エアロツインマルチ 2

交換は至って簡単でした。
特に書くことは何もありません。

 

さすがにスッキリしています。

 

 

室内から見ても、こんな感じです。

 

 

すみません、PIAAの写真撮り忘れました。
大した作業じゃありませんが、もう一度付け外しをするのも面倒なのでご容赦ください。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: グッズ — カーマくん 8:13 PM  Comments (0)

エアロツインマルチ 1

いやあ、家族がみんなインフルにやられちゃいまして、昨夜はとうとうワタシも熱が出ました。
今日、お医者いったら、「状況証拠は黒だけど、検査は陰性だねえ」と、よくわからないことを言われちゃいました。
えっと、ワタシは明日、仕事いってもいいんでしょうか?

 

さて、そんなわけで、BOSCHのエアロツインマルチにしてみましょう。
エアロツインのU字フックに対応した製品には、AタイプとBタイプがあって、曲率の高い方に対応しているのが、Bタイプだそうです。

 

お店に行ってみたら、Aタイプしかありませんでしたので、仕方なしにAタイプを購入します。

 

 

Aタイプでもけっこうな弓形ですが、Bタイプってもっと曲がってるのかな?

 

さて、現状のPIAAでは、端っこが5.5センチくらい浮いています(カーマくん調べ)。

 

 

エアロツインではどのくらい浮くんでしょうか。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: グッズ — カーマくん 8:29 PM  Comments (0)

ワイパー

エリーゼのワイパーゴムがくたびれてきました。
前回のゴム交換の記録がロクに残ってませんが、ま、1年半くらいは使っている気がします。

 

ゴムだけ交換しようと、はじめは思ったのですが、金属部分(の見た目)がだいぶくたびれてきています。

 

 

サビが出てきていますし、黒い部分もだいぶ白っぽくなっています。
機能的には問題ないんですが、みっともなくなってきたので、ブレード全体を交換するコトにしました。
ま、ワイパーのメーカーは、ゴムは半年ごと、ブレードは1年毎に交換しなさいなんて言ってますが・・・。

 

問題は、どんなブレードにするか、です。
今まではPIAAのスポイラー付きを使っていたんですが、そろそろエアロツインマルチにしてみたくなってきました。

 

エリーゼのフロントガラスは特に端の方(Aピラー近く)の曲率が高くて、エアロツインでは端が浮くという話はよく聞きます。
でも、今のPIAAも、純正のシンジケートも、どうしたって端の数センチは浮いていましたから、まあ諦めましょう。
どうせ端っこだし・・・。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 111R — カーマくん 6:21 PM  Comments (0)

1989年 19

アルシオーネ…なぜ作るのをとめる人がいなかったのか
SVXになる前の、リトラクタブルのモデルです。
地球防衛軍がスタリオンなら、アルシオーネは宇宙防衛軍が採用しそうです。
リアピラーをブラックアウトして、強烈なウェッジシェイプのノッチバックという、当時の文法にのっとったクーペなんですが、なんだかペキペキしてます。
タミヤの1/24スポーツカーシリーズのプラモを3種類くらい買ってきて、適当に組み合わせて1台作った、改造プラモみたい。
当時のクルマって、当時は良くても今見るとなんかバランスが変、と思えることが多いんですが、アルシオーネはもしかしたら今見たら、絶妙にバランスが良く見えるかもしれません。

 

ピアッツァ…美人薄命。理解されずに終わるか
ジウジアーロデザインの、超美しいクーペスタイル(マヨネーズのパッケージ的でもありますが)ですが、どうも小学生男子にダブルのスーツを着せているような印象が拭えませんでした。
そもそも、専用シャシーや専用エンジンを開発する余裕もなくて、初代のジェミニとかからの流用でしたから、ホイールハウスからタイヤがうんと引っ込んでいました。
ちょうどAE86のように、全幅に対してトレッドが狭かったんです。
エンジンも117クーペとかジェミニとかからの流用でしたから、ちょっと残念です。
それなのに、スタイルは超絶美しい。
それなのに、フェンダーミラーでデビュー。
ダブルのスーツを着て転向してきた坊ちゃんをよってたかっていじめてるような構図ですね。
ピアッツァは、今写真などで見ても美しいスタイルですから、やはりこのあたりはジウジアーロの天才ぶりが遺憾なく発揮されていますね。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 8:27 PM  Comments (0)

