1989年 13

そして、ここからしばらく「スペシャルティカー/GTカー」のジャンルに突入します。

 

MR2…パワーを甘く考えている。やや危ないクルマだ
ワタシの乗ってた、SW20タイプのMR2も「花の89年組」です。
分かっちゃいました、というか、覚えていましたが、徳さんの評価は良くありません。
確かに、ノーマルでは脚回りの煮詰めが確かに甘く、連続するコーナーでは、1つ目の揺り戻しが2つ目のロールの最中にやってきてスゴク怖いんです。
これは、ショックの交換で劇的に改善されましたが。
この程度の煮詰めもせずに出してきたトヨタもトヨタですが、それが通ってしまう、イケイケな時代だったってコトでしょうか。
この後のスープラの中で「トヨタは本格的なスポーツカーを持っていない」と、なかなか切ないことを言われています。

 

スープラ…派手というより下品。スポーツカーとはいいにくい
これもさんざんな言われようですね。
太いBピラーの後ろにガラスハッチという、よく流行ったスタイルを上手にまとめてあると思いますが、徳さんに言わせると「下品のきわみ」だそうです(笑)。
個人的には、この後の2代目スープラの方が下品な印象なんですが。
スペシャルティカーのセリカに6気筒を積んじゃって、セリカのイメージの高級クーペとしてスタートした初代「XX」が、二代目でけっこうスポーツカーっぽくなっちゃって、それを引き継いだスープラは、どこへ行きたいのか分からないまま世に送り出されたクルマですね。
ただ、前にも書きましたが、スープラって、なんかワタシと縁が薄くて印象も薄い関係なんです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 8:20 PM  Comments (0)