導電実験 1

アルミテープをクルマの方々(ほうぼう)に貼り付けてみた話を先日アップしました。
すると知り合いから「アルミはともかく、テープの糊部分が電気を通さない可能性があるよ」とご指摘をいただきました。

 

言われてみればその通りです。
昔、ハンダづけがわずらわしくて、導電性のボンドがないか探したことがあるんですが、確かに全然ありませんでした。
糊は電気にとって鬼門です。
トヨタも、アルミテープチューンに際して、電気を良く通す糊を探す所から始めたようですし。

 

自己流でアルミテープを貼った人の記事なんか見ると、普通にホームセンターや100均で売ってるアルミテープで「効果あり」なんて書かれてますが、実際どうなんでしょう?
ワタシ自身は、そもそもハンドリングの違いなんかには鈍感な方なので、アルミテープが効いている実感はほとんどないんですが(アルミテープの感想は後日まとめます)、効果がないのか、ワタシが鈍感なのか、糊のせいで電気が通っていないのか、確認しておきたいところです。

 

そこで、糊で貼り付けるアルミテープが電気を通すのか通さないのか、実験してみることにしました。
と言っても、そんなにたいそうな実験じゃありません。
方法は、電池式のランプの電池にアルミテープを貼って、灯が点くかどうか確認するだけです。
懐中電灯でも良かったんですが、ぱっと目に付いて分かりやすかったので、ランプにしました。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 111R — カーマくん 5:55 PM  Comments (0)