オイル交換2017(エリーゼ編)

GWになりました。
オイル交換の時期です。

 

昨日は家族サービスで潰れたので、今日やることにします。
エリーゼの交換は、まあルーティンですが、ここらで、最近エリーゼを買われた方の参考に、手順のおさらいだけしておきます。
1.左リアのタイヤのボルトを緩める。
2.アンダーパネルを留める左右のボルト(6本)を外す。
3.車体の左リアを持ち上げるてウマも噛ませておく。
4.下に潜り込んで、アンダーパネルのボルト(5本+2本)を外す。
5.アンダーパネルを外して、車体下から外にどけておく。
6.「オイル交換ボックス」を組み立て、ドレンの穴の下に設置。
7.ドレンボルトを外す。
8.オイルを抜いている間に、左リアのタイヤを外す。
9.インナーフェンダーの前のプラボルト(2本)を外す。
10.インナーフェンダーの前側をはがす。
11.パワーフローのフィルターを交換して、インナーフェンダー、タイヤを戻す。
12.車体を一度下げ、オイルを抜き切る。
13.もう一度車体を上げ、ドレンボルトをはめる。
14.オイルフィルターを交換する。
15.アンダーパネルを戻す。
16.新しいオイルを入れる。
と、まあ、横着なやり方な割に面倒です。
ホントは、アンパネを戻す前にオイルの漏れなんかをチェックすべきでしょうが、さすがにしんどくて無理です。

 

だって、もう一台あるんだもん。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 111R — カーマくん 6:30 PM  Comments (0)

1989年 29

シトローエンのクルマ…価格、サイズ、個性で手ごろなのはBX
ヨメさんのママ友の旦那さんがシトロエン乗りで、代車で来ていた「2CV」を味わわせていただいた話はだいぶ昔にアップしましたが、シトロエン乗りの方は、マジで「漢(おとこ)」だと思います。
その刷り込みが出来てしまったのは、田中むねよし氏のマンガ「ボルト&ナット」です。
その中で、「BX」に手を出した主人公が、さすがに持てあまし過ぎて手放してしまうエピソードがあったワケです。
シトロエンのハイドロシステムには、残念ながら乗ったことがないんですが、一度は味わってみたいものです。
その「BX」が、果たして「手ごろ」と言えるかどうかは怪しいものですが、ドロ沼覚悟で乗ってみたいクルマではあります。

 

プジョーのクルマ…西ドイツ車的になって選ぶ理由は希薄に
考えてみれば「西ドイツ」と言っているトコロからして、時代を感じさせますが、当時のプジョーは、「205」ですね。
205以前の「プジョー」って、「刑事コロンボ」の愛車が超オンボロの「プジョー・コンバーティブル」だったせいで、「ボロいクルマ」という刷り込みが出来てたんですが、実際のところ、全然知りませんでした。
もう一世代前の「ターボ2」と「5」の関係のように、「ターボ16」と「GTI」の関係が、全体のイメージを押し上げていました。
徳さんの言う「西ドイツ車的」というのが、どんな点を指しているのかピンと来ませんが、「柔らかい」というのフランス車のイメージに対して、「硬い」感じになったというコトでしょうか。
この後の「206」がデビューした時にも「フランス車的じゃない」「ドイツ車的だ」と言われましたが、世界的に「ドイツ車的」になっていくのは、このころからだったようですね。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 8:46 PM  Comments (0)

1989年 28

ランチアのクルマ…気品あるテーマを推す。早急に右ハンドルを
「ランチア」と言うと、いついかなる時も、「ストラトス」が浮かぶんですが、1989年当時のランチアは「インテグラーレ」でお馴染みの「デルタ」や、フィアットやアルファ、サーブなんかと共同開発の「テーマ」の時代です。
ここで薦められている「テーマ」は、ジウジアーロデザインの、落ち着いたセダンですが、まだこの時代のランチアに乗るのは、ちょっと冒険ですね。
それでも、先人たちが頑張ってくださったおかげで、今ワタシたちが輸入車に乗れるワケです。
ワタシは、デルタのセダンモデルの「プリズマ」のスタイルが好きでした。
いずれにしろ、手は出ませんでしたが。

 

ルノーのクルマ…小さいほどルノーらしい。フランス車らしさを残す
今でこそ、自分でルノーに乗ってますが、当時はやはりなかなか手が出ない存在でした。
このころのルノーは、「ターボ2」で有名な「5(サンク)」の後継の「シュペール5」の時代です。
素のシュペール5は、スッキリとすごくいいスタイルです。
リアハッチの角度などは、今のトゥインゴに共通する感じです。
当時のルノーは「21」というモデルもあったようですが、どんなクルマだったかほとんどピンときません。
逆に言えば、そんな時代に21に乗っていた方って、ものすごい「通」だったのではないでしょうか。
ローバーがあった頃、「75」とか「MG−ZT」といった、ごくごく普通のセダンにに乗ってた方って、相当「通」だと思ったものですが、そんな感じですね。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 8:23 PM  Comments (0)

