導電実験 2

さて、まず、電池の一つに、剥離紙のついたままのアルミテープの切れ端を挟み込んでみます。
すると、さすがにスイッチを入れてもランプが点きません。
これで、実験のベースが確認できました。

 

では、電池のうち一ヶ所にアルミテープを貼ってみます。

 

 

見栄えは全然ダメですが、これをセットして、灯が点けば電気を通してるということです。
すると、スイッチを入れてから、一瞬間があって、イヤイヤな感じで灯が点きました。
点いた後は、イヤな感じもなく普通の明るさになりました。

 

 

おお、これなら、充分電気を通してるってコトです。
最初のイヤイヤな感じがちょっと気にかかりますが、とにかく、電気を通すことが確認できたので、あとは、いろんな所に貼りまくって、効果を検証していきたいです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 111R — カーマくん 7:38 PM  Comments (0)