シン・ゴジラ

夏になるとハリウッドあたりの「大作」映画が上映されるんで、毎年、1本や2本は観るんですが、今年は、あんまり面白そうなのをやってなくて、見そびれていました。
だいたい、ワタシは映画館で見るのはドーン! バーン! の派手な映画ばっかりです。
去年の夏は、確か「アベンジャーズ」と「ジュラシックワールド」と「ターミネーター」やってたんで、3つとも観に行って喜んでました。

 

その意味じゃ、今年の夏の洋画は少々残念な感じで、夏が終わりそうだったので、いっそ邦画の「シン・ゴジラ」を観てみることにしました。

 

ネタバレするといけないんで、あまり詳しくは書けませんが、いやあ、期待以上に面白かったです。
ツッコミどころや、物足りないところもいっぱいありましたが、一般の怪獣パニック映画にありがちな、なんでもない一般人が恋人のために活躍しちゃったり、けっこうな立場の人の家族が危機で、そのけっこうな立場の人が、仕事ほっぽり出して家族のためだけに頑張っちゃったりというような描写がないのがよかった。
たいてい、家族や恋人のためにしか頑張らないですもん、普通の映画って。

 

その意味じゃ、中心で頑張る人が、内閣の「対策室」の人ってところは、いい設定だったと思います。
怪獣はともかく、実際にあの手のパニックになったら、こういう感じなんだなという、妙なリアリティがありました。
原発事故の時もあんな感じだったんでしょう。
というか、原発事故とかその時の政府とかに対して、言いたいコトがあるんだろうな、という描き方でした。

 

「観て損した」とは思わないで済む映画だと思います。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:56 PM  Comments (0)

80年代スポーツカー(流面形セリカ)

先日の「スープラ」が大きくなって独立した分、より独自色が強くなったのはいいんですが、FFになったことで、賛否両論あったセリカですが、「流面形」を名乗ったそのスタイルは、圧倒的に美しかったです。

 


流面形のハイライトは、ヌルッとコークボトル状に膨らんでドアまでへこませたフェンダーのラインですが、きっとバブル期だから出来た、コストの高そうなラインです。

 

それまで、太いBピラーの後ろに、ブラックアウトされた細いCピラーというのは流行っていたんですが、Aピラーのみボディ同色で、B、Cピラーがブラックアウトされたデザインも新しくて、その後、ちょっと真似するクルマが出てきます(マツダのエチュードとか、軽のダイハツ・リーザとか)。

 

今見ても、ホントいいスタイルです。
これが5ナンバーに収まってるワケですから、当時の日本の自動車デザインは、素晴らしい力を持ってたんだと思います。

 

こんな具合に、超カッコ良かったセリカですが、個人的には、タイヤが小さかったのが残念でした。
でも、写真見てたら、ちょっと欲しくなっちゃったなあ。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください(どちらか片方で充分です)
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 7:28 PM  Comments (0)

80年代スポーツカー(R31スカイライン)

89年にいわゆる「R32」が出る前、「GT−R復活か!?」とスクープ誌を賑わせたんですが、桜井眞一郎氏の「この程度じゃ『GT−R』の名はやれない」の一言で「GT−S」というグレードに落ち着いたという、ホントかウソかわからないスカイラインが、このR31タイプです。

 

 

当時、マークⅡやチェイサー、クレスタなど、トヨタの「ハイソカー」に対抗できるタマを持たない日産が、7代目のスカイラインのモデルチェンジに合わせて、スポーティ路線をやめて「都市工学」なんてキャッチフレーズで出てきちゃったもんだから、それまでの熱心なファンから総スカンを食らっちゃった悲劇のモデルです。

 

当初、4ドアセダンと4ドアハードトップだけだったのも良くなかったみたいで、翌年、2ドアクーペが出る時に、前述のネーミング騒動があったわけです。

 