留守電

仕事の関係とかで、個人に電話をかける時、当然ですが、相手が出ないことがあります。
たいてい、プルルルル・・・を12回くらい聞いた後で諦めて切るんですが、留守電につながることも、もちろんあります。

 

そんな時、ちょっとイラッとくるのが、「ただ今、電話に出ることができません。しばらく経ってからおかけ直しください。」と言って切れる留守電です。
「留守番」の役割を果たしてません。
「留守番電話」って言うなら、せめてメッセージくらい受け付けてくれればいいのに。
せっかくつながっても、「かけ直せ」では、意味がありません。
いっそつながらなきゃ、電話代もかかりませんし、どうせかけ直しますから。

 

ですが、最近、全然別の切り口でイラッとくる留守電に出くわしました。
その留守電は、いきなりカン高い声で「ゴメンねー!!!」から始まります。
一瞬、友達と勘違いされたか、と思いましたが、その後「今は、電話に出ることが出来ないんだ!!「ピー」っと鳴ったら、お名前とご用件をお話してね!!(ハハッ!!)」と続きます。
※最後の「ハハッ」はどうもワタシが勝手にイメージしただけのようですが。

 

いや、そりゃ、世界一人気のあるカン高い声のキャラクターですから、お声を聞かせていただいただけで有り難く思わなきゃバチが当たりそうですが、そうは言っても、ちょっと能天気過ぎやしませんかね。
そもそも、ワタシ、あの有名なお方はキライじゃないんですが、あのカン高い声がダメなんです。
どうにも受け付けないんです。
ホントかウソか知りませんが、あのキャラクター作った人が裏声で吹き込んだそうですが、もっと似合った声がありそうだと思うんですけどね。

 

おっと、誰か来たようだ・・・

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:28 PM  Comments (0)

オメガ 4

翌日(土曜日)、何気なく時計を見たみたら、あれ? 昨日合わせた時刻からだいぶ進んでいます。
そこで、もう一度時間を合わせ直して、2時間ほどして見てみたら、今度は動いています。

 

が、さらに1時間後に見たら、止まっています。

 

機械が固いのか、接触不良かよくわかりませんが、一生懸命動こうとしているように思えます。
そこで、役に立つのかどうか分かりませんが、時刻合わせのリュウズを、手動でブンブン回して、動きの引っかかりそうなトコロもなにも、強引に動かしてみます。

 

さらに翌日(日曜日)、時計を見たら、おお、時刻が合ってます。
何とか本調子を取り戻したのか、まだダメかは分かりませんが、なんか、使えそうな見通しがついてきました。

 

ホームセンターへ行って、バンドとバネ棒を買ってきます。
時計につけてみたら、おお、もうちゃんとした時計です。

 

 

そして、この状態になって、何となく思い出しました。

 

そう言えば、父さん、こんな時計してた・・・。

 

いつ止まるとも知れない不安定な時計ですから、ちょっと実用にはまだまだですが、休日で少しオシャレなカッコウの時、してみようかな。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:47 PM  Comments (0)

オメガ 3

日曜日にポチって、1週間くらいかかるとのことでしたが、金曜日に届きました。

 

 

電池交換自体は、一瞬の作業です。
ただ、この「DeVille」という時計、秒針がないので、交換しても、すぐには動いてるんだか動いていないんだか分かりません。

 

耳に当ててみても、「チッチッチッ」という音はしていません。
時間を合わせて、しばらく放置です。

 

2時間くらいして、見てみたら・・・さっきの時間のままでした(涙)。
「今は もう 動かない そのと〜け〜い〜〜」
なんて歌が、平井堅バージョンで脳内再生されます。
愛用だったかはともかく、親父の時計が親父と一緒に死んでしまっても仕方ありません。

 

時計は動きませんが、一応電池はそのまま新品を入れておいて、裏ぶたもして置いておきました。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:12 PM  Comments (0)

オメガ 2

さて、ウチに帰ってきて、取りあえず裏ぶたを開けてみたら、特にムーヴメントが錆びてるとか、そんな感じもなく、昨日今日電池が切れて止まったような感じにも見えました。
で、電池の種類を見てみたら、品番らしき数字として「341」とだけ書いてあります。

 

う〜ん、腕時計の電池交換は何度かしましたが、見たコトのない品番です。
で、調べてみたら、「SR714SW」と互換性があるとのコト。

 

次の休みの日に、近くのホームセンターに行ったら、その規格のボタン電池、売ってません(汗)。
慌てて、ちょっと大きい家電屋に行って探してみましたが、やっぱり売ってません(滝汗)。
たまたま売り切れ、という感じじゃなく、その品番自体をハナから取り扱っていないようでした。