1989年 18

さて、新年の試乗ラッシュもちょっと一息ついて、再びタイムスリップしてみましょう。

 

RX−7…ライバルが出てきたが色あせてはいない
ここでいう「RX−7」は、いわゆる「FC」というタイプで、ワタシの乗っていた「FD」より一代前になります。
「頭○字D」では、髙橋兄弟の頭脳派のお兄ちゃん、涼介の愛車として登場します。
マンガでは、コマのすき間に「やっぱセヴンはFCでしょ」なんていう作者の落書きもあったりします。
カーマ実家でも頭脳派というわけでもないお兄ちゃん、アニキが乗っていました。
コメントどおり、徳大寺御大の評判も上々です。
5ナンバーに収めてますから、今にして思えばすごくコンパクトですね。
ちょっと肩の力を抜いたロードスターに対し、全力で作られたスポーツカーがRX−7です。
逆に言えば、RX−7があったからこそ、ロードスターのキャラクターが許されたワケで、今のNDはちょっと大きなものを背負わされ過ぎかもしれません。

 

スタリオン…恐るべきマッチョスタイル。もはや語るべきこともない
「ガンダムチック」という言葉がいちばんピッタリ当てはまるのが、スタリオンですね。
個人的には決してキライではないんです。
地球防衛軍のクルマとして選ぶなら、正直これしかありません。
部分部分を見ると、すごくカッコいいんですが、出来上がったものは、ちょっといびつになっています。
周りのクルマがあまりにも出来が良くなってしまった時代でしたから、不利な戦いを強いられましたが、キライになれない憎いヤツです。
翌年、GTOがデビューしますが、こちらも「血統」を継いでいましたね。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 9:11 PM  Comments (0)

vs.ノートe-POWER 4

前に気になった細かい揺れは、改良されたのか、モーターシステムのせいで重くなったからか、今回は気になりませんでした。
普通のノートは、1,000kgちょいの車重なんですが、e-POWERは150kgくらい重くなっています。
モーターとバッテリーって、やっぱり重いですね。

 

セールス氏が、フィットハイブリッドやアクアとの比較の資料を見せてくれました。
やはり、ライバルはこの2車を想定しているようですが、3車とも月販第1位を獲ったワケですから、レベルの高い争いですね。
このあたりの争いに日産が名乗りを挙げられるようになったのは喜ばしいコトで、日本の自動車業界全体にもいい影響を与えそうです。

 

e-POWERの価格は180万くらいから220万くらい。
これはスーチャより約25万くらい高くて、NAより50万くらい高い。
こうなると、e-POWERは魅力的なクルマですが、50万安いNAの存在が気になります。
ノートが欲しい、と思った人も、最後の最後で楽しく悩めそうです。

 

そうそう、日産車のグレードなんて、あまりちゃんと見たコトなかったんですが、ノートの高級仕様に「メダリスト」なんてグレードがありました。
ワタシくらいの年齢だと、「メダリスト」って言われると「ローレル」の印象が強いんじゃないでしょうか。

 

さあ、そんなワケで、ノートe-POWER、ベストセラーになるだけあって、いいクルマでした。
久々の日産のベストセラーですから、これを機に、日産が勢いづくと面白くなるんですけどね。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 未分類,試乗 — カーマくん 8:02 PM  Comments (0)

vs.ノートe-POWER 3

運転感覚は、慣れない人にとっては、かなり新鮮なものじゃないでしょうか。
エンジンはただ発電に使っているだけですから、アクセルと連動して回転が上がるわけではありません。
ただ、そのこと自体は、そう違和感ありませんでした。
最近は、エンジンが静かですし、普通のクルマなら、エンジンだって3,000回転も回せばいいほうで、せいぜい2,000回転くらいまでですからね。
それより、立ち上がりからいきなりドーンとパワフルな加速感は、モーターならではです。
モーターの馬力は95馬力ですが、モーターの場合は26キロという、スーチャモデルの倍くらいあるトルクがモノを言いますね。
ちなみに、モーターは、リーフのものをデチューンして乗っけてあるそうです。

