vs.三代目ルーテシア1.6 2

トランクは、広さはそれほどでもなく、たぶん現行の方がかなり広いと思いますが、深さがけっこうあります。
容積的には、かなりの大きさだと思います。
スペアタイヤがないかと思ったら、206と同じように、トランク下の室外にぶら下がっている形でした。
それでも、スペースをほとんど犠牲にしないで、フルサイズのスペアタイヤが用意されてますから、立派なものです。
ハッチドアも開け閉めともに軽く、開ける時も閉める時も「うんしょ」と掛け声のいるウチのメガエスよりよほど優秀です。

 

リアシートは広からず狭からずで、車体のサイズなりです。
背もたれはあまり高い位置までなくて、ヘッドレストが収納してあるとちょっと邪魔な感じで、後ろに大柄な人が座る時はそれなりにヘッドレストを合わせる必要がありそうです。
20mmだけ幅が広いので3ナンバーですが、全長は4mを切ってますし、ま、このサイズのクルマとしてはよくできた後席だと思います。

 

運転席に移ると、世代的にウチの(だった)メガーヌⅡに近いせいか、なんかちょっと懐かしい感じです。
外観も、少しお尻(トランク部分)が出っ張ってたりして、メガⅡに近いところがありますが、内装のデザインも、やっぱり似てます。

 

キーは、メガーヌと違って、カード型ではなく一般的な「キー」の形です。
今のルーテシアはどうだっけかな?
キーを捻って、エンジンに火を入れます。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 8:35 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">