80年代スポーツカー(ラグジュアリーカー) 4

左上に目をやると、82年デビューのコルディアが載ってます。
ワタシ、これ、すごく好きだったんです。
モーターショウで発表されて、そのままの姿でデビューしてきました。
当時のワタシは、なんてカッコいいクルマなんだ、と思ったものでした。
クーペなんですが、ルーフをちょっと長く取って、リアハッチの傾斜がちょっと急になって、後席のヘッドルームを稼ぐ設計になってました。
これは、後から出てきたインテグラなんかも同じ発想でしょうが、コルディアの方が断然カッコ良かった。
メカニズムはいろいろしょっぱいところもあったようですが、とにかく、コのデザイン、好きだったなあ。
と思って調べてみたら、デザイナーさんは、あのアルド・セッサーノ親分でした!
(あの「ランタボ」のデザイナーさんです。お時間ありましたら、08年5月1日の記事をご覧あれ)
いやあ、親分、さすがです。

 

左下が、コスモです。
一般に空力係数(Cd)を一般に知らしめたのは、たぶんこのコスモが初めてだと思います。
当時、Cd=0.32という数字が、どれほどスゴイか分からないまま、とにかくスゴイと刷り込まれました。
今では、あのゴツそうなGT−Rで0.27と、さらにスゴイことになってますが、それでも0.32という数字はすごいです。
ちなみに、エリーゼのCd値は、聞くところによると、

 

 

 

 

 

0.41(爆)

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 6:56 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

2件のコメント »
  1. エリーゼのCd値、初めて知りました(^_^;)
    やはり、トンネルバックのところが影響してるんでしょうね。

    コメント by まるし — 2017年7月5日 10:19 PM
  2. 追加情報ですが、エキシージ(V6でないヤツ)は、ダウンフォースを稼ぐためにCdは0.43だとか。
    ヨーロッパは0.40と、エリより少しだけマシ。
    いずれにしても、あまりいい数値とは言えませんね。

    コメント by カーマくん — 2017年7月6日 8:10 PM
コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">