vs.初代ポルテ 3

運転席に座ると、少々悲しくなります。
イヤな感じはしないんですが、いかにもビジネスライク・・・でもない、味も素っ気もない光景です。
クルマに興味がない人には全く問題ないでしょうが、なんか寂しいインパネ周りです。

 

そして、センターメーター。
センターメーターに関しては、散々書きましたから、もう今更ですが、個人的には苦手です。
でも、なぜかタコメーターが付いていたのは意味もなく嬉しかったです。

 

さて、キーを挿して捻って、エンジンをかけます。
1.3Lのエンジンは88馬力ですが、トヨタの実用エンジンらしく、必要にして充分なパワーを提供してくれます。
ブンブン回してパワーを稼ぐ気にはならないので、これはこれで有りです。
ただ、同じようなカテゴリのカングーだと、もう少しエンジンをブンブン回してみたい気になるのはなんの違いでしょうかね。

 

「必要にして充分」と書きましたが、加速はそれなりにもっさりしてます。
車重は1,100キロくらいのはずなので、そう重いワケではないはずですが、機敏さは微塵もありません。

 

止まるのもあまり得意でないようで、これは設定なのか、たまたまなのか、普通の感覚でブレーキを踏むと、最後の最後で、少し止まり切れていません。
交差点の手前でも、下手をするとスピードが落ち切らずに、少しオーバースピード(と言っても知れてますが)で突っ込む感じです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:42 PM  Comments (0)

vs.初代ポルテ 2

それから、助手席側の大型電動スライドドア。
電動はいいんですが、なんか緩慢な動きで、ちょっと急いで乗りたい時にじれったい感じです。
それに、大型とは言え、助手席と後席の出入りを一手に賄うにはちょっと小さい。
助手席にも乗り込みづらいし、後席にも乗り込みづらい。
ちょっと虻蜂取らずになってます。
(ウィキペディアには、「乗降性の良さは抜群」なんて書いてありますが。)

 

さて、その、案外乗り込みにくいリアシートですが、スペース的にはさすがに広々しています。
大人4人なら、どの席からも、スペース面での苦情は出ないでしょう。
背もたれも思いの外高い位置まであり、いい姿勢で座れます。
座面はやや短い感じですが、基本コンパクトカーなのでこんなものでしょう。
長距離走ったらどうだかわかりませんが。

 

トランクは、小さいです。
高さがあるので、上手に積み重ねられればそれなりの積載量があるんでしょうが、幅も奥行きもなんとなく小さいです。

 

運転席に移ります。
「キーフリー」と言うのかな? キーを持って近づくだけで、ドアは解錠されます。
なんか分かりませんが、そりゃ、エリーゼみたいに、鍵穴にキーを差し込んで捻らなきゃいけないシステムよりは便利でしょう。
でも、反応してくれるのはドアだけで、エンジンをかけるには、キーを差し込んで捻る方式なので、結局ポケットに入れたまま、というワケにもいかず、キーを手に持って乗り込む事になります。
持ってればドアも開くし、エンジンもボタンを押せばかかるという、今の「キーフリー」より、一世代前のシステムですね。
ちょうど過渡期のシステムです。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 8:55 PM  Comments (0)

vs.初代ポルテ 1

エリーゼが、13年車検で入庫しました。

車検については、戻ってきたら報告しますが、報告する事が何もない事を願っています。

 

さて、代車として1週間お世話になるのが、初代のトヨタ・ポルテです。

よくわかりませんが、ACマインズはトヨタのNBCプラットフォームが好きなのかなあ。

代車が、ファンカーゴだったりイストだったりしたんですが、ポルテは初めてです。

ちなみに、NBC(ニュー・ベーシック・コンパクト)プラットフォームとは、初代ヴィッツにはじまる、トヨタの、当時の新世代プラットフォームです。

その後、改良型のBプラットフォームに切り換わるそうですが、懐かしいコンパクトカーが採用しています。

羅列してみると、ヴィッツ、プラッツ、ファンカーゴ、WiLLVi、WiLLサイファ、bB、ist、シエンタ、ラウム、MR−S。

なんか、MR−Sが紛れ込んでるのが意外ですが、多くが今や名前も残っていないのは残念ですね。

 

