vs.三代目ルーテシア1.6 3

エンジンは、ウチの(だった)メガⅡと共通の1.6Lで、112馬力くらいです。
特にこれといった特徴のないエンジンですが(笑)、実用的ないいエンジンです。
トランスミッション(4AT)は若干古さが目立つ感じで、変速のショックとかはけっこう大きいです。
出足も、ちょっとトルクを活かし切れていない感じがあって、1,200キロをちょっと切る(はずの、メガⅡより70キロほど軽い)車体を、スピードに乗せるのにちょっともたつきます。
こうしてみると、CVTに限らず最近のオートマって、変速ショックも小さいし、よくできてるんだな。
ここ10年くらいで、ハイブリッドみたいな新しい技術を除くと、一番進歩したのがトランスミッションなんじゃないかな。

 

出足は今ひとつなものの、走り出してしまえば、軽快に走ります。
ボディも小さいので、取り回しもラクですし、あまり気合いの入っていないタイヤサイズ(185/60R15)なので、乗り心地も良好です。
ハンドリングも、街中をスイスイ走る分には素直で、鼻先をスッと内側に向けてくれる感覚がなかなかいいです。

 

そんなワケで、先代のルーテシア、悪くはありませんが、それなりに古さも感じさせるクルマでした。
最近のクルマが、よく出来ている、というか、よく出来てい過ぎてかわいげがなくなってるように感じる人にとっては、良くも悪くも「クルマらしい」クルマですね。
いかにもクルマを走らせているという感覚が生き残っているクルマが、先代のルーテシアです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 8:18 PM  Comments (0)

vs.三代目ルーテシア1.6 2

トランクは、広さはそれほどでもなく、たぶん現行の方がかなり広いと思いますが、深さがけっこうあります。
容積的には、かなりの大きさだと思います。
スペアタイヤがないかと思ったら、206と同じように、トランク下の室外にぶら下がっている形でした。
それでも、スペースをほとんど犠牲にしないで、フルサイズのスペアタイヤが用意されてますから、立派なものです。
ハッチドアも開け閉めともに軽く、開ける時も閉める時も「うんしょ」と掛け声のいるウチのメガエスよりよほど優秀です。

 

リアシートは広からず狭からずで、車体のサイズなりです。
背もたれはあまり高い位置までなくて、ヘッドレストが収納してあるとちょっと邪魔な感じで、後ろに大柄な人が座る時はそれなりにヘッドレストを合わせる必要がありそうです。
20mmだけ幅が広いので3ナンバーですが、全長は4mを切ってますし、ま、このサイズのクルマとしてはよくできた後席だと思います。

 

運転席に移ると、世代的にウチの(だった)メガーヌⅡに近いせいか、なんかちょっと懐かしい感じです。
外観も、少しお尻(トランク部分)が出っ張ってたりして、メガⅡに近いところがありますが、内装のデザインも、やっぱり似てます。

 

キーは、メガーヌと違って、カード型ではなく一般的な「キー」の形です。
今のルーテシアはどうだっけかな?
キーを捻って、エンジンに火を入れます。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 8:35 PM  Comments (0)

vs.三代目ルーテシア1.6 1

早いもので、我が家のガレージの大黒柱であるメガエスが、初回車検の時期を迎えました。
一週間ほどかかるので、代車をお願いしておいてルノー屋さんに行ったら、「ちゃんとルノー車を抑えておきました」と言って、三代目のルーテシアが出てきました。

 

 

国産車も輸入車も含めて、わざわざちょこちょこいろんなクルマに乗ってるワタシと違って、ヨメさんの場合、ウィンカーとかいろんな操作系がちょっと変わると厄介なので、ルノー車なら助かります。

 

ちょうど206に乗っていた時、二代目のルーテシアと比べると「スタイルは勝ってるな」と思ったものですが(個人の感想です)、三代目にバトンタッチされた時、「ちょっと追いつかれたかも」と思いました。
バランスよく落ち着いたいいスタイルだと思います。
ちなみに、プジョーはその後の207も208も含めて206の方がスタイル的には好きだったなあ。

 

この型のルーテシアは、「RS」で超感動したんですが、「素」のルーテシアには乗った事がなかったみたいです。
「vs.」目線でいろいろ見ていきましょう。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 6:02 PM  Comments (0)

オメガ 5

「父の形見」というと大げさですが、父の遺したこまごましたモノの中から引っぱり出して、不安定ながら復活させたオメガのデビルを使ってみました。

 

5月6日の土曜日に、名古屋にある八事山興正寺というお寺で、娘の「十三参り」という行事をやりました。
「十三参り」というのは、ワタシは全然知らなかったんですが、まあ、七五三みたいなもので、十三になった子供にご祈祷をしてもらって、知恵を授けていただく行事のようです。
ま、ヨメさんが娘に振り袖を着せたくて、無理やり連れてったみたいなものです。