電動のフロントリップスポイラーなんて装備もあったように記憶してますが、ちょっと小手先な感じですね。
途中で、「GTS−R」なんていうグレードも出たり、トミーカイラが3000ccの公認チューニングカーを出したりと、着々とGT−Rへの布石が敷かれていことになります。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 6:52 PM  Comments (0)

80年代スポーツカー(スープラ)

出た、スープラです。
もちろんXX(ダブルエックス)の後継なんですが、セリカの名前が落ちて、立派なヘビー級のスポーツカーになりました。

 

 

デザインは、今にして思えば、太いBピラーにリトラクタブルライト、ブラックアウトの細いCピラーと、教科書どおりですが、キレイにまとまっていますね。

 

スペック的にも、電子制御の4輪ダブルウィッシュボーンとか、3Lのツインカムターボとか、派手派手です。

 

でも、なぜかスープラに対しては、ビックリするくらい憧れなかったなあ。
何でだろう?
別にキライじゃありませんでしたし、スタイルとかも好きなんですが、なんか「欲しい」とか「乗りたい」という気にならなかったんです。
ですから、ここで書けるコメントもほとんどありません。
ごめんなさい。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 6:58 PM  Comments (2)

80年代スポーツカー(フェアレディZ31)

83年に、フェアレディZが、230馬力という、当時としては驚きのパワーを引っさげてデビューしました。

 

 

半開きのリトラクタブルヘッドライトと、いわゆるロングノーズ・ショートデッキのフォルムで、やっぱ憧れのスポーツカーとして君臨していました。

 

それから、Tバールーフ。
MR2でTバールーフを所有しましたが、けっこう面倒でした。
でも、まあサンルーフよりずっと開放感がありますので、いいトコ取りとも言えますし中途半端とも言えますね。

 

2Lモデルと3Lモデルがあって、そのせいか3Lモデルも、1700mmをちょっとだけ超える全幅にとどまっていました(2Lモデルは覚えてません)。
このあたりは、まだ3ナンバーの呪縛で、デザイナーさんも思い切ったことが出来なかったんでしょうかね。

 

それから、基本直6だったエンジンは、当時日本では珍しかったV6になりますが、これはある意味先見の明だったんでしょうか?

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 8:02 PM  Comments (0)

80年代スポーツカー(RX−7・FC3S)

80年代のど真ん中の85年に、サバンナRX−7がタイプFCにモデルチェンジされます。

 

 

太いBピラーの後ろに大きなガラスハッチ、リトラクタブルヘッドライトと、SAからのコンセプトは引き継ぎながら、ちょっとミドル級に上がってきた感じです。

 

クルマ自体もカッコいいんですが、「ブレードランナー」のテーマに合わせて山道を走るCMもカッコ良かった。

 

世界唯一のロータリーエンジンが12Aから13Bに変更になってターボが付いたり、リアは「トーコントロールハブ付きマルチリンク」という4WS機構も付いてて、技術的にもウンチク好きにはたまらないスペックでした。

 

兄貴が一時乗ってましたが、「80年代スポーツカー」の中では、「最高」の部類に入るクルマですね。

 

余談ですが、「頭文字D」の中で、コマのすき間に「やっぱセヴンはFCでしょ」という、作者しげの秀一の落書きがあります。
その前の「バリバリ伝説」でも、主人公のクルマでした。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 8:08 PM  Comments (0)

80年代スポーツカー(S12シルビア)

大ヒットしたS13の前のシルビアが、83年デビューのS12シルビアです。

 

 

ちょっと段差のあるリトラクタブルヘッドライトとか、大きなハッチドアを持ってるとか、デザインの要素はあのAE86と共通してる(デビューもほぼ同じ)んですが、今見ると、AE86の方が、ずっとバランスよくデザインされてますね。
でも、当時は好きでした。
それに、AE86のデザインでは、トレッドが超狭いという、致命的な欠点があるんですが、S12の方は、トレッドも広くとってあり、タイヤが踏ん張って見えました。
この点は、S12の圧勝です。

 

