣れてきていて、トヨタiQのように異形なイメージはありません。
が、充分普通じゃないイメージです。

 

リアシートは・・・というボケはやめて、トランクは、ガラスハッチを上げ、その下のボディ部分を手前に開く、2枚ドア方式ですが、まあ、そりゃ、最低限です。
エリーゼより若干マシで、通常のちょっとしたお買い物程度なら問題なしです。
2人で1〜2泊くらいの旅行も行けそうですが、お土産は買えません。

 

室内(運転席まわり)は、しっかりした空間が確保されています。
オートマチックのシフトレバーの作りはちょっと安っぽいですが、不満になるほどじゃありません。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 8:07 PM  Comments (0)

vs.スマートフォーツー 2

そんなスマートが、去年の秋にモデルチェンジして、今度はフォーフォー中心で復活しました。
なんでも、フォーフォーを基本に売って、フォーツーは、季節ごとに限定モデルとして出す、という、思い切った売り方で展開するようです。

 

フォーフォーも、今度は、FFでお茶を濁すのでなく、RRレイアウトでデビューしました。
前にチラッと書きましたが、今度のルノー・トゥインゴと姉妹車になるようです。
フォーフォーに遅れて、先日フォーツーもデビューしました。
こりゃ、一度乗っておかなくてはいけません。

 

岡崎では、ベンツ屋さんでスマートも扱ってますから、ベンツ屋さんに行きます。
ショウルームには、フォーフォーしかありませんが、こちらは普通にコンパクトです。
いわゆるBセグのど真ん中な感じですね。
色使いなどはポップですが、スタイル自体はごく真っ当な感じで、ベンツの真面目さがにじみ出ています。
「世界不思議発見」で楽しくやりたいのに根が真面目過ぎて今ひとつ楽しくない草野仁みたいな感じです。

 

今回、試乗するにあたって、ちょっと迷ったんですが、やはりここはフォーツーにしておいて、フォーフォーはトゥインゴのデビューまでとっておいた方がいいかな。

 

そんなわけで、フォーツーを回してもらいました。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:50 PM  Comments (0)

vs.スマートフォーツー 1

もともと、スイスの時計会社のスウォッチとベンツがコラボして生まれた2人乗りのマイクロカーがスマートですね。
これからの時代、小さなエコカーが必要になるだろうという発想は、ごく真っ当な考え方ですが、特に日本では、軽自動車がメチャメチャ進化してますから、あまりヒットしてませんでした。
ワタシも、正直あまり興味がありませんでした。

 

それでも、初代には、ちょっとエリーゼにも似たところのあるスマートロードスターとか、スマートロードスタークーペがあって、こちらは結構興味を引かれていました。
もっとも、これらがデビューした時にはワタシはエリーゼに乗ってましたから、それから乗り換えるほど興味を引かれたワケでもなかったんですね。
エリーゼに乗ってなかったら、スマートロードスターに行ってた可能性も否定できません。
ただ、ホイールが3穴のものだったり、独特の点が多過ぎたのも、ちょっと腰が引ける要因でした。

 

初代のモデル後半では、4人乗りの「フォーフォー」(実は5人乗り)が加わりますが、こちらは三菱と共同開発のFFですから、エクステリアで共通点があるものの、実質は別のクルマと言えますね。
フォーフォーは、フォーツーのモデルチェンジとともにひっそりと生産終了してます。

 

2007年に、フォーツーの方はモデルチェンジしますが、基本的にはキープコンセプトで、見た感じそんなに違いは感じられません。

 

おっと、乗る前に、来歴だけでいっぱいになっちゃいました。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 6:14 PM  Comments (0)

検索キーワード 115

「まとめるとトクダ」・・・最初、何のコトだったか思い出せませんでした(汗)。
で、自分のブログ内で検索をかけてみたら、ああ、実際こんなタイトルでネタを書いていました。
これは、かれこれ6年くらい前、まだ香里奈さんがバリバリで活躍してた頃、「ネットと電話とテレビをまとめてコミュファにするとおトクですよ」というキャンペーンのキャッチコピーでした。
ウチは、ネットと電話をコミュファでまとめていたんですが、このCMはくだらな過ぎて、内容はスルーしてたんです。
でも、ふと、テレビもコミュファのケーブルから引っ張れるコトに気付いて、引っ越しを機に、「まとめるとおトク」生活に踏み込んだのでした。
無粋なテレビアンテナやパラボラアンテナを立てなくて済んだ分、ちょっとトクした気分でしたが。

