先週、父が永眠しました。
81歳でしたから、もう少し先かなと思っていたんですが、仕方ありません。
湿った話になりますので、読み飛ばしていただいて結構です。
何となく、自分の気持ちの整理のために書き留めておきたい、という思いです。

 

父は、金儲けは上手くありませんでした。
でも、いろんな人から信頼される仕事をしたと思います。

 

父に教わったことは、人生の本道というより、「のりしろ」の部分だったように思います。
小学生の後半にもらった釣り道具は、今でも活躍していますし、このまま行けば娘にも引き継げそうです。
海釣りにちょいちょい連れていってもらったり、その帰りに、人生初の「ビフテキ」なるものを食べさせてもらったりしました。

 

当時は「アウトドア」なんてこじゃれた言葉はありませんでしたが、シュノーケリングとか、それをしながら魚を釣ったり突いたりとかも教わりました。
それを捌いて食べることも父からです。

 

このブログ的には、ワタシがクルマ好きになったのは、ずっとスカイラインを乗り継いでいた父の影響が大きかったです。
ここしばらくは、さすがにスカイラインではしんどくなったのか、軽トラがお気に入りでしたが。

 

仕事に就いてからは実家を出てしまったので、近くにいての親孝行はあまり出来ませんでしたが、遅くに出来たウチの娘(父にとっては遅い孫)の顔を見るのをとても喜んでくれました。
近くに用事があっても、ウチに上がり込むなんてほとんどなかった父が、娘が生まれてからは大した用事がなくてもウチに上がって顔を見ていってくれました。
亡くなる直前の日曜日に、たまたま着物コンテストで振り袖を着た娘を見せに行ったら、朦朧として寝たままだった父が大きく目を見開いて、ピースを出して娘と写真に収まってくれました。

 

父さん、お疲れさまでした。
ありがとうございました。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 9:04 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">