で、ポルテですが、今風にいうハイトワゴンですかね。

やたら高い全高でスペースを稼いでいますが、特徴は変形の左右2ドアです。

運転席側は普通のドアですが、助手席側は大型の電動スライドドアです。

つまり、運転席側からと助手席側からではスタイルが違うわけです。

トヨタとしては、「超便利でしょ」と言いたいところなんでしょうが、個人的には、そんなに便利とは思えません。

まず、運転席側は前ドアしかなくて、それが、普通の2ドアサイズのドアなので、運転席側からは、リアシートに乗り込めません。

これ、案外不便です。

乗り込まないまでも、ちょっとしたバッグなんかをリアシートに載せる場面って、けっこうあると思うんですが。

結局、二代目のポルテは、運転席側に前後のドアが設置されましたから、トヨタも後ろのドアの大切さを感じたんでしょうね。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 9:32 PM  Comments (0)

vs.4代目スイフトスポーツ 2

今回のスイフトは、シリーズ全体が軽量化に力を入れていて、このスイスポもMTだとたったの970キロです。
これを、140馬力のターボで引っ張りますから、もちろん軽快です。
クルマ自体も軽いですが、クラッチはじめ操作系も軽いので、余計軽快感が増します。
エリーゼも、クラッチもう少し軽かったらもっと軽快感増すのに。

 

試乗コースが、街中の四角いルートを走って戻ってくるだけなので、加速感以外は何も試せませんが、ターボの効き方がスムースで、気持ちよく加速します。
まあ、せいぜい140馬力なので、ターボが効いてもギューンと行くわけではありませんが、イメージ通りの加速で、気持ちいいです。

 

ハンドリングは分かりませんが、まあ、街中程度では思った通りに曲がってくれますし、その時のロールの感触も、抑えられ過ぎているワケでもなく、感覚に合っています。
これが、ワインディングなんかで、連続して切り返しなんてコトになると、どうなるか分かりません。
そのあたりは、プロのヒョーロンカのセンセイにお願いするしかありませんが、マジメに欲しいと思った方は、何店かハシゴしてでも、ちょっとハンドリングの試せるコースを走らせてもらった方がいいでしょう。

 

今回の4代目のスイスポは、決してビックリするほど進化しているワケでもなさそうですが、全てが「期待通り」、「感覚通り」になっています。
この、気持ちにピッタリ合っているところがなかなか快感です。
とは言え、なんかもうちょっと想像以上、期待以上の驚きが欲しい気もします。
ホントに良く出来たクルマですが、「優等生にもこんな一面があるの!?」みたいなトコロがあると、もっとモテる気がするんですけどね。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 8:53 PM  Comments (0)

vs.4代目スイフトスポーツ 1

先代までと違い、「RS」がメインとなってデビューした4代目のスイフトから10ヶ月ほど遅れて、スイフトスポーツがデビューしました。

 

先代、先々代の1.6LのNAから、1.4Lのターボに載せ換えられたのは、やはり時代でしょうか。
ただ、このサイズのクルマなら、1.0Lとかのターボくらいが欧米では主流ですね。

 

エクステリアは、フロントグリルが、下に広い台形になっていて(なんか、口の両端に指を突っ込んで広げたみたい)、ガバッと大きくなった上に、その横の、ブレーキ冷却用(?)のインテークが拡大されていて、顔の迫力が増しています。
リヤは、左右出しのマフラーになっていてスポーティーですが、逆に言うとその程度の違いですから、某Type○とかみたいに仰々しくないところが好感持てます。

 

さて、トランクやリアシートは前にRSの時に確認しています。
一応おさらいしておくと、トランクは広くはないけど深さがある、リアシートは背もたれがしっかりしていてそこそこ広いけど、ドアハンドルのために窓の後部が塞がれているので開放感に欠ける、てな具合です。