 

動力系で言えば、プラグインハイブリッドとも違いますから、電源ケーブルをつなぐ「コンセント」はありません。
電気自動車やプラグインを考えると、自宅に電源を用意しなくてはならないのがけっこうハードル高いと思うんです。
それがないだけでも、随分敷き居が下がったと思います。
これ、結果的に電気自動車普及の起爆剤になるか、はたまた電気自動車の首を絞めるコトになるか、今はちょっと読めません。

 

そして、積極的に回生を行うモードにすると、ほとんどブレーキを使わないで、アクセル操作だけでスピードを上げたり下げたりできるようになります。
この経験は、ワタシ自身はBMWのi3以来ですが、それを経験していないと、面白いと思えるか、違和感に思うか評価が分かれそうです。
i3よりは回生が強力じゃないようで、最後の最後はブレーキを踏まないと心配な感じでした。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 8:06 PM  Comments (0)

vs.ノートe-POWER 2

ノート自体には、デビューした時にスーチャのモデルに乗っています。
その時も思いましたが、リアシートがいい感じの広さで、座り心地も良好です。
トランクもそこそこ広くて、スペース効率の良さは相当なものです。

 

ただ、前回は、細かい振動が気になりました。
マイナーチェンジで、そのあたりは改善されているでしょうか?

 

スタイルには大きな変更はありません。

 

 

ワタシ、ノートのスタイルはけっこう好きです。
似たようなイメージのラクティスよりは、だいぶ好き。

 

さて、運転席に乗り込み、走り出します。
e-POWER仕様車は、シフトノブが小っちゃなドアノブみたい(もしくは、昔の自転車のベルみたい)な形でちょっと未来っぽいですが、使い勝手はそう悪くありません。
MTじゃありませんから、そういじりませんし。

 

雪のチラつく、愛知県としては異常に寒い日でしたので、基本的にほとんどの時間、エンジンがかかっていましたが、通常はもっと頻繁にエンジンが切れるそうです。
エンジンは特に発電用の新開発とかではなく、通常のノートと同じ1.2Lエンジンです。
ただ、回転数なんかは、いちばん効率のいいあたりにほぼ固定されている設定だそうです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 8:09 PM  Comments (0)

vs.ノートe-POWER 1

国産車の情報に疎くなっていたので、ノートのe-POWERというクルマのコトをよく分かっていなかったんですが、昨年11月にe-POWERがデビューしてからバカ売れで、日産としては30年ぶりに月販首位を獲ったそうです。
クルマ好きを自認しているワタシにとって、ちょっと反省材料です。

 

 

さて、そのe-POWERというのは、分類としてはハイブリッドなんでしょうが、エンジンは、モーターを動かすための発電機として使われ、駆動には一切関わらないんだそうです。
発電機を積んだ電気自動車というワケですね。
潜水艦みたいなシステムです。
実は、ワタシは昔からこういうシステムのクルマが出てもよさそうだと思っていたんですが、出ないのは効率が良くないからなのかなあ、と勝手に思っていました。
「やるじゃん、日産(by矢沢永吉)」ですね。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 5:25 PM  Comments (4)

フェラーリJ50

当然、雑誌やネットの写真でしか見てませんが、フェラーリが日本進出50周年を記念して10台限定で出したフェラーリJ50。

 

 

(写真は、フェラーリの公式ウェブサイトから勝手にパクりました。問題あれば削除します。)

 

うう、超絶カッコいい!!!
あまりにもカッコいいですぅ!

 

このところのフェラーリ様は、カッコいいんだけどちょっと微妙なところがあるぞ、という感じのデザインでしたが(個人の感想です)、J50はどこをどう切り取ってもカッコいいざんすぅ!

 

これなら、ワタシのエリーゼから浮気しても許してもらえそうですが、向こうが相手にしてくれません(涙)。
なんせ、限定10台で、お値段は3億円超!
すでに完売!

 

世の中、景気のいい人もいらっしゃるんですね。

 

ところで、屋根、どうなってるんでしょう?
屋根がなかったら、通勤に使いづらいなあ(爆)。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 6:05 PM  Comments (0)