 

スゴスゴと引き揚げてきますが、今は、そんなコトじゃめげません。
Amaz○nさんで当たってみたら、ちゃんと出てきました。
SONY製が333円。
即ポチです。
でも、パッケージも見慣れないもので、おそらくほとんど流通していないモノなんでしょう。
それにしても、Amaz○n、おそるべし。
便利な時代になったものです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 9:05 PM  Comments (0)

オメガ 1

先日、父の葬儀関係の後始末で実家に行った際、「形見」というと大げさですが、父の遺した文房具とかがガサガサ出てきました。
父は、設計屋だったので、筆記具の関係とかが多くあって、適当にシャープペンとか定規とか、そんなモノをもらってきました。

 

そんな中から、腕時計のボディ部分が発掘されました。
安物かと思ったら、なんと「オメガ」でした。
ワタシ自身は、オメガというと、スピードマスターとシーマスターのシリーズくらいしか知りませんが、裏面を見たら、「DeVille」と書いてあります。

 

 

いかにも「オメガ」という感じじゃなくて、落ち着いた時計です。
もちろんこの時には動いていませんが、考えてみたらワタシ、腕時計はタグホイヤーとか、クロノグラフとかで、こういう落ち着いた時計は持ってませんでした。
で、もらってきちゃいました。
正直、電池を換えても動かないだろうな、と思いますが、いかにも「父の形見」っぽくていい感じです。

 

ただ、この時はまだ、「親父、こんな時計持ってたんだ?」程度の認識でした。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 9:06 PM  Comments (0)

メガーヌ夏タイヤへ17年春

時間軸はテレコになってますが、ACマインズへ行った日の午前中に、メガーヌのタイヤを夏タイヤへ戻しました。

 

今回も、作業的にはルーティンの、特にドラマのない作業です。
ジャッキアップの前に、4輪のボルトを少し緩めて、1輪ずつ持ち上げては、タイヤを交換していきます。
冬タイヤは、ハブリングスペーサーをかましてありますから、忘れずに取り外します。
なぜか、左側は、ホイールと一緒にスペーサーが外れてきますが、右側はスペーサーがハブに残ってホイールだけ外れてきます。
スペーサーの精度の問題か、ホイールの精度の問題か、はたまたハブの精度の問題か。
多分、ホイールが安物なので、ホイールの精度が一番怪しいんですが(苦笑)。

 

交換した後に、空気圧を計りますが、おお、4輪とも全然減ってない。
いつもは、この空気入れもけっこう面倒なのですが、今回は一手間省けました。

 

タイヤを交換した後、ホイールにコーティングのスプレーを吹きかけます。
どうやってもスプレーだとムラになってしまうので、とにかくいろんな角度からたっぷり吹き付けますが、果たして効果はどうでしょうか。

 

そして、お約束の外したタイヤ洗浄。
これが一番面倒くさくて、時間がかかります。
特に裏側はブレーキダストでコッテコテですし。

 

こうして、なんだかんだで2時間くらいかかって、年に2回のタイヤ交換作業、終了です。

 

明日、筋肉痛かな?

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: メガーヌⅢエステート — カーマくん 8:33 PM  Comments (0)

週末のACマインズ17年春

エリの入庫中、店の中で時間を潰していたら、Hさんに、「最近エリーゼの記事が少ないじゃん」とからかわれました。
「いや、さすがに12年も乗っていると、ネタも尽きます」と笑っていたら、「ネタのために、クルマ新しくする?」と来ました。
・・・無理です(笑)。
というか、エリーゼで全然満足してますので、ことさら新しく欲しいクルマもないですもん。
同じコトをおっしゃるお客さんが多いみたいで、これ、お店としては、嬉しいような悲しいような状況でしょうね。

 

さて、だいぶ前にもネタにしましたが、週末のACマインズは、いろんなクルマやお客さんが集まって面白いです。
この日は、211乗り(のはず)のKさんが、トライアンフのTR3で来てました。
「最近買っちゃった」とのコトで、もちろん増車です。
ごく普通のクルマで来店されてる時もありますし、セヴンもあったはずですので、一体、何台持ってるんだろう。
う、羨ましい。

 

それから、なんと、北海道から、というお客さんもいらっしゃいました。
なんでも「30年来の夢」と言いながら、セヴンの試乗に出発されました。
北海道のセヴンの状況は見当もつきません(多くはなさそうですが)が、それにしても、東京を飛び越えて愛知県とは恐れ入ります。
ちょっと前にも、九州まで納車に行ってるというスタッフブログがありましたから、もう、全国区も極まってますね。
なんか、クルマで15分の距離で、申し訳ない感じがしちゃいます(苦笑)。

 

週末のACマインズは、やっぱりいろいろあって楽しいです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: ディーラー — カーマくん 8:35 PM  Comments (0)