クーペとハッチバックがありますが、当時高校生だったり浪人生だったりしたワタシには、なんて輝いて見えたことでしょう。
「大学行ったら、あれに乗りたい」って、けっこうマジメに考えてました。

 

余談ですが、当時「軽井沢シンドローム」という漫画にハマっていましたが、その作者のたがみよしひさが、確か、このシルビア(ガゼールだったかも)に乗ってたはずです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:32 PM  Comments (0)

80年代スポーツカー(スタリオン)

久々に「80年代スポーツカー」です。

 

三菱のスタリオンが出たのが、82年ですから、ワタシは高2ですか。
リトラクタブルヘッドライトをはじめ、随所に、当時の「カッコいい」を盛り込んだクルマで、実際ワタシも「けっこうカッコいい」と思っていました。
(決して「メチャメチャカッコいい」とは思ってませんでしたが。)

 

 

Bピラーがぶっとくて、リアゲートのガラスハッチを支える、ブラックアウトされた細いCピラー、というのは、RX−7(SA)なんかと共通のデザインで、ポルシェ924なんかとも似た、当時のスポーツカーの定番デザインでした。
90年まで作られますから、モデル末期では、ちょっと古くさい、武骨なデザインとなっていました。
2Lですから、5ナンバーに収まる全幅や、フェンダーミラー、14インチの70タイヤなど、時代のせいでちょっと残念なところが多いんですが、そのあたりのしがらみから解放してやりたかったですね。

 

このクルマに関しては、とにかくデザインの印象しかないんですが、この後のGTOにつながる、三菱のカッコ良さを狙ってるんだけどちょっと垢抜けないデザイン、けっこう好きでした(笑)。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 8:04 PM  Comments (0)

プロ野球観戦 2

8月9日ですから、熱心な中日ファンの方は忘れられない日でしょうか。
ちょうど谷繁監督が休養に入ったその日の試合でした。
ヤクルトファンにとっても忘れられない日ですが、これは後ほど触れます。

 

ど平日の火曜日ですから、お客さんの入り具合もこんなもんです。

 

 

試合自体は石川と吉見の投げ合いで、地味な・・・渋い投手戦でした。
観に行ってる立場からすると、もっとパンパン打ち合ってほしいですけどね。

 

さて、完全にアウェーながらも、山田の活躍だけは見たと思っていたら、2回早々に引っ込んでしまいました。
中日ファンのみなさんも、山田が引っ込んだアナウンスで「山田だけは観たかった」と嘆いていらっしゃいました。
テレビならすぐ情報が入るのかもしれませんが、球場だとかえって情報が入りません。
肋骨の骨挫傷だそうですが、なんだよう、見るもの無くなっちゃったよう。
で、仕方なしに、ドアラのバック転失敗をカシャ。

 

 

まあ、それでも、外野の守備位置の微妙な動きとか、プロならではのグラブトスとか、充分楽しめました。

 

その後、兄貴と一杯引っかけて帰ってきましたが、なかなか楽しかったです。
ちなみに、試合は延長10回、中日のサヨナラ勝ちでした。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 8:36 PM  Comments (0)

プロ野球観戦 1

最近は、プロ野球にほとんど興味がなくて、どこの球団にどんな選手がいるかもロクに知りません。
一応、ヤクルトファンではあるんですが、今知ってるのは山田くらいです。

 

かれこれ30年くらい前、関根監督のもと、池山や古田、広沢なんかが伸び伸びやっていた頃はホント好きでした。

 

そんな状態なので、もう何年もプロ野球を観に行ってないんですが、この前、兄に誘われて久々にナゴヤドームに行ってきました。
ナゴヤドームも、もう20年ぶりくらいです。

 

 

現状の順位で言えば目クソvs.鼻クソみたいな中日対ヤクルト戦ですが、まあ、球場の雰囲気だけ味わいに行ってきました。
中日ファンの兄がゲットしたチケットが、ライト側の外野席だったので、仮に山田が活躍しても、ガッツポーズもとれませんが、まあ、美味しいビールが飲めれば充分です。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:43 PM  Comments (0)