 

運転席は一応スポーツシートですが、弟分(?)のアルトワークスにはレカロが標準で奢られていた事を考えると、ちょっと残念です。
インテリアでは、スポーツグレードらしく、要所要所に赤があしらってあって、スポーティーさを分かりやすく演出しています。

 

軽いクラッチを踏んで1速に入れ、走り出します。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 8:47 PM  Comments (0)

370キロ 7(中央フリーウェイ)

今回、東名の集中工事を避けて、中央道に迂回して帰ってきたんですが、中央道と言えば、ユーミンですね。
ただ、残念なことに、つくばから圏央道経由で八王子から中央道に入ったので、「調布基地」も「右に見える競馬場」も「左はビール工場」も見られませんでした。
いや、そもそもまだ有るのかすら未確認ですが。

 

八王子から中央道に入ると、もういきなり山道です。
新東名がまさに「フリーウエイ」だとすると、東名は「高速道路」もしくは「流れのいい一般道」、中央道は「ロング&ワインディングロード」です。
いや、ホント。
新東名だと「カーブ」ですが、中央道は「コーナー」ですもん。

 

最高速が80キロ設定なので仕方ありませんが、ぬふわキロを超える速度だと、時々、路面が悪くてすっ飛びそうな感じがします。
まして、この日、中央道に入ってからは、ずっと雨、それも結構な降りっぷりですので、もう、腹をくくって、よわキロかせいぜいぬわわキロくらいで巡航します。

 

このペースで走っていると、トラックなんかもそう苦になりませんし。雨でも、そんなに影響なく走ります。
いや、雨でぬぬわキロくらいだと、不意に吹っ飛びそうになりますが、80キロとかよわキロだと、そのあたりも平気なので、精神的にラクです。

 

ま、そんなワケで、今回の遠距離走行で、いろいろ分かってきたんですが、一つ残念なことがあります。
4回も富士山の前を通ったのに、一回も見られなかったこと。
ああ、心残り。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 111R — カーマくん 7:55 PM  Comments (0)

370キロ 6

さて、そんなこんなで、途中帰宅を含めて370キロを2往復しました。

 

感想のまとめ 1
メガーヌの方が圧倒的にラク。
・・・そりゃそうでしょうよ。

 

感想のまとめ 2
腰、全然つらくない。
・・・ロジャーベッカー、というより、プロバックスおそるべし。
あんなペナペナのシートで、お尻も腰も、全然つらくないっす。
その代わり他の、腕だの脚だのの方が厳しく感じるくらいでした。
前のシートだと、1/3も走らないくらいで、腰がギシギシ言うんですが、今回はよっぽど大丈夫でした。

 

感想のまとめ 3
ドライビンググローブ最強。
時代遅れと言われようが、何といってもドライビンググローブは最強です。
はじめ高速で走りながら、やはり手に汗をかくんですね。
下手するとステアリングが滑りそうでしたので、ドライビンググローブをはめてみたら、非常にしっくり来ます。
ステアリングやシフトノブの革部分との接触がホント楽。
もっと日常的に使ってやってもいいかも。

 

感想のまとめ 4
新東名とは時代の差?
今回、東名は「岡崎」「三ケ日」と、「御殿場」〜「東京」の区間しか走っていませんが、新東名と比べると、路面の荒れ具合と、コーナーのRの小ささが気になりました。
基本、新東名の方が高低差も少なくて、Rも大きくて、路面も落ち着いています。
もしかしたら、一車線分の幅も、新東名の方が広くないのかなあ。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 111R — カーマくん 8:17 PM  Comments (0)

370キロ 5

東名も混んでいます。
メガーヌの時にはあまり気にならなかったんですが、路面がよくない。
細かいデコボコや轍がやたら苦になります。
路面からの情報が伝わるのはスポーツカーにとって大事なことですが、ちょっと疲れます。
それと、カーブのRが小さい。
結構急カーブになっています。

 

