vs.6代目(先々代)アルト 4

そんなわけで、こと「走り」に関する部分では、今ひとつなところもあるアルトですが、(あ、あとスタイルも)、小回りは利くし、駐車場でも、「軽」と書いてある小さいスペースに余裕で収まるし、街中の「お買い物グルマ」としては、やっぱり優れています。
軽自動車は世界に誇れると思います。
背が高過ぎて、妙にグラつくこともありませんし、居住スペースも、ちょうど収まりのいい適度な広さ(狭さ)で、落ち着きます。
欲張り過ぎなハイトワゴンより、これくらいの方がいいと思うんですけどね。

 

ちなみに、けっこうエンジンをブン回してみたりして、それほど燃費のいい走り方はしていませんが、250キロ走って、ガソリンは17.6リットルですから、燃費は14.2キロってとこですね。
けっこう行くもんですね。

 

この手の軽自動車に乗っていると、ついつい「充分」という言葉が何度も頭をよぎります。
クルマとして、「これで充分」と思わせるものをたくさん持っています。
ただ、「充分」でまとまっちゃっていると、進歩がないので、ちょっと「過剰」な要素を盛り込んできているのが、ここ10年くらいの軽自動車なのではないでしょうか。
ただ、その「過剰」が、ちょっとヘンテコな方向に行ってしまっている気もします。

 

各社、いろんな軽自動車を出していますが、特にスペースを広くしようと過剰に頑張ってるクルマばっかりです。
過剰にスタイルのいい軽、過剰に広い軽、過剰に燃費のいい軽、過剰に安い軽。
そんな風に、いろんな方向性の「過剰」があってもいいと思います。
そんな中で、「充分」だけを追求した軽が出てきてもいいんじゃないかと思うんですけどね。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 8:00 PM  Comments (0)

vs.6代目(先々代)アルト 3

エンジンは、3気筒の54馬力。
800キロを切っていますから、平地を走る分には充分パワフルです。
ただ、ちょっと上りのキツイところはかなり苦しそうでした。

 

トランスミッションは、3速のATかな?
何段あるのか、はっきり確認できませんでした。
変速はスムースで、段数が少ないせいもあって(それほどスピードも出さないのもあって)、はじめはCVTが奢られているかと思いました。
ただし、キックバックはかなりの衝撃がきます。

 

ハンドリングというほどではありませんが、パワステははちょっとだけ違和感を感じました。
なんというか、直進状態ではやたらダルで、大きく舵を切ると思ったよりちょっと行き過ぎる感じ。

 

一度、クルマで名古屋まで行く用事があったので、高速にも乗りましたが、100キロくらいまでは、ちゃんと走ります。
その後、ぬふわキロくらいまで出してみましたが、それより上は出せば出るんでしょうが、ほぼ出す気になれませんでした。
まあ90キロくらいでトコトコ走るのがいいと思います。
それくらいで走っていると、なかなか前のクルマに詰まらないので、空いているような気分になれます。

 

出張後は地道で帰ってきたんですが、2時間も乗っていると、さすがに疲れます。
やっぱり、シートが今ひとつですね。

 

「今ひとつ」と言えば、ちゃんとフットレストも付いているんですが、角度のせいか、材質のせいか、滑る・・・と言うか、抜ける・・・と言うか、とにかく、ちょっと踏ん張ろうとした時にズルッと踏み外したコトがあります。
まあ、このアルトで、フットレストで踏ん張る機会はそうそうなさそうですが。
まさにレスト(休む)ために足を乗せるだけのものですね。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 9:44 PM  Comments (0)

vs.6代目(先々代)アルト 2

「試乗」ではないので、いきなり運転席に座りますが、レポートはパターン通りリアシートから。
ハイトワゴンではないので、全高はそれほど高くはないですが、充分な広さです。
ヘッドスペースも余裕がありますし、レッグスペースも苦になるような狭さではありません。
乗り降りがすごく自然にできて、収まりもいいので、やたら頭上に無駄なスペースのあるハイトワゴンより安心できます。

 

