新型(3代目)トゥインゴ 3

ルノー自体、内緒にしておきたいのか、と思うほど強調してませんが、新しいトゥインゴは、スマートと生き別れの兄弟で、レイアウトはRRです。
レッドリボン軍じゃありません、リアエンジン・リアドライブです。
つまり、エンジンは、リアシートの後ろ、本来なら小さいトランクが準備されるはずのところにあります。
だから、リアのトランクに関しては、全く期待していなかったんですが、言葉通りフタを開けてみたら、思ったより大きいトランクが用意されていました。

 

 

下にエンジンがありますから、深さはもちろん取れませんが、それにしてもよくぞここまで頑張ったものです。

 

ただ、真下にエンジンがありますから、下手な荷物は温まっちゃいそうで、買い物グルマとしてはその点が心配です。
刺し身が焼き魚になっちゃわないかしら。

 

ちなみに、フロントには何も入らないそうです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 8:04 PM  Comments (0)

新型(3代目)トゥインゴ 2

前面は、最近のルノー顔ですが、より可愛らしく仕上がっています。

 

 

室内に入ってみます。
まずは、リアシート。
う〜ん、さすがに「広々」とは行きません。
レッグルームはギリギリ、ヘッドルームは若干余裕がありますが、背もたれは低いところまでしかカバーしていないので、長時間乗ったらさすがに疲れそうです。
でも、そんなに、不当に狭いワケではありません。
まあ、こんなところが苦になるようなら、他に選ぶべきクルマはいっぱいあります。

 

フロントシートに座るのは、試乗できる時までとっておきました。

 

 

色使いがオシャレですね。
日本人が真似しようとすると、とっ散らかりそうな色使いを上手にまとめています。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 6:57 PM  Comments (0)

新型(3代目)トゥインゴ 1

「vs.」じゃありません、念のため。

 

仕事帰りにルノー屋さんに寄って、新型トゥインゴを見てきました。
ルノー岡崎では、この土日に新型トゥインゴの発表展示会があるので、うまくいけば今日(7/29・金)には見られるんじゃないかと思ったら、ビンゴでした。

 

寄ってみたら、ちょうどショウルームの展示車と入れ替えている最中でした。
ちょっとお邪魔しちゃいましたが、こんな風にクルマ入れてたんだという、貴重なシーンも見られました。

 

さて、店内に運び込まれたばかりのトゥインゴ3は、鮮やかな赤のモデルでした。

 

 

白く入ったラインに沿って、ちゃんとブリスター的な張り出しもあって、小さいながらにちょっと生意気な迫力もあります。

 

それにしても、かわいらしいスタイルです。
スタイルだけで充分選ぶ理由になります。
これくらいかわいいスタイルだと、ミニやチンクとガチンコ勝負できますね。
少なくとも、ミニやチンクに引けを取っているところはありませんから、あとは好みの問題ですが、トゥインゴは、5ドアだというのは強みでしょう。

 

全体的には、往年のルノー5(サンク)のイメージを、例のミドシップのターボも含めて再現している印象です。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 8:27 PM  Comments (0)

検索キーワード 124

「今時/スポーツカー」・・・う〜ん、今時のスポーツカーって、どんなんなんでしょう?
自動車に対する価値観が、いろいろ変わってくる中で、スポーツカー自体は、最近まであまり変わらない価値観で来ていたと思います。
いわゆる「普通のクルマ」たちは、基本的に「エコ」が合い言葉で、そのベースの上で、最近じゃ「自動○○」が加わっています。
スポーツカーの世界は、高いクルマはハイテク満載で、先日のナイト2000じゃないですが、一般人の扱えるレベルをとうに超えて、もう、「オレのクルマは300キロ出るんだぜ」という自己満足だけの世界になってきています。
もう、冷戦時代の使われない核兵器状態で、「俺まだ本気出してないだけ」って感じですね。
その上、ダウンサイジングターボの波まで押し寄せてきて、ワタシにとっては、どんどん好みでない方向へいってます。
一方で、S660やNDロードスターみたいに、パワーは知れてますが、そこそこのスピード域でも楽しめるものも出てきました。
明らかにこちらの方が好みですが、世間の皆さんは、どうなんでしょうね。
たぶん、メーカーが「儲かる」のは前者なんでしょうが。