 

「エリーゼ/ロータリー」・・・軽量コンパクトを売りにしているエリーゼに、軽量コンパクトハイパワーなロータリーエンジンを積んだら、さぞかし楽しいだろう、というのは、多くの人が考えたことでしょう。
もしかしたら、実際にやってのけた方もいらっしゃるかもしれません。
V-TECを積んだ方もいらっしゃるくらいですから。
ワタシ個人は、ロータリーの「回ってますけど何か?」という無機質なフィールがあまり好きではありませんが(あくまで個人の感想です)、世界唯一のエンジンというのは、魅力的です。

 

「リーガル/ドライビングシューズ」・・・最近知ったんですが、リーガルの、運動靴系のドラシュがあるんですね。
ワタシは昔、リーガルのビジネス系のドラシュを見たコトがあるんですが、今は全然見つかりません。
一応スーツでも着られそうな、落ち着いたドラシュって、なかなかないんですよね。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:33 PM  Comments (0)

湯たんぽ

どこで覚えたんだか、娘が最近、湯たんぽを欲しがっています。
そんなある日、ホンダのディーラーさんで、「ご来場者に抽選でプレゼント」みたいな企画があって、3等の賞品が湯たんぽでした。
湯たんぽ目当てに、ノコノコ出かけていきましたが、結果、4等の入浴剤でした(笑)。

 

仕方なしに、その帰り道、100均に寄って、買ってきました、湯たんぽ。
ただし、200円でした。
それにピッタリの袋が100円で、合わせて324円でゲットしたのが、小さな湯たんぽです。

 

 

昔、ブリキで出来た、結構大きな湯たんぽを見たコトがあるんですが(使ったことはありません)、最近は結構コンパクトなんですね。
樹脂製ですし。

 

昔みたいに、火鉢とかストーブとか、火の出る暖房器具だと、上にヤカンを置いておいて、自然に熱くなったお湯を入れれば、正にエコなあったかグッズですが、残念ながら、今の我が家には、火の出る暖房器具がありませんので、わざわざ湯たんぽのために、IHヒーターでお湯を沸さないといけないのが、面倒です。

 

小さな湯たんぽですが、けっこう朝までぼんやり暖かくて、電気式のアンカを使うよりは、ちょっとエコなのかな?
取りあえず、娘は嬉々として使っています。
こういう暖かみも、ちょっといいものです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:02 PM  Comments (2)

バイク 2

「AKIRA」の金田くんが乗ってるヤツにもちょっと似ていて、ロボコップ辺りに乗らせたらさぞかし似合いそうな、いや、もっと言えばボタン一つでロボットに変形しそうな勢いです。

 

小さく「HONDA」と書いてありますからホンダのバイクなんでしょう。
よく見ると、左にクラッチレバーがありませんし、ステップのところにも変速レバーがありませんから、基本オートマなのかな?
でも、左のハンドルの付け根に「+」なんて書いたボタンもありますから、クルマで言うパドルシフトみたいなコトはできるんでしょう。
どんな素性のバイクなんだか全くわかりません。
名前も排気量もわかりません。

 

ここ30年で、クルマのスタイルは随分と変わってきた気がしているんですが、それに比べて、バイクのスタイルは、そんなに変わっていないように感じていたんですが、そうでもなかったんですね。
ちょっと欲しくなっちゃいましたが、さすがにこのスタイルのバイクに乗る度胸はちょっと・・・。
(エリーゼも相当なものとは思っていますが・・・)
でも、仕事引退したら、SRXみたいなヤツ手に入れて、6輪生活も楽しいかもしれません。

 

ただ、今はまだ、エリーゼだけで充分満足です。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 8:09 PM  Comments (0)