vs.二代目ベンツAクラス 2

1.7Lというちょっと珍しい排気量から116馬力を生むエンジンは、ちょっとガサガサする感じはしますが、スルスルと走り出します。
オーナーの話によると、アクセルをガバッと踏んでも、飛び出さないよう躾けられているそうで、確かに、右折なんかでキュッと急いで出たい一瞬はちょっともどかしい感じがします。
クラウンなんかも、アクセルはON/OFFスイッチみたいに、ガバッと踏んでおけばあとはクルマの方で最適に制御してる感じでしたが、それとちょっと似た印象です。

 

エルクテストで転倒したのは初代ですが、二代目は、ちょっと不自然にロールしない感じでした。
多少ラフにステアリングを切っても、ロールが少ない。
目線の高さはミニバンみたいですが、ロールの仕方は、普通のBセグメントのクルマみたいです。
ちょうど、一階部分の15センチくらいが、なかったことになっているような不思議な感覚です。

 

目線が高いので、視界はいいんですが、Aピラーから一直線でつながる急傾斜のボンネットのせいで、クルマの先がどこまであるか全く見えません。
慣れないうちは、コーナーポール(口の悪い人に言わせると「下手くそ棒」)とか欲しいなあ。

 

10年落ちの中古だそうですが、走りはしっかりしています。
ベンツなんかは、これくらいから調子が出てくるという人もいますから、ちゃんと交換部品なんかが交換されていれば、とてもお値打ちな選択だと思います。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 6:14 PM  Comments (0)