トランクも、そこそこのスペースを持っています。
もちろん広大ではありませんが、クルマ自体のサイズを考えれば上出来です。

 

運転席は、視界も高過ぎず低過ぎず、セダンからなら違和感ありません。
ただし、シートがあまり良くない。
クッションに腰がないのと、座面がやや短いので、ちょっと収まりが悪い。
「ホールド」は期待しないにせよ、もう少しシートの作りを何とかしてほしいところです。
それから、シートの高さに対して、ステアリングが低くて調整できないため、ドラポジはちょっとしっくりきません。
もう少し座高の低い(小柄な)方向きでしょうね。

 

ちなみに、どうでもいいコトですが、ドアを開くと、ペダルの周辺にも明かりが灯ります。
でも、ほとんどいらないかなあ。
室内灯がLEDなのは、純正ではないのかも知れませんが、それで充分明るいので、何もわざわざ足元を照らさなくてもいいのに。
(もっとも、この辺りは、いじってあるのかもしれません)

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください(どちらか片方で充分です)
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:59 PM  Comments (0)

vs.6代目(先々代)アルト 1

代車のアルトには、2週間ほどお世話になりました。
6代目ですから、先々代になりますね。
2004年から2009年までのモデルですから、10年ほど前のものです。

 

8代に渡るアルトの中で、唯一、スタイルに納得いかないモデルです。

 

 

なんだろう? なんとなくヘンテコに見えちゃうんです(オーナーさん、いらっしゃったらごめんなさい)。
なんか、5歳児が積み木で作ったような、もしくは、15歳児がボール紙で作ったような・・・(個人の感想です)。

 

とは言え、屋根があってエンジンがあるだけでも御の字の代車ですから、有り難くお借りします。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 8:40 PM  Comments (0)

メガエスキズ修理 7

さて、メガエスの素人塗装から一週間経ちました。
遠目には、どこを補修したのか分からない仕上がりだと自画自賛していますが、近くで見ると、塗り直しの部分はやや鮫肌状態で、まわりの景色の映り込みもぼんやりしています。

 

 

この前日の夜、エリーゼが戻ってきたので、そっちに触れていたい気持ちをグッと抑えて、メガエス磨きに精を出します。

 

まず、ソフト99の虎の巻のアドバイスに従って、コンパウンドシート(スポンジにコンパウンド付きのシートが付けてあるもの、細目)で磨きますが、どうもなかなか進みません。

 

で、結局、チューブの「細目」をウエスに付けてキュッキュと磨きます。

 

その後、「中細」→「極細」→「液体」とだんだん細かくしていき、最後に「LOOX」で仕上げます。
中細以下なら、多少失敗しても、また根気出して磨くだけですから、せっせと磨きましょう。

 

で、さすがにへこたれて、最終的にこんな感じになりました。

 

 

まあ、欲を言えばキリがありませんが、上の写真と比べて、若干映り込みがシャープになっている(気がします)。
これで、なんとか、メガエスの修理完了です。
お疲れ様でした。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: メガーヌⅢエステート — カーマくん 8:10 PM  Comments (0)

メガエスキズ修理 6

しかし、ここで焦ってはいけません。
合い間合い間に乾燥時間を取りながら、焦らず回数を重ねて、10数回吹き付けてたら、ようやくプラサフの白も埋まりました。

 

 

色はともかく、この段階では、表面がややツブツブしています。
これは、一週間ぐらいしっかり乾燥させてから、コンパウンドで磨いてツルツルにします。

 

最後にクリアーを吹き付けます。

 

 

メタリック車はこれが必要なんだそうですが、ソリッドカラーならいらないのかな?

