ホイヤー電池交換

ある朝、普段使いのホイヤーのクロノが、不意に10分ほど遅れていました。

 

7時に娘の友達が迎えに来るコトになっていて、6時55分に来たので、ヨメさんに「珍しく早いね」と言ったら、「5分遅いよ」と切り返されました。
驚いて見てみたら、ワタシのクロノがきっちり10分遅れて、でも動いていました。

 

そう言えば、前回、電離交換をしたのが、2年半前のオーバーホールの時ですから、確かに電池の寿命が来ててもおかしくありません。
また電池交換か、と思いながら、休みの日に電池を買いに出かけましたが、ホームセンターでも、家電量販店でも、売ってません(汗)。
電池の品番は、「SR936SW」ですが、見つかりません。
仕方がないので、Amazonで探してポチりました。

 

電池交換の作業自体は、素人作業のレベルならさほど問題ありません。
特に、最近100均で300円で手に入れた時計修理グッズの裏ぶた開けは強力な武器です。

 

 

ただ、いかにも修理職人がしていそうな、目にはめる拡大鏡は、メチャメチャ拡大されますが、ピントが近過ぎて、作業ができません(笑)。
モノに5センチくらいまで顔を近づけないとピントが合わないもんですから。

 

ただ、それより何より、問題はワタシの目です。
もう、小さいものがロクに見えない。

 

次回は、またオーバーホールしてもらった方が目にも優しいかな。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 8:59 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">