 

「ロータス/エリーゼ/購入」・・・おお、ストレートですね。
購入なさったのか、これから購入しようと思っていらっしゃるのか。
「購入」という言葉がまだ出る頃は、とにかく楽しいでしょうね。
でも、ご安心ください、ワタシはもう「購入」からしばらく経ちますが、今でも全然楽しいですから。
さっきの「今時の〜」では、エリーゼは後者に当たると思いますが、それでも使い切れていません。
購入なさった方は、間違ってなければ、うんと楽しいスポーツカー生活を送れると思いますが、ポルシェとかと間違って買っちゃってると、相当ひどい目に会ったと思うかもしれません(苦笑)。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:21 PM  Comments (0)

虫採り事情2016 2

そんなワケで、そうは言っても真っ暗になる前に出かけていきました。
お墓。

 

けっこうな雑木林です。
夕方の薄暗がりの中、おお、けっこういるじゃありませんか、カブト・クワガタ。
娘は夢中になって採っています。
そう、ここがお墓であることは、まったく気にも留めていません。
真っ暗になっても、懐中電灯片手に、お墓のなかも平気で突っ切っていきます。

 

ちょっと高台にあるお墓なので、ふと見ると、岡崎の夜景もけっこうキレイだったりします。
親子で「お墓じゃなかったらロマンチックなデートスポットになるねぇ」なんて会話をしながら、夜のお墓をウロウロします。

 

極め付けは、「あ、樹液のニオイだ」と、虫並みの嗅覚(って鋭いのかしら?)の娘が、ニオイに釣られて見てみると、ごリッパなカブトムシが沢山いました。

 

一応、お墓に近づく時と、帰る時に、お墓全体に向かって手を合わせて来ましたが、いやあ、まさか自分が夜のお墓をウロウロするコトになるとは思ってもみませんでした。

 

今年はしばらく、お墓に通うことになりそうです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 8:33 PM  Comments (0)

虫採り事情2016 1

例によって、今年の夏も夜な夜な・・・というには大袈裟ですが、ちょいちょい娘と、カブト・クワガタ採りに出かけています。

 

ところが、今年は、どうしたことか、例年のホームグラウンドが、ウソのように不調なんです。
前に書きましたが、ホームグラウンドは、街中のちょっと大きな公園の端っこなんですが、実は、その公園、去年の冬ごろから、サルが出没するという噂が立ちはじめました。
ホントにいるのかどうなのか分かりませんが、実際に「サル注意!」なんて看板が立ってます。

 

聞くところによると、おサルさんは雑食性だから、カブトムシなんかも食べちゃうそうで、そうなると、どこでもヒョイヒョイ登って、森の中を自由自在に動き回るサルには勝てません。

 

そんな時に、他によく採れる場所の情報をゲットしました。
それが、なんと、お墓を囲む雑木林なんです。

 

それについての娘とのやり取りです。
父「あのお墓のところで採れるそうだけど、どうする?」
娘「お墓はちょっと怖いなあ」
父「でも、お墓に入ってる人は、ちゃんと弔ってもらって成仏してるから、幽霊にならないんじゃね?」
娘「そっかぁ」

 

ああ、父親の巧みな口車にたやすく乗せられてしまう、なんて素直な娘なんでしょう。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:53 PM  Comments (0)

夏休みのおつとめ

日曜日の午後、娘とハゼ釣りに行ってきました。
ちょっと前に、照英さんかなんかが、砂浜で遠投でキスを釣っていたテレビを見て、「キスが釣りたい」と言っていたんですが、さすがに、ようやくちょっとリールで投げられるようになっただけの小6女子には、砂浜で100m近く飛ばす投げ釣りは無理です。

 

で、結局、砂浜近くに突き出た堤防からキスを狙うことにして、保険でハゼ釣りもします。

 

