vs.トゥインゴ1.0MT 2

スンスンとシフトアップをしてしまうと、確かにちょっと遅い感じは否めません。
5速のMTですが、ルノー岡崎の試乗コースを楽しもうと思ったら、せいぜい3速くらいまででガンガン回してやるのが正解です。
気持ちよく乗ろうと思ったら、案外燃費悪いかも・・・。
それより、タコメーターが欲しい。
このクルマならタコは必須だと思うんだけどなあ。

 

でも、低いギヤを引っ張って、ブン回しながら乗るのは、この上なく楽しいクルマです。
ターボもそうでしたが、基本的にメチャ静かなので、ブン回していると、気が付くとよわキロくらいのスピードが出てたりします。
あとから、「スピードメーター、合ってるよね?」と、つい確認したくらいです。

 

そして、ブン回していると、上の方ではメチャいい音がします。
音だけでなく、アルファのエンジンのような、細かいツブツブ感があって、好き者なら、ついつい回したくなるエンジンです。
1.0Lくらいのエンジンと言えば、フィアット500のツインエア(0.9L)がありますが、個人的には2気筒はさすがに荒っぽすぎてあまり好きじゃありませんでした。
ターボ付きもNAも、3気筒のこちらの方が好みです。
同じルノーの中でも、ターボよりもビート感が色濃く出ているのはNAの方でした。

 

試乗車には、正式なディーラーオプションではなく、「ショップで後付け」的なスロットルコントローラーが付いていました。
「チューンペダル」という製品で、パワーがアップするわけではありませんが、アクセル開度に応じて少し余分にアクセルを開いてくれるモノのようです。
自分の感覚よりちょっとレスポンスが上がることになり、なかなか面白い商品でした。
コレ点けたら、確かにレスポンスが上がりました。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 8:06 PM  Comments (0)