1989年 25

日本車は、前回までで終わりました。
ここからは、ちょっとオマケ的に添えてある輸入車コーナーになります。

 

VWゴルフ…美点は合理に徹していてしっかりできていること
1989年当時のゴルフは、ゴルフⅡですね。
今や、キープコンセプトという言葉を使うのもバカらしいくらい、頑なに変わらないゴルフのスタイルですが、個人的には初代のスタイルがいちばん好きです。
「間違いだらけのクルマ選び」を読んでいると、とにかくいかにゴルフがよく出来ていたか・・・というより、いかに徳さんがゴルフに衝撃を受けたかが痛いほど伝わってきます。
それにしても、コンパクトですね、初期のゴルフ。
でも、初代から二代目で、全長で20センチ以上、幅でも5センチ以上大きくなっています。
その後もゴルフは、代を追うごとに大きくなって、3代目では4m超え、4代目では3ナンバー超え、今の7代目では、1,800mmの全幅を持っています。
なんかちょっと、さすがに大きくなりすぎて魅力が薄れてしまった気がします。
コンパクトでこそのゴルフだと思っていたんですが。

 

アウディV8…高級車としての認知にはまだ時間が必要
ドイツ車と言えば、高級車はベンツ、高級でスポーティーなのがBMW、大衆車がワーゲンと、なんとなくカテゴライズされていて、アウディはなんとなく立ち位置がはっきりしない印象があります。
あえて言えば、先進的なアウディ、というトコロでしょうが、それだけではちょっと印象が薄いなあ。
今でも、アウディって、なんとなくどこにいきたいのか、キャラクターがはっきりしてませんね。
少なくとも、一般人には。
徳さんの予言通りです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 7:18 PM  Comments (0)