ちょい投げ用のリールをセットして、とりあえず娘に投げさせておいて、その他の道具を用意していたら、「釣れた」というコトで、上がってきたのは、小さなガシラ(カサゴ)です。

 

 

その後も、結局狙っていたキスは釣れませんでしたが、保険のハゼを何匹か釣り上げて帰ってきました。

 

我が家のルールで、「釣った魚は自分で捌いて食べる」コトになっていますので、二人で捌いて、ハゼは唐揚げ、ガシラ(この後もう一尾)は煮付けにしてもらって美味しくいただきました。

 

お疲れ様でした、オレ。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:23 PM  Comments (0)

80年代スポーツカー(シルビアRS)

ワタシの好きなシルビアは、どっぷり80年代で、まずは3代目のS110が79年デビューです。

 

 

中学ヘの通学路に、兄弟車のガゼールのハッチバックがあって、いやあ、カッコ良かった。
なんか、ノーマルでもちょっと悪い印象のクルマでした。
中学生にしてみれば、「ちょいワル」に憧れる感じでしょうね。

 

で、82年に、スカイラインと同じFJ20型DOHCエンジンが搭載されました。
ボディ強度の関係か、確か2ドアモデルにしか積まれなかった気がするんですが、3ドアにも積んでほしかったなあ。

 

ワタシにとってシルビアは、中学でだんだんクルマに興味を持っていく時期からスタートして、ワタシ自身の成長とともに、シルビアも成長していったと勝手に思っています。
この後、S12、S13へと続いていきます。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 10:03 PM  Comments (0)

80年代スポーツカー(RX-7ターボ)

78年デビューのRX−7(SA)がターボを積んだのが83年です。

 

 

印象としては、それまでレビンやトレノのライバルという印象でしたが、ターボを積んでからは、スカイラインとかXXみたいなひとクラス上のクルマのライバルという感じになりました。

 

とにかく、コンパクトなロータリーエンジンの良さを最大限に活かしたモデルがこのSA22C型のRX−7だと思っています。
正直、FCやFDのようなミドルクラスより、ライトウェイト向きだと思うんですけどね、ロータリー。

 

スタイルでは、なんと言っても、リトラクタブル・ヘッドライトが目を引きます。
トヨタ2000GT以来じゃなかったかな?
好きだったなあ、リトラクタブル・・・ってか、今でも好きです。
スーパーカーの証ですからね。
ライトを持ち上げるモーターの重量のせいとか、ライトを上げると空力がダメとか、いろいろ言われますが、カッコだけのためにリトラクタブルにするクルマ、出て来いやー。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 8:13 PM  Comments (2)

80年代スポーツカー(スカイラインRS)

81年にモデルチェンジされたスカイラインが、「R30」型です。
その中で、いよいよ待ちに待ったDOHCエンジンが搭載されました。

 

 

みんなが待ち望んだ「GT-R」の名称は、この「FJ20」型エンジンが4気筒だったため与えられなかった、という伝説は、「8気筒にフェラーリは名乗らせない」伝説と似ていますね。
(もっともフェラーリの方は、「ディーノ」の名を使いたかったという話もあるようですが)

 

途中のマイナーチェンジでライトが薄く、グリルも小さくなって、「鉄仮面」と呼ばれたり、大門軍団の「マシンRS」にされたりと、ネタにも事欠きません。
なかでも、「名ばかりのGTは道をあける」と、SOHCであるコトをトヨタに揶揄されたお返しに、「4バルブでなければDOHCではない」と、トヨタの2バルブのツインカム(という呼び方も日産は絶対しなかったワケですが)にやり返したなどという、今思えば子供のケンカみたいなやりとりもあったようです。
また、CMキャラクターがポール・ニューマンだったのも、なんだかとっても贅沢なキャストです。

 

クルマに関して言えば、ホントにいいクルマだったようで、かの徳さんもR30は「味のある名車」と褒めてました。
ジャパンを飛ばして、ウチの父親もR30のターボに乗ってましたが、ワタシ自身も妙に誇らしかった覚えがあります。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 7:53 PM  Comments (2)