 

その時、ヨメさんは着物、ワタシはスーツでしたので、オメガをしてみました。
仕事と違って、秒針は必要ないですし、万一止まってしまっても、まあどうというコトはありません。

 

二人のおばあちゃんも参戦して、お参りの後は、近くのカニ料理屋でカニを食べて帰ってきました。

 

カニ屋は12時半に予約が取ってあったんで、そこまでは結構時間を気にしてました。
オメガもちゃんと動いてました。

 

料理も終盤戦になって、ふと時計を見たら、あれ? まだ30分くらいしか経ってません。
一応会席料理の最後のカニ雑炊が出た頃ですから1時間以上は経ってるはずです。
・・・止まってました(笑)。
ちょっと振っ田利して、時間を合わせたら、その後はまた復活してます。

 

その後、翌週の娘のピアノの発表会の時もオメガで出撃しましたが、今度は帰ってくるまでちゃんと動いていました。
いよいよ本格的に復活か?

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 8:13 PM  Comments (0)

オイル 2

そもそも、お馴染みの(ようで実はよくわかっていない)API規格も、ワタシが免許取った頃はたしか「SF」くらいが最高規格でしたが、それがだんだん「SG」「SH」「SJ」「SL」「SM」となって、今は「SN」が最高です(「I」と「K」はどこ行った?)。

 

こうなってくると、じゃあ、全合成油のSMと部分合成油のSNじゃ、どっちがいいんだ? てな話になるわけで、ワケが分かりません。
有名なモチュールの300Vあたりは、確か全合成油ですが「SM」みたいですし、ワコーズでも、API規格を取ってない製品もあるとかないとか。

 

オイル交換のタイミングも、「半年または5,000km」なんて言われていた時期もありますが、最近は「1年または10,000km」とか、もっと長くても大丈夫とかいろいろ言われます。
安いオイルをマメに換えた方がいいとか、高いオイルで長持ちさせた方がいいとか(高いオイルをマメに、が一番なんでしょうが)、果たして何が正解やら分かりませんね。

 

結局、今の技術なら、エンジンの工作精度からしても、オイルの精製方法からしても、ナニを入れてもよっぽど大丈夫なんでしょう。
個人個人のイメージとか、たまたまフィールがよく感じられたとか、それこそ趣味の世界ですね。

 

そんなワケで、ワタシは、しばらくはエリにはカストロールのエッジの5W−40、メガにはエルフを、イメージだけで入れるんだろうな。
だれか、超絶オススメというオイルがありましたら教えてください。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 8:14 PM  Comments (2)

オイル 1

オイル交換の時、今までは基本的に化学合成油(全合成油)を使っていましたが、今年のGWのオイル交換では、メガーヌに部分合成油を使ってみました。
化学合成油の方が値段も高いし、きっと性能もいいんだろう、くらいの認識しかありませんでしたが、実際、どうなんでしょうか?

 

昔、合成油より鉱物油の方が金属に馴染みやすくて、特に旧いクルマには、合成油よりも鉱物油の方が向いている、なんてコトをどこかで聞いた気がするんですが、うろ覚えです。

 

そんなワケで、ちょっと調べてみました。
いろんなサイトを見比べてみましたが、結局、異口同音に言ってるのは、そりゃ、100%化学合成油の方がいいさ、ってコトです。
でも、よほどハードな使い方でない限り、値段が高いから部分合成油でもいいよ、ってな具合。
鉱物油は、安い分、不純物が多いし、熱ダレと酸化に弱い。
ただし、昔のエンジンは100%化学合成油に対応していないため、鉱物油の方が無難。
(これも理由がわかるようなわからないような・・・)

 

う〜ん、まあ、知ってた(笑)。
具体的に、どのくらい熱に弱くて、どのくらい酸化しやすいとか、あんまりよく分からないなあ。

 

今時は100%鉱物油の方が珍しいくらいですが、全合成油の安いヤツと部分合成油の高いヤツじゃ、値段も大して変わりません。
全合成油の中でも、値段がピンキリで、4Lで1万とか2万とかするのもあれば、安い時を狙えば2,980円くらいでも手に入ります。

 

お、長くなりそうなので、続きは明日。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:14 PM  Comments (0)

80年代スポーツカー(ラグジュアリーカー) 4

左上に目をやると、82年デビューのコルディアが載ってます。
ワタシ、これ、すごく好きだったんです。
モーターショウで発表されて、そのままの姿でデビューしてきました。
当時のワタシは、なんてカッコいいクルマなんだ、と思ったものでした。
クーペなんですが、ルーフをちょっと長く取って、リアハッチの傾斜がちょっと急になって、後席のヘッドルームを稼ぐ設計になってました。
これは、後から出てきたインテグラなんかも同じ発想でしょうが、コルディアの方が断然カッコ良かった。
メカニズムはいろいろしょっぱいところもあったようですが、とにかく、コのデザイン、好きだったなあ。
と思って調べてみたら、デザイナーさんは、あのアルド・セッサーノ親分でした!
(あの「ランタボ」のデザイナーさんです。お時間ありましたら、08年5月1日の記事をご覧あれ)
いやあ、親分、さすがです。

