オカルトチューン

昔から、怪しげなカー用品は出回っていますね。

 

昔は、プラグとコードの間に噛ませる「ガンスパーク」に代表される点火系チューンが流行りました。
以下、個人の感想です。
ハイテンションコードくらいはさすがにそこそこ効果を感じましたが、ガンスパークとかは、正直、プラシーヴォ以上の効果は「?」でした。
ただ、昔、MR2の頃、「ミラクルパワー」といういかにも眉唾な名前の商品に行き当たりまして、これは、買った店の駐車場で取り付けて、クルマを出そうとバックした時に「げ、効果ある!」と思ったコトがあります。
まれにこんな経験にぶち当たるものですから、困ったものです。

 

点火系とは別に、電気系のチューンもありますね。
ちょっと前に流行ったアーシングは、名前のカッコ良さもあって、けっこう試したりしました。
ワタシの111Rには、HKSのアーシングキットも施してあります。
が、これもビックリするほどの効果でもないですね。

 

オイル添加剤とかも、オイルに混ぜるだけでパワーと燃費がアップするとか言われますが、これもそんなに圧倒的なものでもありませんでした。
ただ、少しエンジン回転が滑らかになったかな、とか思う程度で、例えば燃費に違いが出たとかいう経験はほとんどありません。

 

そして、全然理解できなくて、最近じゃオカルト系なんて呼び方もされる、謎のチューニングもありますね。
SEVなんかもそうですし、イオン系なんて言われるものとか、どういう理屈で性能がアップするのか全く正体不明なものもあります。

 

でも、そんな怪しいチューニング用品、高くなければ大好きなんです(苦笑)。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 8:55 PM  Comments (0)