 

で、最後にもう一度ボカシ剤を吹き付けます。
これで、塗装の境目とかをぼかし、ツブツブした塗装面を少し平らにしてくれます。

 

あとは、一週間ほどで完全乾燥させてから、コンパウンドで磨いて終了です。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: メガーヌⅢエステート — カーマくん 7:54 PM  Comments (0)

メガエスキズ修理 5

プラサフで表面を埋めた後は、600番のペーパーで水研ぎします。

 

 

おお、何か、ちゃんと平滑になってる感じです。

 

いよいよ特注の「ルージュダイナ」の出番です。

 

「薄く、数回に分けて吹く」のが原則ですが、今まで、ここで焦って液ダレして失敗したことがちょいちょいあります。
それと、スプレーの最初のひと吹きは、案外、大粒の塗料が出てきてキレイじゃないので、必ずマスキング部分で試し吹きをしてからボディに吹き付けます。
今回は、気をつけて、薄く薄く吹き付けます。
3〜4回吹き付けたところで、こんな具合です。

 

 

う〜ん、案外、プラサフの白が残ってるなあ。
ちゃんと埋まるんだろうか?

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: メガーヌⅢエステート — カーマくん 7:23 PM  Comments (0)

メガエスキズ修理 4

そもそもバンパーの材質というのは、塗料なんかが乗りにくいんだそうで、「バンパープライマー」というスプレーを使います。

 

 

その後、「プラサフ」を使います。

 

 

「プラサフ」は、「プライマー」+「サーフェイサー」というコトで、下地処理と、表面を整えるという役割を持っているんだそうです。
一通りプラサフを吹いて、キズを隠していきます。

 

 

真ん中辺りで、少し液ダレしてますが、これは後から磨いちゃえば大丈夫でしょう。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: メガーヌⅢエステート — カーマくん 7:44 PM  Comments (0)

メガエスキズ修理 3

タイヤにもマスキングしてやりたいんですが、ちょっと面倒だな、と思っていたら、いいモノがありました。

 

 

タイヤ屋さんがくれた、タイヤ用のビニール袋です。
これをざっくり被せておけば、ことさらタイヤ用のマスキングは必要なしです。

 

この手の仕事の要所要所では、いちいち「シリコンオフ」を使います。

 

 

ちょっと「イケナイ感じ」のニオイがしますが、実物大のプラモを作ってると思えば、大した問題ではありません。

 

さて、パテ盛りも乾いたようですので、320番のペーパーで水研ぎし、面を均一にします。

 

 

う〜ん、少なくとも、素人が鈍感な指先で触ったくらいなら、段差などは感じられません。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: メガーヌⅢエステート — カーマくん 7:57 PM  Comments (0)

おかエリ

「メガエスキズ修理」の途中ですが、臨時ニュースです。

 

エリーゼ関係でブログをやっていらっしゃる方の多くが、エリーゼの退院時にこのタイトルを使っていらっしゃる気がします(苦笑)。
ワタシも、心を込めて、「おかエリ」と言いたいです。

 

エリーゼ、復活して戻ってきました!
いやあ、今までこんなにエリーゼと離れていたコトはなかったものですから、修復完了の連絡を受けた時には、涙が出そうでした(大袈裟)。

 

さすがプロの修理だけあって、どこが割れていて、どこに亀裂が入っていたか、全然分かりません。
色もピッタリ合わせてあって、どこから塗り替えられているのか分かりません。

 

 

ワタシは、「Fタイプ積立」の他に、「クルマ修理積立」をやってまして、まさか事故で使うとは思ってなかったんですが、それで助かりました。
それと、年末にエスケを入れようか悩みに悩んで見送ったのが、今回に限っては正解でした。
シートがへたってきたためにエスケを入れようか迷ったので、エスケに使おうとした17万が残っていたのは有り難かったんです。

 

こうして、2週間と10万を費やして、エリーゼ、復活です。

 

カウルの脱着を含めて、ホントは10万じゃ収まらないトコロだと思いますが、見積もり通りの値段でやってくださいました。
ボディショップ槙塚さん、ありがとうございました。

 

今までもそんなつもりはなかったんですが、今回、どうも運転時に気が抜けている時があるらしいコトが判明してしまったので、少々お高い授業料でしたが(いや、安いんですけどね)、これからは、今まで以上に気を引き締めて運転しないといけないな。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 111R — カーマくん 6:01 PM  Comments (0)