80年代スポーツカー(ラグジュアリーカー) 2

右下では、2代目のソアラとレパードが乗っています。
ソアラとレパードの対決も、2代目で決定的になってしまいます。
超美しいライン構成で製造技術の高さまで思い知らせた新ソアラに比べて、旧ソアラを念頭にパーソナルクーペっぽくしてきたレパードのラインは垢抜けない印象でした。
『あぶない刑事』で、ゴールドのレパードがカッコ良く走り回っていましたが、それでもソアラの美しさには歯が立ちませんでした。

 

でも、こんな「対決」、もうなかなか見られないですね。

 

左上は、例のマークⅡ三兄弟です。
マークⅡで言えば、5代目が84年から、6代目が88年からですが、当時のお父さんたちはこぞってマークⅡに乗りたがったものです。
ホントはクラウンまで行きたいんだけど、クラウンに乗っちゃ、いろんな点で差し支えがあったワケですよ。
部長がクラウンじゃないのに、課長の自分がクラウンに乗っちゃマズイとかね。
そんなワケで、ごく一般的なお父さん達が「やっとここまで来た」と遠慮なく思える最高峰が、マークⅡ三兄弟だったワケですね。
残念ながら、ここでは、ローレルもセフィーロも問題にされてません。
ちょっと話題になっても、やっぱり、マークⅡ三兄弟の圧倒的な勢いを崩すコトはできなかったんですね。

 

左下は、三菱のデボネアVという、変形ロボットみたいな名前と見てくれ(AMGなんかもラインナップされちゃいました)のゴツイ奴が載ってます。
スポーツカー? と思いますが、まあ、並のスポーツカーよりよっぽどすごいエアロをまとったクルマですね。
あんまり流行りませんでしたが。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 8:32 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">