アメフラシ【閲覧注意】

娘のカーマ子には、幼い時からなるべくいろんな生き物に触れさせて、生き物と触れ合うことの楽しみとか大切さとかを伝えたいと思っています。
そのせいか、基本的に生き物が好きで、いろんなモノを飼ったり、いまだに虫取りなんかにも一緒に行っています。
釣った魚は、自分で捌いて、責任持って食べるようにしてもいます。

 

さて、カーマ家では、毎年ゴールデンウィークの恒例行事で、潮干狩りに行っています。
先日書きましたが、今年は、休日の日程があまりうまく行っていないので、少し早めに、潮干狩りに行きました。

 

で、足首くらいの深さの干潟を、アサリを求めて移動するわけですが、その時、ひっそりとうずくまっているアメフラシをワタシが見つけました。
見ようによってはグロテスクとも見えますが、娘に教えてやったら、第一声が、「かわいい!」でした(笑)。
「飼う」というのは何とか諦めさせましたが、潮干狩りをしている間中、「主(ヌシ)くん」と名付けて、連れ歩いていました。

 

帰りしなに、もう一匹見つけて、喜色満面で撮ったのが、この一枚です。

 


(アメフラシは、食べる海藻によって毒を持つ場合があるそうですが、この辺りは大丈夫なようです)

 

娘は、父の意図を超えて、動物好きになっているようです(苦笑)。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:37 PM  Comments (0)