 

左下が、コスモです。
一般に空力係数(Cd)を一般に知らしめたのは、たぶんこのコスモが初めてだと思います。
当時、Cd=0.32という数字が、どれほどスゴイか分からないまま、とにかくスゴイと刷り込まれました。
今では、あのゴツそうなGT−Rで0.27と、さらにスゴイことになってますが、それでも0.32という数字はすごいです。
ちなみに、エリーゼのCd値は、聞くところによると、

 

 

 

 

 

0.41(爆)

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 6:56 PM  Comments (2)

80年代スポーツカー(ラグジュアリーカー) 3

次のページには、右上にセドリック/グロリアが紹介されてます。

 

 

ふんわりソフトなクラウンに、走りの「グランツーリスモ」で初めて一矢を報いた感じのセド/グロです。
この路線を突き詰めて「シーマ」がクラウンをやっつけちゃいますが、残念ながら長続きしませんでした。
クルマの運転って、ある程度「下品」なものだと思うんですが、日産が上手に「下品さ」を追求していくと、今とは違った立ち位置になったかもしれませんが、ちょっと良くない感じの下品になっちゃったところもありますね。

 

その下が、スバルのアルシオーネです。
モーターショウのコンセプトカーみたいですね。
コンセプトカーって普通、一般向けにちょっとカッコ悪くなって市場に出てきますが、アルシオーネの場合、もう少しカッコ良くしてデビューさせて欲しかったなあ。
パーツを一つ一つ見るとカッコいいんですが、一つにまとまると、なんかチグハグなバランスになっちゃってました。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 7:58 PM  Comments (0)

80年代スポーツカー(ラグジュアリーカー) 2

右下では、2代目のソアラとレパードが乗っています。
ソアラとレパードの対決も、2代目で決定的になってしまいます。
超美しいライン構成で製造技術の高さまで思い知らせた新ソアラに比べて、旧ソアラを念頭にパーソナルクーペっぽくしてきたレパードのラインは垢抜けない印象でした。
『あぶない刑事』で、ゴールドのレパードがカッコ良く走り回っていましたが、それでもソアラの美しさには歯が立ちませんでした。

 

でも、こんな「対決」、もうなかなか見られないですね。

 

左上は、例のマークⅡ三兄弟です。
マークⅡで言えば、5代目が84年から、6代目が88年からですが、当時のお父さんたちはこぞってマークⅡに乗りたがったものです。
ホントはクラウンまで行きたいんだけど、クラウンに乗っちゃ、いろんな点で差し支えがあったワケですよ。
部長がクラウンじゃないのに、課長の自分がクラウンに乗っちゃマズイとかね。
そんなワケで、ごく一般的なお父さん達が「やっとここまで来た」と遠慮なく思える最高峰が、マークⅡ三兄弟だったワケですね。
残念ながら、ここでは、ローレルもセフィーロも問題にされてません。
ちょっと話題になっても、やっぱり、マークⅡ三兄弟の圧倒的な勢いを崩すコトはできなかったんですね。

 

左下は、三菱のデボネアVという、変形ロボットみたいな名前と見てくれ(AMGなんかもラインナップされちゃいました)のゴツイ奴が載ってます。
スポーツカー? と思いますが、まあ、並のスポーツカーよりよっぽどすごいエアロをまとったクルマですね。
あんまり流行りませんでしたが。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 8:32 PM  Comments (0)

80年代スポーツカー(ラグジュアリーカー) 1

ネタと時間がなくてこのところ更新が滞っていましたが、久々に「80年代スポーツカー」を引っ張り出してみました。

 

個別の「スポーツカー」は去年の9月に更新した「Z32フェアレディZ」までで、つなぎとして「ラグジュアリーカー」が特集されています。

 

 

ちょっと見づらいですが、左上が初代の「ソアラ」と「レパード」です。
フェンダーミラーなのが時代を感じさせます。
ワタシ個人は、当時レパードの方が好きだったんですが、ソアラの方が圧倒的に人気でしたね。
今考えれば、エンジンやシャシーを「ありもの」ででっち上げたレパードより、全て新設計でもってきたソアラに軍配が上がるのも頷けます。
ワタシはレパードの4ドアのデザインが好きでしたが、もしかしたら2ドアと4ドアの2本立てにしてしまったのが、ビンボー臭く感じられちゃったのかもしれません。
が、当時の消費者の皆さんは、そこまで考えて選んでたんでしょうかね?
だとしたら、相当成熟していたコトになると思います。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 8:52 PM  Comments (0)