vs.トヨタC−HR(ターボ) 2

セールス氏が試乗の準備をしている間、展示車に乗り込んでみました。
リアドアを開けようとしたら、これも(スイフトみたく)ドアハンドルがピラー(と一体化した巨大な窓枠)に埋め込まれているんですが、かなり高い位置にあるので、メッチャ違和感がありました。

 

 

リアシートは、真っ当な広さで、座り心地も決して悪くはありませんが、ドアを閉めたら、その「巨大な窓枠」が顔の真横に来て、暗いんです。
もちろん景色は見えますが、なんかトンネルの出口近くにいるみたいで、かなり閉鎖感が強い。
ま、ハナから「開放感」は求めていないのかも知れませんが、それにしてもやっぱりこのクルマは「クーペ」と捉えないと不満が出そうです。

 

トランクは、そこそこの広さですが、ハイブリッドを設定しているせいか、やけに床面が高くて、浅い感じでした。

 

ハイブリッドが2駆、ターボが4駆と、妙な設定ですが、試乗に充てられていたのはターボです。
1.2Lの、いわゆるダウンサイジング・ターボですが、けっこう大柄なボディに対して、果たしてどうでしょうか。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 8:14 PM  Comments (0)