首都高でまた30分以上ロスしたので、新東名でがんばります。
とはいっても、ぬうわキロ巡航ですが。
「巡航」と言っても、調子よく走るとすぐ、トラックに捕まります。
お願いだから89キロのトラックを90キロで抜こうとしないでほしい。
新東名なんか、たいがい3車線あるんだから、トラックは基本第1車線、抜きたいトラックと乗用車が第2車線みたいになってれば、もっとスムースに走れそうなんですけどね。

 

出張最終日は、昼に終わったんですが、残念なことに、東名の集中工事にぶつかります。
いろいろ情報を調べましたが、常磐道・首都高・東名・新東名・東名という通常ルートと、圏央道・中央道・東海環状道のルートが考えられますが、時間はたぶん同じくらいのようです。
つくばから岡崎まで6時間から7時間の見通し。
結構迷いましたが、中央道を選択します。
時間が同じなら、遠回りしてでも、動いていた方が、気分的にも体力的にもラクそうです。
だって、渋滞のクラッチって、キツイんだもん。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 111R — カーマくん 9:10 PM  Comments (0)

370キロ 4

横浜を突破すると、首都高ですが、こちらもやはり混んでいます。
止まっちゃうほどではありませんが、決して快適とは言えず、ナビの案内を必死でたどりながらようやく常磐道へ。
いやあ、首都高なんて、ナビなかったら絶対迷う。
でもって事故る。
案内看板なんか見たって、全然わかんない。

 

常磐道はスムースに進んで、谷田部ICで降ります。
ん? 谷田部?
そういえば、昔「ベストカー」誌を買っていた頃、新型車が出ると必ず谷田部でゼロヨンと最高速、筑波でラップを測ってたので、よく目にした地名ですが、最近はトンと聞きません。
気になったので調べてみたら、2005年に閉鎖されていたんですね(合掌)。

 

予定より1時間近く遅れて、休憩や晩飯込みで6時間ほどかかって目的地に到着です。

 

 

一時帰宅の金曜日の夜は、首都高が激混み!
(プレミアムフライデーだから?)
首都高では、スマホナビも設置してみたら、ゴリラと違う道を示しています。
遊び半分で、スマホナビの指示に従ったら、これが大誤算。
なんか、長〜いトンネルの中で、ピクリとも進まなくなりました。
そうこうするうちに、ゴリラもスマホも、当然のごとく自分を見失って、ワケわからなくなってます。
ゴリラは、ジャイロが入っているので、GPSがダメでもそこそこいけるんですが、さすがにトンネル内で止まっちゃうとダメですね。
必死で、道路標示にある「東名」の文字を追いかけて、なんとかルートを逸れずに東名に辿り着きます。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 111R — カーマくん 8:42 PM  Comments (0)

370キロ 3

この日はあいにく曇っていて、富士山も見えません(涙)。
なんか、東京まで行く時、富士山が見えるのと見えないのとでは、お得感がまるで違います。
すごく損した気分。

 

そんな新東名ですが、御殿場で東名と合流して、その後、横浜辺りで大渋滞を食らいます。
こうなると、エリーゼはツライ。
渋滞向きじゃないですね。
左足が攣りそうになってきます。

 

そんなこんなで、1時間くらいロスします。

 

横浜で渋滞してると、クルマの脇をバイクの皆さんがギューンとすり抜けていきます。
これ、危ないなあ。
あちこちに「二輪のすり抜けによる事故多発!」なんて注意書きがありますが、ホント危ない。
クルマと一緒に止まって、一緒に渋滞食らえとは言いませんが、あのスピードで車線と車線の間をすり抜けながら通るのは、ホント危ないんでやめてもらえませんかね。
きっとミラーとか当たっても、そのまま行っちゃうんだろうな。
ちょっとバイクが嫌いになっちゃいました。
取り締まれないものかな?
ドラレコの動画、K察に送ったら、検挙されないかしら。
・・・渋滞でイラついてると、ロクなことを考えません(苦笑)。

 

 

「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 111R — カーマくん 6:04 PM  Comments (0)