80年代スポーツカー(フェアレディZ31)

83年に、フェアレディZが、230馬力という、当時としては驚きのパワーを引っさげてデビューしました。

 

 

半開きのリトラクタブルヘッドライトと、いわゆるロングノーズ・ショートデッキのフォルムで、やっぱ憧れのスポーツカーとして君臨していました。

 

それから、Tバールーフ。
MR2でTバールーフを所有しましたが、けっこう面倒でした。
でも、まあサンルーフよりずっと開放感がありますので、いいトコ取りとも言えますし中途半端とも言えますね。

 

2Lモデルと3Lモデルがあって、そのせいか3Lモデルも、1700mmをちょっとだけ超える全幅にとどまっていました(2Lモデルは覚えてません)。
このあたりは、まだ3ナンバーの呪縛で、デザイナーさんも思い切ったことが出来なかったんでしょうかね。

 

それから、基本直6だったエンジンは、当時日本では珍しかったV6になりますが、これはある意味先見の明だったんでしょうか?

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 8:02 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">