80年代スポーツカー(スカイラインRS)

81年にモデルチェンジされたスカイラインが、「R30」型です。
その中で、いよいよ待ちに待ったDOHCエンジンが搭載されました。

 

 

みんなが待ち望んだ「GT-R」の名称は、この「FJ20」型エンジンが4気筒だったため与えられなかった、という伝説は、「8気筒にフェラーリは名乗らせない」伝説と似ていますね。
(もっともフェラーリの方は、「ディーノ」の名を使いたかったという話もあるようですが)

 

途中のマイナーチェンジでライトが薄く、グリルも小さくなって、「鉄仮面」と呼ばれたり、大門軍団の「マシンRS」にされたりと、ネタにも事欠きません。
なかでも、「名ばかりのGTは道をあける」と、SOHCであるコトをトヨタに揶揄されたお返しに、「4バルブでなければDOHCではない」と、トヨタの2バルブのツインカム(という呼び方も日産は絶対しなかったワケですが)にやり返したなどという、今思えば子供のケンカみたいなやりとりもあったようです。
また、CMキャラクターがポール・ニューマンだったのも、なんだかとっても贅沢なキャストです。

 

クルマに関して言えば、ホントにいいクルマだったようで、かの徳さんもR30は「味のある名車」と褒めてました。
ジャパンを飛ばして、ウチの父親もR30のターボに乗ってましたが、ワタシ自身も妙に誇らしかった覚えがあります。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 7:53 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

2件のコメント »
  1. こんばんは

    大門軍団のRSに憧れて後にR32でしたが赤のスカイラインを買いました
    RSは今でも欲しい名車です

    コメント by k-hirata — 2016年7月23日 8:54 PM
  2. 今思うと、性能的にはそんなにスゴクはないですけど、当時は憧れましたね。
    R30はやっぱり名車です。

    コメント by カーマくん — 2016年7月23日 10:01 PM
コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">