vs.2代目ヴィッツ 3

室内は、収納に凝ってるようで、やたら物入れがあります。
ご丁寧にフタがちゃんと閉まるんですが、これが若干「帯に短しタスキに長し」で、例えばサングラスとか、シャッターのリモコンとかがキレイに収まるスペースがありません。
ダッシュボードは滑らかに下がっていて、上にものを置くことはできません。
ここまで収納に凝るなら、ダッシュボード上に、ちょっとした凹みを作ってもらうとなおよかったんですが。

 

それから、やっぱりセンターメーターは見づらい、というか、あまり見てません。
違和感があるのは特に夜です。
ライトを点けても、真正面に灯がともらないのは、ちょっとヘンな感じです。
前に書きましたが、特にバックで車庫入れする時なんか、正面が真っ暗なので、ステアリングの切れ角が把握しづらいです。
無意識なんですが、普段は、計器盤の灯を頼りに、ステアリングの切れ角を目の端で見てるんですね。

 

いろいろ書きましたが、でも、基本的にはすごくいいクルマだと思います。
ヴィッツに乗っていて、「じゃ、何が足りないの?」と言われても、特に足りないものはありません。
燃費とかも、ちゃんと算出できませんでしたが、70キロくらいの道のりを走った時でも、燃料計がほとんど動きません。

 

ホントは、もっと細かく、いろいろ突き詰めた試乗をしようと思ったんですが、「事情」があって、そうもいきませんでした。
機会があれば、また乗ってみたいです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 8:39 PM  Comments (0)